ロンドン「スカイガーデン」絶景を好きなだけ無料で満喫!

ロンドン「スカイガーデン」絶景を好きなだけ無料で満喫!

更新日:2019/12/01 14:43

Akiko Nilsenのプロフィール写真 Akiko Nilsen 世界遺産検定2級
イギリスの首都・ロンドンはビッグベンやタワーブリッジなどの美しい建造物やロンドンアイなど近代的な建造物が多くあり、ランドマークにあふれた街です。そんなランドマークのほとんどを見渡せるのが「スカイガーデン」です。しかも、なんとここは無料で訪れることができ、時間によっては予約も不要!そんなお得で贅沢な「スカイガーデン」についてご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

シティーエリアにそびえる不思議な形のビル

シティーエリアにそびえる不思議な形のビル

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

スカイガーデンはロンドンの金融街であるシティーエリアにあります。地下鉄「Monument」駅や「Bank」駅からアクセスがしやすいスポットです。

駅に降り立つと、歴史あるシティエリアの建造物の間からガラス張りの不思議な形をしたビルが顔をのぞかせます。その形からこのビルは『ウォーキートーキー(トランシーバー)』というニックネームが付けられており、その35階に「スカイガーデン」があるのです。

シティーエリアにそびえる不思議な形のビル

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

ビルに到着してフェンチャーチストリート側にまわれば、エントランスが見えてきます。スカイガーデンの入場は、事前にインターネット予約しておくことでスムーズに入場ができます。

入場だけでなく予約も無料ですので、行く日時が決まっている場合は予約をしていくのがおすすめです。ですが、人気が高いため予約がすぐに埋まってしまうことも多く、旅行中に予定を見ながらいつ行くかを決めたい、ということもあると思います。そこで、ここでは予約無しで入れる“ウォークインゲスト”としての入場を説明します。

シティーエリアにそびえる不思議な形のビル

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

ウォークインゲストは、平日午前10時〜11時半、そして14時〜16時半の時間帯で自由に入ることができます。そのほかにも、35階にある「Sky Pod Bar」への入場として午前10時より早い時間帯や、夕方以降にも予約なしで訪れることができます。これは、週末にも適用されます。

「Sky Pod Bar」への入場といっても、オープンスペースにあるバーですので、座席も何を注文するかも自由です。注文を強いられたり、滞在時間を厳しく管理されることもなく自由な雰囲気ですので、気軽に訪れることができます。

Sky Pod Barでのんびりと絶景を満喫して

Sky Pod Barでのんびりと絶景を満喫して

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

35階に上がるとすぐに絶景が眼前に飛び込んできます。「Sky Pod Bar」ではテーブル席だけでなくゆっくり寛げるソファ席もありますので、時間を忘れて十分に景色を楽しむことができます。

また、「スカイガーデン」という名の通り、フロア内は緑に満ち溢れています。よくあるイギリスらしいガーデンとは一線を画していて、地中海やアフリカ北部に植生する植物が植えられています。生命力に満ちた木々と、ほのかなラベンダーの香りが非日常な空間を演出し、リラックスさせてくれます。

Sky Pod Barでのんびりと絶景を満喫して

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

カフェ側がにぎわっているときは、逆側に回り込んで、バー側でくつろぐのもおすすめです。カフェ側とバー側からは見える景色もがらりと変わっており、両方を自由に歩き回りながらロンドンの街並みを360度楽しみましょう。

Sky Pod Barでのんびりと絶景を満喫して

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

午前中にウォークインゲストとして訪れたなら、クロワッサンやパン・オ・ショコラなどとドリンクをオーダーして軽い朝食を摂ってみてはいかがでしょうか。

一方、夜になるとカクテル類が多く取り揃えられており、ロマンチックな雰囲気の中お酒を楽しむことができます。食事を一緒に行いたい場合は、同ビルにあるレストランやブラッセリーを予約しましょう。一流の料理と景色が同時に楽しめます。

景色はロンドン随一

景色はロンドン随一

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

ロンドンは特に中心部に歴史的建造物やランドマークが多く、それらを一望できる高い建物はなかなか多くありません。そんな中、シティエリアの真ん中に立つ「スカイガーデン」は理想的な立地です。「スカイガーデン」からはテムズ川に架かるタワーブリッジや、カナリーワーフの高層ビル群を見ることもできます。

景色はロンドン随一

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

テムズ川を背にしてみると、シティエリアの高層ビル群が目の前に現れます。その外観から「ガーキン(ピクルス用のキュウリ)」という名がつけられたロンドン・シティのアイコン的存在のビルもすぐ近くに。ガラス窓にはランドマークの名称が貼られていて見逃すことが無いように工夫されています。

景色はロンドン随一

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

西の方角へ目を向けると、ビルに紛れてセントポール大聖堂が見えます。どの方角を見てもランドマークが見えるのが、ロンドンの景色の一つの大きな特徴です。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

テラスで風を感じることも

テラスで風を感じることも

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

テムズ川に向かう方向にはテラスが設けられており、外に出て景色を楽しむことができます。35階というだけあってテラスに出ると風がかなり強いので、帽子やマフラーなど飛ばされそうなものなどは事前に取っておくなど注意が必要です。

テラスで風を感じることも

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

テラスからは、テムズ川に浮かぶベルファスト号もばっちり見られます。テムズ川を航行するクルーズ船や、タイミングが良ければ跳ね橋であるタワーブリッジが橋桁を上げる様子も見られるかもしれません。

スカイガーデンの基本情報

住所:20 Fenchurch St, London, EC3M
電話番号:+44-20-7337-2344
アクセス:地下鉄Monument駅より徒歩約3分

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/09/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -