最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

石川県・白山麓の蛇谷園地は大滝、温泉、噴泉塔とみどころ満載

石川県・白山麓の蛇谷園地は大滝、温泉、噴泉塔とみどころ満載

更新日:2020/10/08 12:53

Yuma A.のプロフィール写真 Yuma A. 観光学修士、インバウンド観光推進事業者代表
霊峰白山の麓に通る白山白川郷ホワイトロード(旧、スーパー林道)は石川県から岐阜県の白川郷へつながる観光道路であり、その紅葉のすばらしさで有名です。ただ実は紅葉以外も見どころが多く、素通りしてしまってはもったいないスポットが点在しています。特に「蛇谷園地」は白山ホワイトロードの有料区間にありますが、大滝、温泉に加え、噴泉塔という珍しい現象もみられるので、是が非でも立ち寄っていきたいスポットです。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

まずは無料の「中宮温泉ビジターセンター」へ

まずは無料の「中宮温泉ビジターセンター」へ

写真:Yuma A.

地図を見る

石川県方面から白山白川郷ホワイトロードへ向かう場合、有料区間に入る前にも見どころがあります。それが「中宮温泉ビジターセンター」です。霊峰白山への登山は南部の別当出合から登るがポピュラーなためビジターセンターというと一ノ瀬ビジターセンターのほうが有名ですが、縦走する場合などは北部にあるこの中宮温泉エリアが拠点になります。

まずは無料の「中宮温泉ビジターセンター」へ

写真:Yuma A.

地図を見る

中宮温泉ビジターセンターは白山麓の自然や暮らしを紹介する展示館を併設しており、無料で楽しむことができます。また周辺のガイドウォークや白山の四季についての映像(15分程度)を依頼することもできるので係員に尋ねてみましょう。

まずは無料の「中宮温泉ビジターセンター」へ

写真:Yuma A.

地図を見る

展示も工夫されており、動植物だけでなくかつて存在した中宮温泉夏季分校の教室を再現し、窓から外見ると当時の先生の証言によるスライドが流れます。かつて山麓にあった中宮集落で暮らす子供たちのための分校で、古くから湯治場として有名でったことがわかります。

中宮温泉ビジターセンターは駐車場やトイレも完備されており、登山口のある中宮温泉(飲める温泉で有名です!)へも歩いてアクセスできる立地です。ここに車をおいて、中宮温泉に浸かりにいくのも良いでしょう。

<中宮温泉ビジターセンター>
住所:石川県白山市中宮オ9
電話番号:076-256-7341(中宮温泉ビジターセンター併設白山林道石川管理事務所)
アクセス:金沢方面より国道157号経由約90分

紅葉を楽しむなら各駐車場を利用しよう

紅葉を楽しむなら各駐車場を利用しよう

写真:Yuma A.

地図を見る

白川郷方面に抜けるか否かはともかく、中宮温泉より先の白山白川郷ホワイトロードは普通自動車で1600円の有料区間になります。なお有料区間内の往復は片道料金のみでOKです。

天候がよければ最高地点の「三方岩駐車場(標高1450m)」まで行きたいところ。ここは最も早く紅葉します。

<三方岩(駐車場)の基本情報>
住所:岐阜県大野郡白川村大字飯島
電話番号:05769-6-1664(白山林道岐阜管理事務所)
アクセス:金沢方面より国道157号経由約130分

紅葉を楽しむなら各駐車場を利用しよう

写真:Yuma A.

地図を見る

「栂の木(とがのき)台」にも大規模の駐車場が設けられており、展望と紅葉を楽しめるようになっています。白山白川郷ホワイトロード沿いには多くの駐車場が設けられており全て駐車無料です。道路の途中で駐車しなくても各ビューポイントにを見過ごすことはありませんのでご安心ください。

紅葉を楽しむなら各駐車場を利用しよう

写真:Yuma A.

地図を見る

また、こうした駐車場の周辺には展望台へ向かう散策路が用意されていますので、時間がありましたらハイキングを楽しむのも一興です。

<栂の木台(駐車場)の基本情報>
住所:石川県白山市中宮 白山白川郷ホワイトロード
電話番号:076-256-7341(白山林道石川管理事務所)
アクセス:金沢方面より国道157号経由約120分

絶対に寄っておきたい蛇谷園地

絶対に寄っておきたい蛇谷園地

写真:Yuma A.

地図を見る

「蛇谷(じゃだに)園地」は中宮温泉ビジターセンターから車で10分ほど行った蛇谷園地駐車場からアクセスするハイキングコースの名称です。

親谷の湯と書かれた鳥居から急な階段で谷に降りていきます。転じて帰りは急な登りになります。見どころを周って戻って来るのに最低でも1時間は見たほうが良いでしょう。

絶対に寄っておきたい蛇谷園地

写真:Yuma A.

地図を見る

谷を降りていくと蛇谷園地と親谷の湯(観瀑台)の分岐に着きますので、親谷の湯方面に向かいましょう。川に沿って散策路が整備されていますので迷うことはありません。

絶対に寄っておきたい蛇谷園地

写真:Yuma A.

地図を見る

そしてたどり着くのが「親谷の湯」ですが、見ての通り近くの足湯から丸見えなので、水着推奨です。そして実はこのエリアの周辺の主役はこの親谷の湯ではなく、足湯の目の前にある大滝なのです。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

姥ヶ滝の後は噴泉塔も忘れずに

姥ヶ滝の後は噴泉塔も忘れずに

写真:Yuma A.

地図を見る

この蛇谷園地は主役は日本の滝100選にも選ばれている「姥ヶ滝(うばがたき)」。足湯の目の前に広がる圧倒的スケールの大滝です。天然の足湯に浸かりながら見られるとは贅沢な空間ですよね。

姥ヶ滝の後は噴泉塔も忘れずに

写真:Yuma A.

地図を見る

姥ヶ滝まで来て引き返す人が多いのですがもっと奥まで山道が続いています。途中川べりに降りてより近くで滝を眺めることもできます。

姥ヶ滝の後は噴泉塔も忘れずに

写真:Yuma A.

地図を見る

姥ヶ滝から歩くこと徒歩5分ほどで行き止まりとなり、ここから川べりの岩から蒸気が噴き出す噴泉を眺めることができます。

噴泉塔で有名なのは石川県側から訪れる場合、中宮温泉よりも手前にある岩間温泉からアクセスする岩間の噴泉塔群が有名ですが、徒歩で往復で3時間以上かかりますので、こちらのほうが圧倒的にアクセスが良いですね。

姥ヶ滝から少し足を延ばして必ず見ていって欲しいスポットです。

<蛇谷園地(駐車場)の基本情報>
住所:石川県白山市中宮 白山白川郷ホワイトロード
電話番号:076-256-7341(白山林道石川管理事務所)
アクセス:金沢方面より国道157号経由約100分

白山白川郷ホワイトロードは通行期間に注意

白山白川郷ホワイトロードは通行期間に注意

写真:Yuma A.

地図を見る

白山白川郷ホワイトロードには落差86mの「ふくべの大滝」などまだまだ多くの見どころがあります。見どころには必ず駐車場があり、白山白川郷ホワイトロードのウェブサイトにも駐車可能な台数の記載がありますので、参考にしてください。

<ふくべの大滝(駐車場)の基本情報>
住所:石川県白山市中宮 白山白川郷ホワイトロード 
電話番号:076-256-7341(白山林道石川管理事務所)
アクセス:金沢方面より国道157号経由約110分

白山白川郷ホワイトロード(石川県側)の通行情報

有料区間内には通行「期間」だけでなく通行「時間」が定められており、例年6月上旬〜11月上旬で通行期間は夏季は午前7時〜午後6時(出口閉門午後7時)ですが秋季は1時間開門も閉門も早まります。夜間の駐車は禁止ですので車中泊もNGです。のんびり滝を見たりハイキングを楽しんだりするためには午前中から訪れる必要がありますので注意しましょう。

ちなみに土砂災害などによりホワイロード全体が通行止めになることもありますので事前に確認をしてから向かうことをお薦めします。

なお、冒頭で紹介した無料区間にある中宮温泉周辺は4月からアクセス可能となっています。

2020年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -