大人の楽しみ、試飲付き♪ 千葉でサッポロビール工場見学!

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大人の楽しみ、試飲付き♪ 千葉でサッポロビール工場見学!

大人の楽しみ、試飲付き♪ 千葉でサッポロビール工場見学!

更新日:2014/05/20 14:37

ヒビノフウケイのプロフィール写真 ヒビノフウケイ ライター

北の大地、北海道・札幌で生まれたサッポロビール。関東でも、サッポロビールの工場見学ができるのはご存知ですか?大人だからこそ楽しめるうれしい試飲付き!
サッポロビールツアーに参加してみませんか?

千葉でサッポロビールの工場見学ができる!

千葉でサッポロビールの工場見学ができる!

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

おいしいビールができるまでの過程を聞きながら、工場内を見学するツアー。最後には、待ってました!の試飲付きです。もちろん、アルコールが提供されるので、JR・私鉄の駅から出ている無料シャトルバス、もしくはタクシーでサッポロビール千葉工場に向かいます。

おいしいビールができるまでを学べるツアー

おいしいビールができるまでを学べるツアー

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

受付を済ませたら、待合室でツアー開始まで待ちます。この待合室では、じゅうたんの柄に注目してください。ビールの原料、ホップの絵柄なんです!

さあ、いよいよツアー開始!
ガイドの話を聞きながら、原料、仕込み、発酵、熟成の様子をパネルや工場内を見て進みます。原料のコーナーでは、ホップの香りをかげたり、350ミリリットル缶に使われるホップの本数を当てるクイズがあります。

ホップの香り、本数、気になりますよね?
答えは、ツアーに参加して確認してくださいね。

熟成のコーナーでは、タンクと同じ容積の空間を体験できます!
熟成タンクに入るビールの容量に、頭がくらくらしますよ。ここ千葉工場では、消費量の多くを生産しているというので、スケールの大きさにも納得です。

黒ラベルの歴史が見られるギャラリー

黒ラベルの歴史が見られるギャラリー

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

次に、黒ラベルギャラリーに進みます。

黒ラベルの歴史が見られるほか、現在放映中のCMにまつわるグッズも見られます。

1977年に誕生した黒ラベル。90年代、2000年代と麦芽・ホップの協同契約栽培、「旨さ長持ち麦芽」の採用など進化を遂げていく様子が見られます。ビール瓶のラベルデザインの変遷が一度に見られるのも楽しいですよ。

訪問当時は、妻夫木聡さんが着用していた着物の衣装や、ビヤホールのCMに登場していた滝川クリステルさん、奥田民生さんなどのサインも飾られていました。

三度つぎ―ーおいしいビールの注ぎ方レクチャー

三度つぎ―ーおいしいビールの注ぎ方レクチャー

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

ツアーの最後は、待ってましたー!の生ビールの試飲です。
ビールサーバーから新鮮なビールが注がれ、試飲されるのを今か今かと待ち望んでいるようです。順番にグラスを受け取り、お好きな席へ。

ここでは、サッポロビールのおいしい注ぎ方のレクチャーを受けられます!
その名も「三度つぎ」。この注ぎ方をすることで、ご家庭で瓶ビールや缶ビールもよりおいしくいただけるんです。

ビールの試飲は2杯まで。ほろ酔い気分でツアーは終了です。

未成年の方やアルコールの苦手な方も心配ご無用!
各種ジュースが用意されています。
帰りにはおみやげもいただき、大満足のツアーです!

サッポロビールのレアグッズが盛りだくさん! 売店も要チェック!

サッポロビールのレアグッズが盛りだくさん! 売店も要チェック!

写真:ヒビノフウケイ

地図を見る

試飲の際に提供されるおつまみが、サッポロ・ビヤクラッカー。ビール酵母が入った、塩味のきいた軽い食感がおいしく、ビールのおつまみにぴったりです!
このクラッカーは売店でも購入できるので、おみやげにおすすめします。

売店では、ほかにもビールグラスのストラップやヱビスさまをモチーフにしたステーショナリー、珍しいところでは、ビール石けんなどが並んでいます。思わず財布のひもがゆるんでしまう、素敵なおみやげが盛りだくさん。

売店も忘れずにチェックしてくださいね。

ツアーの後は、ジンギスカンも楽しめる!

ツアーは予約が必要です。料金は大人500円、中学生以上20歳未満300円、小学生以下無料です。

工場内には、ビール園も併設されています。サッポロ生ビールとジンギスカン、ウインナーなど各種おつまみが充実! ツアーの後にぜひご堪能ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -