セレブの定宿!シカゴのブティックホテル「アンバサダー・シカゴ」

セレブの定宿!シカゴのブティックホテル「アンバサダー・シカゴ」

更新日:2019/12/03 15:10

古屋 江美子のプロフィール写真 古屋 江美子 旅行ライター
マリリン・モンロー、フランク・シナトラ、エリザベス・テイラー、マイケル・ジョーダン、デヴィッド・ボウイ、ローリング・ストーンズ……。ほかにも数えきれないほど多くのセレブリティが宿泊し、愛してきたホテル「アンバサダーシカゴ」。

アールデコをヒントにしたシックなインテリアが落ち着いた雰囲気。時間を忘れて寛げます。シカゴに行ったらぜひ泊まりたいおしゃれなブティックホテルです。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

高級住宅街のおしゃれブティックホテル

高級住宅街のおしゃれブティックホテル

写真:古屋 江美子

地図を見る

シカゴのダウンタウンの北側、ミシガン湖のすぐそばにあるゴールド・コーストというエリアに、1926年に建てられたブティックホテル「アンバサダー・シカゴ」。

ゴールド・コーストは、シカゴでも一番の高級住宅街。ダウンタウンから地下鉄で約10分という便利な立地にありながら、とても静かで落ち着いた雰囲気が漂っています。

中心地から少しだけ距離があるぶん、価格がリーズナブルなのもうれしいところ。昼間の観光では街の活気を感じ、夜は落ち着いたエリアのホテルでのんびり……なんて具合に、短い旅でもメリハリをつけて滞在を楽しむことができます。

高級住宅街のおしゃれブティックホテル

提供元:Ambassador Chicago

https://ambassadorchicago.com/地図を見る

入口の大きなシャンデリアに出迎えられて中に入ると、フロントデスクに飾られている大きな時計が目に入ります。よく見るとこの時計、なんと逆回りです。ホテルができたころの古い時代にタイムスリップするような不思議な感覚におそわれます。

アールデコをヒントにしたシックなインテリア

アールデコをヒントにしたシックなインテリア

提供元:Ambassador Chicago

https://ambassadorchicago.com/地図を見る

ロビーに隣接するライブラリーには暖炉があり、落ち着いた雰囲気にほっとします。なんとなく「もともと誰かの住居だったところを改築したのかな?」と思う人もいるかもしれませんが、はじめからホテルにすることを目的で建てられました。

アールデコをヒントにしたシックなインテリア

写真:古屋 江美子

地図を見る

アールデコにヒントを得た内装は、華美すぎずシック。アーチ型の天井やオリジナルの廻り縁(天井と壁が交わる部分の淵)などの意匠が目を引きます。

アールデコをヒントにしたシックなインテリア

写真:古屋 江美子

地図を見る

各階のエレベーター横にはかつて使われていた本物のメールシュート(ビルの各階から1階にあるポストに郵便物を集める装置)もあり、ホテルの歴史を感じさせます。ちなみに今は間違って郵便物が入れられないよう、投函口は閉じられています。

心地よい寛ぎを誘う客室

心地よい寛ぎを誘う客室

写真:古屋 江美子

地図を見る

客室は全285室。白を基調とした内装はすっきりシンプルにまとまっています。壁にさりげなく飾られたアートが、洗練さを添えています。

ベッドリネンも心地よく、朝までぐっすり眠れます。シンプルですが、Wi-Fiやミニバーなど必要な設備はバッチリそろっているので快適に過ごせます。

心地よい寛ぎを誘う客室

写真:古屋 江美子

地図を見る

バスルームは全室バスタブ付き。アメニティはメゾン・マルジェラというのもおしゃれです。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

セレブリティが愛したスイートルーム

セレブリティが愛したスイートルーム

提供元:Ambassador Chicago

https://ambassadorchicago.com/地図を見る

客室の中には、セレブリティが気に入っていつも泊まっていた部屋もあり、特別なスイートルームになっています。

ミシガン湖の眺望抜群の「テラススイート・ウェスト」はマイケル・ジョーダンのお気に入り。エリザベス・テイラーが好んでいたのは、テラス付きのは「ペントハウス」です。

セレブリティが愛したスイートルーム

写真:古屋 江美子

地図を見る

フランク・シナトラが愛用していた「テラススイート・イースト」はドレッサー付き。ここで身支度をすれば、朝からテンションも上がりそうです。

時間を忘れるライブラリーやバー

時間を忘れるライブラリーやバー

提供元:Ambassador Chicago

https://ambassadorchicago.com/地図を見る

ロビーに隣接した「ライブラリー」もいい雰囲気。6:00〜11:00は朝食が楽しめるほか、6:00〜16:00まではテイクアウトできるコーヒーやフードの販売もしています。

時間を忘れるライブラリーやバー

写真:古屋 江美子

地図を見る

16:00〜23:00まで営業するバーもあります。このほかルームサービスもあり、近いうちにレストランも開業予定です。

ちなみにこのバーの壁や地下1階のフィットネスセンター近くの壁には、ホテルを訪れたセレブリティのモノクロ写真がずらりと並べられています。その多さに驚くとともに、知っている顔が見つかると思わず興奮してしまうかも。

時間を忘れるライブラリーやバー

提供元:Ambassador Chicago

https://ambassadorchicago.com/地図を見る

月〜金曜日の16:00〜19:00はハッピーアワーとして、10ドル以下の気軽に楽しめるアペタイザーが用意され、一部のワインは半額に。また、毎週木曜日の18:00〜20:00はミュージシャンの生演奏も楽しめます。

歴史を感じるシカゴのブティックホテル

部屋数は285室と意外に多いのですが、どこかこぢんまりとした雰囲気でほっと落ち着ける「アンバサダー・シカゴ」。実際に滞在して心地よさを味わえば、セレブに愛されてきた理由も納得できる、シックなブティックホテルです。

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:Choose Chicago

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/19−2019/10/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -