ロンドンでこだわりの買い物を!「スピタルフィールズ・マーケット」

ロンドンでこだわりの買い物を!「スピタルフィールズ・マーケット」

更新日:2019/12/17 15:46

スズキ ミズエのプロフィール写真 スズキ ミズエ グラフィックデザイナー、世界の民族&お祭り愛好家、氷河と火山と洞窟の愛好家
アートとファッションの街、ロンドン。そんなロンドンを訪れた際、やっぱりちょっと変わったお土産を買いたいですよね?

ご紹介する「スピタルフィールズ・マーケット」は、アーティストが直接自分の作品を販売するマーケットです。ファッションからインテリア雑貨、ヴィンテージ、専門店まで様々。

19世紀の古い建物の中は現代のロンドンを象徴するマーケットが!そんなマーケットをご案内します。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

スピタルフィールズ・マーケットってどんな場所?

スピタルフィールズ・マーケットってどんな場所?

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

「スピタルフィールズ・マーケット」は東ロンドンにあり、近くにはインド人街もある場所です。建物は昔からの建物にあるオールド・スピタルフィールズ・マーケットと、クラフトのお店の出店が多いスピタルフィールズ・アーツ・マーケットの二つから成り立っています。

スピタルフィールズ・マーケットってどんな場所?

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

アーツ・マーケットでは、特にファッション系の作家の手作り作品が販売されています。リサイクル素材から作ったバッグやロンドンならではの斬新なデザインの手袋など。

オールド・マーケットは、ファッションの他にインテリア雑貨やアンティークカメラ専門店、フードコートなども出店しています。

スピタルフィールズ・マーケットってどんな場所?

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

マーケットの歴史は古く、1638年からスタート。勿論、当時はこんなクラフトマーケットではなく、普通の肉や野菜を販売する普通の市場でした。

一度は廃れたこの建物ですが、2017年に再開発で今の“オールド・スピタルフィールズ・マーケット”として、再び活気あるマーケットに蘇ったのです。現存する建物は1887年に建てられたものです。

こだわりのファッションを見つけたいなら

こだわりのファッションを見つけたいなら

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

最初にご紹介するお店は、コートの中でもラップコートにこだわった専門店です。色、柄共にバリエーションが豊富。ツイード生地のコートはとてもイギリスらしく、デザインもとてもスタイリッシュな一枚です。

こだわりのファッションを見つけたいなら

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

手袋専門店。他ではなかなか見ることができない、奇抜でファッション性の高い手袋ばかりです。ちょっと個性をアピールしたり、その日の気分によって手袋を変えてみるのもおしゃれかもしれません!

こだわりのファッションを見つけたいなら

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

おしゃれは頭から!紳士・淑女の国、イギリスならではの帽子専門店。シルクハットはもちろん、男性だけでなく、女性もカッコ良く被れる帽子が揃ったお店です。色もベーシックなブラックやブラウンの他に、ピンクやスカイブルー、イエローなど色とりどり!自分に合った帽子が選べます。

インテリアや雑貨もロンドンらしく

インテリアや雑貨もロンドンらしく

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

雑貨も一点物や作家が直接販売しているお店もあり、ロンドンを訪れた記念に一つ購入するのも良いかもしれません。

上記のお店はカラーを指定すると、自分の名前をそのトーンのカラーで様々な動物を織り交ぜたネームカードを作成してくれるお店。ただしこちらは仕上がりに2週間ほどかかるので、滞在に余裕のある方がオススメ。その他にカラフルな動物イラストのTシャツやポスターなど可愛らしい商品もあり、子供へのお土産探しにも最適です。

インテリアや雑貨もロンドンらしく

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

こちらは銅のネックレスに好きな言葉や名前を彫ってくれるお店。少し長めのバーに刻むのも良し、短めのバー2本で自分と好きな人の名前を刻んでも良し。その場で彫ってくれるので、ロンドン記念にぴったりかも。

インテリアや雑貨もロンドンらしく

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

こちらは緻密なデッサンでリアルに動物を描くイラストレーターのお店。ポスターやカードの他にマスキングテープなどもあり、手頃な値段で購入できます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

小腹が空いたら食べてみて!

小腹が空いたら食べてみて!

写真:スズキ ミズエ

イギリスの伝統菓子“ファッジ”の専門店。ファッジとは砂糖、牛乳、バターを煮詰めたとても甘いお菓子です。ベーシックなキャラメル味からラムレーズン味、オレンジ味、チョコミント味などバリエーション豊かで、見た目も味もポップ!グラム売りなので食べたい分だけ購入可能。色々な味を小分けに箱詰めしても可愛いですよね。ただし、かなりのカロリーなので食べ過ぎに注意です。

小腹が空いたら食べてみて!

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

パンも充実!甘い系からお惣菜系まであって、ちょっと腹ごしらえに一つ食べながら、マーケットを歩くのも良いかも。この他にドーナッツ専門店もあり、甘いものには事欠かないマーケットです!

小腹が空いたら食べてみて!

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

喉が渇いたら、果物屋さんのフルーツジュースはいかがですか?オーガニックの果物を買うこともできるし、その果物をミキサーしたジュースをその場で飲むことも可能。これで体の中からスッキリ、リフレッシュ!

ロンドンで食べる食事はもはや不味くない!

ロンドンで食べる食事はもはや不味くない!

写真:スズキ ミズエ

フードコートにはイギリス定番のフィッシュ・アンド・チップスのお店やインド料理のお店も多くあります。温かいチャイを飲むこともできちゃう。

その他にアジア料理やローストビーフのお店などもあって、さすが移民の街だけあって食べ物もとてもインターナショナル。迷ってしまいます!

ロンドンで食べる食事はもはや不味くない!

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

ちょっと変わったところでは、キャッサバを使ったパンのフォカッチャのお店。キャッサバは芋の種類で、中南米でよく食べられる食材です。写真の右にあるのがキャッサバ。一見ただの木の根っこのような形をしていますが、火を通して練ると、とてもモチモチした食感になります。

ロンドンで食べる食事はもはや不味くない!

写真:スズキ ミズエ

地図を見る

おすすめは、シンプルにキャッサバパンにチーズをのせて焼いたもの。もっちりとした弾力にとろけるチーズがよく合います。こんなに弾力があるのに、実はグルテンフリー!小麦アレルギーのある人でも美味しく食べられます。

いかがでしたか?ロンドンのアーティストやちょっと奇抜なデザイン、エコを意識した商品など今のロンドンを知る場所としてもとても面白いマーケットです。もちろんお土産探しにもぴったり!ロンドンっ子になった気分で足を運んでみてはいかがですか?

スピタルフィールズ・マーケットの基本情報

住所:56 Brushfield St, Spitalfields, London E1 6AA
電話番号:+44-20-7377-1496
営業時間:8:00〜23:00(月〜金曜日)、9:00〜23:00(土、日曜日)
最寄駅:リバプール・ストリート駅(電車・地下鉄)

2019年12月現在の情報です。最新の情報などは公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -