紅葉の庭園が鮮やか!京都・南禅寺「天授庵」心癒される秋の光景

紅葉の庭園が鮮やか!京都・南禅寺「天授庵」心癒される秋の光景

更新日:2020/10/23 08:04

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー
京都でも屈指の紅葉スポットとして知られる南禅寺。多くの塔頭があるなかで、とりわけ重要な塔頭である「天授庵」は、南禅寺の開山・大明国師を祀るために建立されました。
「天授庵」の拝観では四季折々に美しい「方丈東庭」と「書院南庭」の2つの庭園の光景を味わうことができ、特に秋の深まる時期の紅葉は、美しく必見!
「方丈東庭」では方丈縁側に腰掛けたり、「書院南庭」では美しい水面の紅葉を見ることができますよ。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

南禅寺塔頭「天授庵」

南禅寺塔頭「天授庵」

写真:古都の U助

地図を見る

南禅寺塔頭「天授庵」は南禅寺の開山・大明国師を祀るため、南禅寺第十五世虎関師錬によって南北朝時代に建立されました。多くの塔頭を持つ南禅寺の中でもとりわけ重要視される天授庵の境内があるのは、南禅寺・三門のすぐ南側。
画像は天授庵外観の光景で、秋には美しい紅葉がまさに溢れんばかりといった状態になります。

南禅寺塔頭「天授庵」

写真:古都の U助

地図を見る

拝観受付を過ぎると画面左手から庭園拝観に進んで行く順路となっています。入口奥には書院建築と書院南庭の光景を見ることができ、美しい様子に訪れた人々も釘付けとなるようです。

南禅寺塔頭「天授庵」

写真:古都の U助

地図を見る

受付から進むと世に名高い南禅寺の三門を仰ぎ見ることができます。南禅寺はこの三門のほか境内に建つ水路閣といった名建築でも知られ、秋は紅葉が美しいことも広く知られています。

縁側からの眺めは最高!「方丈東庭」

縁側からの眺めは最高!「方丈東庭」

写真:古都の U助

地図を見る

天授庵には書院南庭と方丈東庭という2つの美しい庭があり、こちらは方丈東庭。縁側に座ってお庭を見ることもできます。

縁側からの眺めは最高!「方丈東庭」

写真:古都の U助

地図を見る

美しい方丈東庭の秋の紅葉は、京都の紅葉の中でも山間部を除けば色付きが比較的早い場所。京都の紅葉は近年12月に入っても楽しめる場所もありますが、例年こちらの方丈東庭は見頃が11月までとなることが多いです。
11月下旬近くになり、大河を表す白砂に紅葉が散る様も必見です。

縁側からの眺めは最高!「方丈東庭」

写真:古都の U助

地図を見る

別名・淵黙庭とも呼ばれる方丈東庭は、菱形の切石が並ぶ独特のデザインも秀逸で苔と白砂との対比も見事。

池泉回遊式庭園「書院南庭」へ

池泉回遊式庭園「書院南庭」へ

写真:古都の U助

地図を見る

方丈東庭の光景を味わったあとはもう1つのお庭、書院南庭へ向かいましょう。

池泉回遊式庭園「書院南庭」へ

写真:古都の U助

地図を見る

枯山水庭園の方丈東庭に対し、書院南庭は池泉回遊式庭園で、池の周囲の光景を楽しむことができます。書院南庭では写真の飛び石の他石橋や木製の橋もあり対岸へ渡る箇所があります。美しい光景に見とれてしまいますが、橋を渡る際は幅も狭くなっています。くれぐれも足元に気をつけて歩くようにしましょう。

池泉回遊式庭園「書院南庭」へ

写真:古都の U助

地図を見る

方丈東庭に比べると、書院南庭の方が、紅葉は若干遅めといったところ。
方丈東庭が真っ赤に紅葉するころ、こちらは色付き始めのカラフルな色合いで、それもまた美しいです。

書院の外観も必見!

書院の外観も必見!

写真:古都の U助

地図を見る

お庭を回っていると立派な書院建築も見えてきます。
天授庵では例年、秋の特別拝観として夜間拝観も実施されています。昼間の拝観では屋外のお庭を見学しますが、夜間拝観では書院や方丈など建物の中から庭園の光景を楽しむことができます。

天授庵の通常拝観は16:30に閉門し、期間限定の夜間拝観は17:30からの入替制となります。空いた時間に南禅寺の境内(一部の有料拝観を除き境内自由)で夕暮れ時の景観を楽しみ、再度来訪しても良いでしょう。昼間とはまた違った幻想的な光景を目にすることができます。

※2020年秋の夜間拝観は中止となります。

書院の外観も必見!

写真:古都の U助

地図を見る

天寿庵では建築のガラスに写るお庭の光景も美しく、必見ポイントの1つ。心が洗われる光景です。

書院の外観も必見!

写真:古都の U助

地図を見る

書院南庭ではススキ、竹、ツワブキに数々の名木、石灯篭も配され多彩な光景を楽しむことができます。

心癒される水辺の光景

心癒される水辺の光景

写真:古都の U助

地図を見る

水はちょっと冷たそうですが、池に泳ぐ鯉は人に慣れているのかすぐ近くまで来てくれることも。生き物は管理が大変ですが、植物とはまたちがった癒しを与えてくれる心和む存在です。

心癒される水辺の光景

写真:古都の U助

地図を見る

秋の京都は市バスの車内混雑や交通渋滞などが悩みの種となってしまいますが、南禅寺やその塔頭である天授庵は地下鉄東西線でアクセスが可能。市バスに比べれば乗り間違いの心配も格段に少ないです。
池の水面に写る紅葉、鯉の姿など天授庵の秋の光景には心癒されるポイントがいっぱい!日頃の心の疲れを吹き飛ばしに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

天授庵の基本情報

住所:京都府京都市左京区南禅寺福地町86-8
電話番号:075-771-0744
アクセス:地下鉄東西線「蹴上駅」下車徒歩約10分
拝観時間9:00〜16:30
拝観料:500円 高校生400円、小中学生300円

※例年法要のため、11月11日午後〜11月12日午前は拝観休止

2020年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -