大阪・梅田の真ん中で森林浴! スターバックス「LINKS UMEDA」2階店

大阪・梅田の真ん中で森林浴! スターバックス「LINKS UMEDA」2階店

更新日:2019/11/30 16:47

シカマ アキのプロフィール写真 シカマ アキ 旅行ジャーナリスト、フォトグラファー、航空旅行アドバイザー
大阪駅北側に2019年11月に開業したヨドバシ梅田タワーの商業施設「LINKS UMEDA」(リンクス梅田)にある「スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店」は、店内の家具や内装に大阪産の木材をふんだんに使用し、まるで“森”の中にいるような体験ができる店舗。高層ビル群に囲まれながら、地元・大阪の木の温もりを感じつつ、スターバックスの美味しいコーヒーが味えるおすすめスポットです。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

LINKS UMEDAのスターバックスは3店舗ある

LINKS UMEDAのスターバックスは3店舗ある

写真:シカマ アキ

地図を見る

梅田エリア最大の大型複合商業施設「LINKS UMEDA」にあるスターバックスの店舗は「地下1階店」「2階店」「8階店」の合計3店舗です。

2階店は、LINKS UMEDAのアネックス棟にあり、店舗は2階建て。道路の向こう側から店舗の外観が良く見えるため、オープン前から話題となっていました。

LINKS UMEDAのスターバックスは3店舗ある

写真:シカマ アキ

地図を見る

2階店、店舗のデザインコンセプトは「SHINRIN-YOKU TREE」です。

その名称通り“森林浴”をコンセプトとし、高層ビルに囲まれた梅田エリアの真ん中に、大阪の自然を取り入れた“森”を作ることで、店舗を訪れた人々が深呼吸するかのごとく、木の香りとコーヒーの香りを吸い込んでホッと一息つける、そんな空間づくりとなっています。

なお、地下1階店は木の根っこ、2階店は木の幹、8階店は木の上で生い茂る緑をそれぞれイメージ。1本の木のようにつながることで、ここにスターバックスならではの森が作り上げられました。

地下1階店は主にテイクアウト利用、8階店は「ホテル阪急レスパイア大阪」の入口に近いこともあってまるでホテルのラウンジのような広々とした雰囲気です。

大阪産クリの木を使って作った椅子やカウンター

大阪産クリの木を使って作った椅子やカウンター

写真:シカマ アキ

地図を見る

まず、「UMEDA LINKS」2階にある入口から入ると、店内の一面で「木」が多く使われているのに、まず気づかされます。

ドリンクやフードなどをオーダーするカウンター、椅子やテーブルなどに使用する木材は、地元の大阪産「クリの木」が使われています。クリの木は全国各地で見られ、昔から日本人になじみ深い木材として知られています。

大阪産クリの木を使って作った椅子やカウンター

写真:シカマ アキ

地図を見る

木材がふんだんに使われている理由は、スターバックスと、国産木材を軸にした家具作りなどに取り組む「ワイス・ワイス」が2019年3月から始めたミッションである、地域と森とをつなぐことで地元をもっと知って自然や暮らしを考えるきっかけになってほしいという「JIMOTO table プロジェクト」の一環です。すでに全国19店舗で実施され、大阪ではこの店舗が初めて。

店内に置いてある「QRコード」をスマートフォンで読み込むと、「JIMOTO table プロジェクト」に関する動画を見ることができます。

大阪産クリの木を使って作った椅子やカウンター

写真:シカマ アキ

地図を見る

2階には、席数こそ多くはないものの、テーブル席のほか、窓の外を向いたカウンター席、また、外にはテラス席もあります。

特に、大阪産のクリの木を使って作られた椅子は肌触りも良く、その“座り心地”をぜひお試しください。

3階への階段でスターバックスの森を体感!

3階への階段でスターバックスの森を体感!

写真:シカマ アキ

地図を見る

2階から3階に向かう階段は、まるで森林の中のような空間。大阪府南部、豊かな森林に恵まれる河内長野市の森の音が階段のBGMとして流れています。森の音を流すスピーカーも、大阪産のクリの木が使われています。

階段の壁には、大きな木のようなアート。これは「梅田みらみらの木」と名付けられたアート作品で、家具の製造などで出た端材、大阪の淀川に漂流していた枝や廃棄物などが素材として活用されました。

3階への階段でスターバックスの森を体感!

写真:シカマ アキ

地図を見る

この店舗のオープンを前に、大阪府河内長野市の河内長野市立林業総合センター 木根館(きんこんかん)の協力により、大阪府内の子どもたち約20名と、スターバックスの梅田地区のバリスタたちが一緒に、木材の端材や枝、木の実などを材料に工作し、作品作りが行われました。

そして、淀川の河川敷で活動するアーティスト「淀川テクニック」が手掛けるアートのピースとして、ここに展示されています。京都造形芸術大学の学生たちもサポートとして参加。作品の1点1点が、本当に木材の端材や廃棄物かと思ってしまうほど、じっくり見入ってしまいます。

“うめだの森”とも呼ばれるこの店舗。都会の真ん中で高層ビル群に囲まれながら、人と自然、森や川、そして海などについて考えるキッカケになってほしいという想いが、特にこのアートには込められています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

3階はおおさか河内材の森のような空間

3階はおおさか河内材の森のような空間

写真:シカマ アキ

地図を見る

3階はさらに、森の中にいるような、素敵な空間が広がっています。

大阪産「おおさか河内材」の杉の柱が中央にそびえ立ち、大きなガラスの窓からは外からの光もよく入るため、とても明るい雰囲気です。天井にある天板、照明もまるで木漏れ日が差すかのようなやわらかい光となっています。

夜は周囲のライトアップも併せ、日中とは異なる雰囲気が楽しめます。

3階はおおさか河内材の森のような空間

写真:シカマ アキ

地図を見る

中央に立つ木の柱は、1本1本の太さが違うのが、実際に見るとよくわかります。どの柱にも直に触れることができ、木の温もりがしっかり伝わってきます。

3階はおおさか河内材の森のような空間

写真:シカマ アキ

地図を見る

丸太を輪切りにしたテーブルもあります。年輪が数えられるため、より木に対する関心や興味が高まるはず。ちなみに、こちらはおおよそ60〜70年物の丸太です。

このテーブルで味わうコーヒーは、美味しさもひとしおです。

職人が手がけた木のベンチは座り心地抜群

職人が手がけた木のベンチは座り心地抜群

写真:シカマ アキ

地図を見る

3階フロア、ちょうど中央にあるベンチも、おおさか河内材の木材が使われています。職人の手によって作り上げられたこのベンチに座ると、森林浴の気分がより感じられるはず。座り心地の良さも抜群です。

職人が手がけた木のベンチは座り心地抜群

写真:シカマ アキ

地図を見る

木目の美しさが目を引く「おおさか河内材」の杉材。大阪産、ブランドの木材であり、木目のきめ細かさと木肌の美しさ、粘りがあって丈夫な良質材として知られています。

なお、床も、スターバックスの店舗では珍しいフローリングです。ここは関西エリアの木材が使われています。

職人が手がけた木のベンチは座り心地抜群

写真:シカマ アキ

地図を見る

3階フロア北側の壁に、コーヒーの生産者が写った大きなパネルも設置。生産者の顔が見えることで、コーヒーに対する理解がより深まるはず。

「スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店」は、まさに都会の中のオアシスといえます。周辺の他店舗と一線を画すかのような店内の家具や内装、壁面のアート作品など見どころ満載。ショッピングの合間、友人との待ち合わせ、軽食や休憩、仕事での一休みなど、どんなシーンにも利用しやすい店舗です。

スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店の基本情報

住所:大阪府大阪市北区大深町1-1 LINKS UMEDA 2F
営業時間:7時〜23時(不定休)
席数:98席(2階13席、3階73席、テラス席12席)
アクセス:大阪メトロ御堂筋線梅田駅、JR大阪駅、阪急梅田駅などに隣接

2019年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -