大阪城公園内の大正・昭和初期の軍事施設跡を訪ねる

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

大阪城公園内の大正・昭和初期の軍事施設跡を訪ねる

大阪城公園内の大正・昭和初期の軍事施設跡を訪ねる

更新日:2014/05/22 14:07

礼 不二子のプロフィール写真 礼 不二子 気まま旅ブロガー

天守閣が大空に雄姿を見せる大阪城公園は、 面積105.6haの広大な公園。憩いの場というだけでなく、観光客も多く訪れます。そんな公園の中に、大日本帝国陸軍の師団のひとつ・第4師団司令部や、大阪陸軍造兵廠(ぞうへいしょう)など、大正・昭和初期に建設された史跡があります。大阪城天守閣見学の際には、ぜひこの軍事施設跡も訪ねてみましょう!

欧州ロマネスク様式の建物「旧第4師団司令部庁舎」

欧州ロマネスク様式の建物「旧第4師団司令部庁舎」

写真:礼 不二子

地図を見る

昭和6年に建設された重厚な欧州ロマネスク様式の建物「第4師団司令部庁舎」。大阪城の東側に大阪砲兵工廠(ほうへいこうしょう・軍事工場)があった為、大戦末期の昭和20年8月14日に米軍から集中的な爆撃を受けました。しかし、司令部庁舎は大きな被害を受けることなく大戦を生き抜き、現在も戦争遺跡として残っています。

戦後は占領軍が接収し解除後は、大阪府警察本部や大阪市立博物館として使用されていましたが、現在は外観のみの見学となっています。横に長く重厚感の感じる建物。正面のドアは鉄の扉で閉ざされ、「大阪市立博物館」の看板が残ったままです。裏側から建物を見る事も可能ですので1周してみてください。裏側と堀の間を歩くと、歴史の風に吹かれている気分になるでしょう。

現在も貴重な戦争遺跡

現在も貴重な戦争遺跡

写真:礼 不二子

地図を見る

写真でもわかるように、「旧第4師団司令部庁舎」は大阪城天守閣のすぐ南に隣接しています。大阪城天守閣再建費として集められた、 大阪市民の寄付金150万円のうち80万円が庁舎建築費に充てられ、昭和6年に完成しました。現在も大阪城と並ぶ貴重な歴史的建造物として残っています。
また、この周辺には「大阪城内に残る戦争の傷跡」という地図があります。軍事施設跡を散策する際には、それを参考にされると簡単に周れると思います。

大阪砲兵工廠(ほうへいこうしょう)にあった「旧化学分析場」

大阪砲兵工廠(ほうへいこうしょう)にあった「旧化学分析場」

写真:礼 不二子

地図を見る

大阪城の東側にあった、大阪砲兵工廠。当時東洋最大の軍事工場と謳われていました。写真は、その中にあった「旧化学分析場」。大正8年に建設された、ネオ・ルネサンス様式の煉瓦造地上2階・地下1階の建物。
第二次世界大戦後は、大阪大学工学部校舎や自衛隊大阪地方連絡部として利用されていました。
現在は荒廃が進んでいる為、鉄柵で囲まれており、至近距離の写真撮影は難しいです。側に歩道橋がありますので、そこからの撮影や見学がお勧めです。

大阪砲兵工廠荷揚門跡(水門)

大阪砲兵工廠荷揚門跡(水門)

写真:礼 不二子

地図を見る

この荷揚門「水門」は、明治4に建築された、ルネサンス風アーチ型の立派な「水門」。当時は重量物の輸送は現大阪城ホール北側の平野川の水運を利用しており、工廠内に材料を搬入したり搬出する為に造られました。
現在は「水門」としては機能しておらず、大阪城ホールの北側は鉄柵で囲まれています。平野川対岸の大阪ビジネスパーク側から見ると、綺麗に見える「水門」。こちら側でしたら、大阪城天守閣も見ることができますのでお勧めです。

森ノ宮駅すぐ「JR西日本森ノ宮電車区」

森ノ宮駅すぐ「JR西日本森ノ宮電車区」

写真:礼 不二子

地図を見る

大阪陸軍造兵廠(ぞうへいしょう)の敷地は現在、大阪城公園の一部(北外濠・東外濠の外縁一帯)、大阪ビジネスパーク、JR西日本森ノ宮電車区、大阪市交通局森之宮検車場などになっています。
森ノ宮駅すぐ側、中央大通りから入ってすぐの「JR西日本森ノ宮電車区」は御覧の様に電車が沢山停まっています。ユニバーサルスタジオ仕様の車両が停まっている事もあります。外から車両を洗車している所が見られることもあるので、電車好きの方や家族連れの方にお勧めです。
「JR西日本森ノ宮電車区」前の道を進むと「大阪市交通局森之宮検車場」の地下鉄車両も見る事が可能ですが、この道は抜け道がないので、進み過ぎると戻るのが大変!ご注意ください。

最後に

大阪城公園内は広いので、定期的な休憩をお勧めします。ベンチは所々ありますが、高台にある天守閣近辺は、気持ちのいい風が吹きますので休憩ポイントとしてお勧めです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ