食堂激戦区ブダペストの“食べる市場”「ホルド通り市場」

食堂激戦区ブダペストの“食べる市場”「ホルド通り市場」

更新日:2020/03/11 14:10

小谷 雅緒のプロフィール写真 小谷 雅緒 ツアーコーディネーター&ガイド
ブダペストのビジネス街にある市場Belvarosi Piac(通称「ホルド通り市場」)は、現地でも注目の飲食店に特化した「食べる市場」です。市街地にありますが、メイン観光スポットからやや外れているため、あくまでターゲットは近辺で働くビジネスマンなどの地元の人。ハンガリー料理をはじめ、世界の料理が市場ならではの気軽な雰囲気で味わえます!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

観光地化を免れやすい立地

観光地化を免れやすい立地

写真:小谷 雅緒

地図を見る

この市場、地元ではBelvarosi Piac(ベルヴァーロシ・ピアツ、「市街地の市場」の意味)と呼ばれていますが、英語表記や、またの名を住所からHold street marketとも呼ばれています。本稿でも「ホルド通り市場」と呼ぶことにしましょう。

世界的にみても一般的に、市場内や周辺には良い飲食店が多くあるものです。良い食材が入手できることや、味にうるさい市場関係者も利用することから、飲食店のレベルは引き上げられると考えられます。

ブダペストをはじめハンガリーの市場にも飲食店が付きものですが、せいぜい軽食スタンドや立ち飲み処で、お世辞にも雰囲気が良い、あるいは味が良いとはいえません。ホルド通り市場の飲食店は、それまでの概念を打ち破る内容で、ブダペスト初、いえ、ハンガリー唯一の存在と言っても過言ではありません。

観光地化を免れやすい立地

写真:小谷 雅緒

地図を見る

エリアは官庁や金融関係のオフィスが集中するビジネス街。斜め向かいには建築的にも有名な郵便貯金局(Postatakarek Bank、写真)があります。

ホルド通り市場から最も近いメジャーな観光スポットは国会議事堂です。とはいえ、そこから徒歩7〜8分。各種公共交通の最寄り駅や停留所からも徒歩5分ですが、観光ついでに立ち寄る場所にあるとは言い難いでしょう。

それが観光客を良い意味で遠ざけ、観光化を緩めるのかもしれません。それでも外国人と思わしき人が増えてきました。それは、このエリアにホテルが急激に増えたからです。

生き残りをかけて生まれ変わった市場

生き残りをかけて生まれ変わった市場

写真:小谷 雅緒

地図を見る

ホルド通り市場は1891年創業、リノベーションはしているものの、当時の雰囲気がよく残る建物です。かつては食料品をメインに扱うごく普通の市場でした。しかし民主化後、ハンガリー全国で西欧諸国のスーパーマーケットチェーンが席巻する中、「市場=新鮮・安い」の図式が崩れ、生鮮市場は衰退していきます。さらに、EU加盟後は、EUの衛生基準で運営する必要があり、これをきっかけに閉場、またはスタイルチェンジせざるを得ませんでした。

生き残りをかけて生まれ変わった市場

写真:小谷 雅緒

地図を見る

元よりビジネス街、ここで生活する住人は少なく、食品市場としての役割は減ってきました。しかし、ビジネス街で働くホワイトカラー向けのランチは需要があります。しかも、向かいの米国大使館をはじめ、エリアには外国人ビジネスマンも多い。つまり、ハンガリーの相場よりやや高めの料金設定でも、ランチは需要があるのです。

そこで、2010年ごろから空きテナントに飲食店が入るようになり、それが口コミやSNSなどで知られるようになりました。決してキワモノ扱いではなく、その味を認められての人気です。いつしかグルメガイドが取り上げるような店も現れます。逆に不人気店は撤退を余儀なくされます。地元民がメインターゲットであるが故、その評判は早くて正直です。現在、約20店が店を連ねていますが、栄枯盛衰がシビアな様子は、行ってみれば簡単に感じられます。

まずはぐるりと一周して食べたいものを見つけよう

まずはぐるりと一周して食べたいものを見つけよう

写真:小谷 雅緒

地図を見る

その場で作ってくれるセルフオーダー式の店の他、Sparhelt Etkezdeのようにショーケース内から完成品を選ぶキャンティーン式の店もあります。写真はSparhelt Etkezdeの料理で、ハンガリーの庶民的料理の定番Brassoi Apropecsenye(ブラッショーイ・アプロペチェーニェ、豚肉のトマト煮込みとポテトフライの和え物)です。

ハンガリー料理の店が多いですが、イタリアン、ロシアン、ベトナムのフォーなどもあります。

飲み物を付けると、予算は1人2000〜3000HUFほど。これはハンガリーの相場としては安くはありませんが、そこはハンガリー、しかも市場の食堂。どこの店も盛りが多めなので、注文前に周囲の様子を気にしましょう。もちろん、個人の好みはあれど、食堂激戦区だけあって味のレベルは高いです。

まずはぐるりと一周して食べたいものを見つけよう

写真:小谷 雅緒

地図を見る

1階(日本での2階)はフードコートで、空いている席はどこでも座ってOKです。地上階(日本での1階)の食堂はむしろレストラン、あるいはカフェの呼び名がふさわしく、各店舗にテーブルがあります。少しくつろいで食事したいなら、地上階の方がベターです。写真は朝食メニューもあるChampoint 4 Monkeys。

まずはぐるりと一周して食べたいものを見つけよう

写真:小谷 雅緒

地図を見る

現在、テナントのほとんどが飲食店ですが、わずかに食料品店もあります。写真はヨーグルトやフレッシュチーズがメインの乳製品の店。

なお、トイレについては、1階に全店共同利用の有料トイレ(100HUF)があります。

ホルド市場の成功にあやかってか、周辺には雰囲気の良い飲食店も増えました。市場店舗は昼営業のみですが、周辺の飲食店は夜も営業するところが多く、このエリアは食事や休憩には困りません!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

不動の人気を誇るトンカツ専門店がおすすめ!

不動の人気を誇るトンカツ専門店がおすすめ!

写真:小谷 雅緒

地図を見る

2015年オープン当初から、常に人気上位の食堂が「Buja Diszno(k)」です。実はこの店、市内の高級レストラン「STAND25」の系列で有名シェフ監修の店なのです。STAND25がフルサービスのレストランに対して、市場らしくセルフサービスで、しかもメニューをトンカツ(シュニッツェル)に絞った点が成功の理由といえます。

トンカツは注文を受けてから揚げるので、自分の名前が呼ばれるまで数分待ちます。揚げ物専門店だけあって、油は適宜交換し、常に良い状態のトンカツが提供できるように努めています。

不動の人気を誇るトンカツ専門店がおすすめ!

写真:小谷 雅緒

地図を見る

みんな大好きトンカツRantotthus(ラーントットフーシュ)!独語でシュニッツェルとして知られる、肉を叩いて薄く延ばし、サラサラのパン粉を付けて揚げたものです。ポテトサラダ付きで2400HUF。

メインメニューは他に子豚の耳のフライ(Rantott Malacful)、ブタのもつ煮込み(Szalontudo)の計3つ。あとは付け合わせのピクルス、そして飲み物。

食べきれない場合は包んで持ち帰ることができます。大きさを考慮して、シェアして食べることができるのも、お気軽な市場食堂の良さ。

※1HUF=0.36円(2020年2月現在)

ホルド通り市場の基本情報

住所:Budapest,Hold u. 13(Vadasz通りからも入口あり)
市場営業時間:
月 6:30〜17:00/火〜金 6:30〜18:00/土 6:30〜16:00
※日・祝日は全館閉店
各店舗の営業時間はそれぞれで異なり、1階フードコートの飲食店の多くは11時半開店

アクセス:国会議事堂の最寄り駅でもある地下鉄2号線Kossuth Lajos ter駅、または地下鉄3号線Arany Janos駅より徒歩5分
多くの店で英語メニューあり

注意:支払いは現金のみの店もあり。ユーロの現金払いOKの店もあるが、お釣りは現地通貨HUFとなり、レートは悪い

2020年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -