香川県「粟島」〜何にもない島で空っぽの自分に出会う〜

| 香川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

香川県「粟島」〜何にもない島で空っぽの自分に出会う〜

香川県「粟島」〜何にもない島で空っぽの自分に出会う〜

更新日:2014/05/21 12:51

こゆのプロフィール写真 こゆ

粟島は、香川県西部瀬戸内海国立公園に浮かぶ周囲わずか16.5Km、人口約320人の小さな島です。船でわずか15分で行けるこの島は、リピーターがとっても多いことで知られています。「なんにもない」、しかしそれがこの島の一番の魅力。日頃の自分をリセットできる自然豊かな癒しの島なのです。
「ゼロ・粟島〜空っぽの自分に会いに来ませんか?〜」と言うキャッチコピーに惹かれて訪れてしまう、そんな粟島の魅力をご紹介します。

汽船に揺られて15分

汽船に揺られて15分

写真:こゆ

地図を見る

粟島は、香川県三豊市(みとよし)にあります。粟島までは、JR予讃線・詫間駅からコミュニティバス詫間線「各部戸」行きに乗車して約20分。「須田」で下車後徒歩1分の須田港へ。ここから、粟島汽船に乗り粟島港まで約15分。瀬戸内海の景色を眺めているうちにあっという間に「粟島」へ到着です。
粟島には、派手な観光スポットはありません。しかし「何にもない」中で静かに過ごし、自分の中の何かに気がつくことが出来るかもしれない・・・そんな島なのです。

城ノ山でプチ登山

城ノ山でプチ登山

写真:こゆ

地図を見る

瀬戸内海の絶景を楽しめるポイントが、標高222mの城ノ山です。ゆっくりと自然を楽しみながら休み休み1時間ほどで頂上へ。頂上には展望台があり、そこからの眺めは絶景!
360度広がる瀬戸内の島々青い海、白い砂浜、木々の緑など、様々なものが鮮やかに感じられます。
登山で汗ばんだ身体に吹く風も気持ち良いことでしょう。

まるでタイムスリップ?!粟島海洋記念館

まるでタイムスリップ?!粟島海洋記念館

写真:こゆ

地図を見る

日本で最初の海員養成学校「国立粟島海員学校」の施設を保存した記念館には、昔の船舶機器や資料などが展示されています。当時のまま残されている木造建ての校舎。廊下や階段、教室の机や椅子を見てると、なんだかとても懐かしい気持ちになります。自由に見学できますのでぜひ訪れると良いでしょう。

いつかのどこかのだれか宛 いまここにいるあなたまで

いつかのどこかのだれか宛 いまここにいるあなたまで

写真:こゆ

地図を見る

粟島の丁度おへその部分に「漂流郵便局」(旧粟島郵便局)があります。ここにはかつてたくさんの物、事、人が流れ着いたそうです。現在は、届け先の分からない手紙を受け付ける郵便局であり「漂流郵便局留め」という形で、いつか宛先不明の存在に届くまで手紙を保管しておいてくれます。思いを伝えられなかった大切な人へ、もう会えない方へ、未来や過去の自分へ宛てた手紙がここへ流れ着きます。
 
2013年に開局してから1300通程の手紙が送られてきたそうです。ここへ送られてきた手紙は、すべての訪れた人が読むことができます。もしかしたら自分宛の手紙が見つかるかもしれませんね。ちなみに、開局しているのは第二、第四土曜日の9:30〜16:30。漂流郵便局長が優しく迎えてくれます。

いかがでしたか

粟島を歩いていると、海に浮かべる漁具のブイを顔に見立てて作った「ぶいぶい人形」があります。また、5月から10月には夜になると「海ほたる」が青い光を放ち、幻想的な情景が見られるかもしれません。
なにもない島で、なにかを見つける旅ができますように。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ