NZクライストチャーチ「エイボン川」でパンティングしよう!

NZクライストチャーチ「エイボン川」でパンティングしよう!

更新日:2019/12/07 13:54

Mizuki Yoshiのプロフィール写真 Mizuki Yoshi 歴史街道トレッカー、伝統の「ワザ」案内人、日本クルーズ&フェリー学会員
英国の風情が色濃く漂うニュージーランドのクライストチャーチ。その名もエイボン川を小舟に乗って愉しむ「パンティング」をご存じでしょうか?乗船者は6〜8人ほど。ネクタイを締め、帽子をかぶったちょっとおしゃれなパンター(船頭)が竿一本で小舟を操るアクティビティです。緑したたるエイボン川の景色や水鳥を間近に見ながらの30分は、極上のひととき。2コースあるエイボン川のパンティングをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ボートハウス前の船着場から出発

ボートハウス前の船着場から出発

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

まずご紹介するのがハグレー公園のボタニカルガーデン沿いに舟を運航するコース。ボタニカルガーデン入口近くの趣ある縦じま模様のボートハウス前から遡上し、Uターンして下って戻る往復コースです。

ボートハウス前の船着場から出発

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

座席は4列。どの位置に座っても景色はよく見えます。足元も広くくつろげますよ。

ボートハウス前の船着場から出発

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

さあ、極上の30分間を舟上で堪能しましょう。ボンボヤージュ!出発時には写真を撮ってくれます。

<エイボン川のパンティング乗り場の基本情報>
住所:パンディング オン ザ エイヴォン
2 Cambridge Terrace, Christchurch Central City, Christchurch 8013
電話番号:+64-3-366 0337
アクセス:クライストチャーチ大聖堂から西へ約300メートルのウースター橋からエイボン川沿いに上流方向に徒歩約10分

緑したたる岸辺を楽しもう

緑したたる岸辺を楽しもう

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

パンター(船頭)は、舟を竿一本で上流に向かって推し進めながら、乗船者に声を掛けます。「どこから来たか?」、「何日くらいクライストチャーチに滞在するか」など。そうした会話も楽しんでみてはいかがでしょう。鏡のように静かな川面、エイボン川はこのあたりで最も深いところで2メートルほど。エイボン川流域全体で最も深い場所でも4メートルほどしかないとても浅い川です。

緑したたる岸辺を楽しもう

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

舟はすぐにボタニカルガーデン(右舷側)に入り、エイボン川沿いでところどころ見かける巨大な「しだれやなぎ」の下に入っていきます。頭をかがめてよけるほどしなだれていますよ。

水鳥の楽園

水鳥の楽園

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

船頭さんが説明する両岸の木々の美しさも見事ですが、水鳥もたくさん見ることができます。写真はカナダガンのつがい。パンティング中には舟のすぐ脇をひなを連れて泳いでいくカモもいます。

水鳥の楽園

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

舟は15分ほどで折り返し地点。少し川幅が広くなっている場所でUターン。どこを切り取っても緑したたる景色に癒されますよ。このあたりには水鳥たちもたくさんいます。エイボン川はクライストチャーチの街を抜けて海に流れて行きます。魚もウナギ(後ほどご紹介)も居ますが、あまり魚影を目にすることはありません。

水鳥の楽園

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

船頭さんたちは、エイボン川の清掃に余念がありません。おかげでゴミなどをほとんど見ない美しい景観が保たれています。

Uターンすると待っているのが、「パンティングで最もエキサイティングな瞬間!」と船頭さんが乗客に呼びかけます。と、その瞬間、小舟を左右に揺らします!乗客から歓声が上がるのは言うまでもありません。船頭さんと双方向で楽しむ30分です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

下船後にもサプライズ!

下船後にもサプライズ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

「魚がたくさんいる」と説明があるエイボン川ですが、あまり魚影を見ることがありません、ところが・・・。下船後にお時間がある方は、船着き場下を覗いてみてください。船頭さんたちが、毎日豚肉、鶏肉など餌を与えている巨大ウナギが船頭さんの指の下から顔をのぞかせます。

下船後にもサプライズ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

その巨大さは、2メートルはありませんが、1.5メートルほどもあります。頭としっぽが見えますね。

下船後にもサプライズ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

エイボン川の主のような巨大ウナギ!実は2匹見ることができますよ。

ボートハウスにはボートシェッドカフェ(ボート倉庫カフェ)があるので、乗船前、乗船後に川面を眺めながら極上の一休みはいかがでしょうか。

もう一つのパンティング・コース

もう一つのパンティング・コース

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

エイボン川のパンティングはもう一つコースがあります。こちらは大聖堂から西へ向かって300メートルほどにあるウースターブリッジ下の船着き場(写真)から出発します。ここは船着き場があるだけでボートハウスなどはありません。

もう一つのパンティング・コース

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

コースは、船着き場からいったん遡上し、Uターンして下り、船着き場を通り越していきます。そして再度Uターンして遡上して戻る30分コース。こちらもエイボン川の美しい岸辺を見ながらの30分です。ボタニカルガーデンコースが家族やグループ向けであることに対し、こちらはどちらかというと、カップルに推奨のコースです。

<ウースターブリッジ下のパンティング乗り場基本情報>
住所:クライストチャーチ大聖堂から西へ徒歩約300メートルのウースターブリッジ下

もう一つのパンティング・コース

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

エイボン川のパンティング(大人NZ$30,子供$15)は事前予約(関連MEMO)をおススメします。お天気を見ながら当日チケットを購入する場合は、大聖堂東隣りアーケード内のトラム駅にあるクライストチャーチ・アトラクションのチケットショップで購入と予約ができます。ホテルなどに置いてある割引券を持参しましょう。ゴンドラツアーやその他のアトラクションとの組み合わせの割引チケットなどの購入もできますよ。グループやカップルで貸切もできます。

<クライストチャーチ・アトラクションの基本情報>
住所:Cathedral Junction shop 13/109 Worcester Street, Christchurch Central City, Christchurch 8011
電話番号:+64-3-366 7830
アクセス:クライストチャーチ大聖堂東側徒歩1分、ヘリテージクライストチャーチホテル正面徒歩1分

エイボン川のパンティングは極上の舟遊び

わずか30分ですが、エイボン川のパンティングは極上の舟遊びです。しだれ柳や緑のもっこりとした大きさに癒やされる30分です。ひなを連れた水鳥たちの姿には思わず笑みが出る幸せな気分に。古き良き時代の衣装で見事に舟を操る船頭さんとの会話も楽しみの一つです。

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -