日本最後の夕日と日本最遅の初日の出を日本最西端の与那国島で見よう

日本最後の夕日と日本最遅の初日の出を日本最西端の与那国島で見よう

更新日:2019/12/06 14:17

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー
日本でその年の“最後に沈む夕日”を見たくありませんか?さらに日本で“最後に昇る初日の出”を見たくありませんか?日本最西端の「与那国島」なら、年末年始の旅行でその2つとも楽しめます。もちろん別の時期に行っても、日本最後の夕日と日本最遅の朝日はいつでも!?与那国島でおすすめの夕日スポット/朝日スポット、そして鑑賞のコツを紹介いたします。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

日本最西端の「西崎」なら“日本最後の夕日”と台湾が望める?

日本最西端の「西崎」なら“日本最後の夕日”と台湾が望める?

写真:離島 こむ

地図を見る

“日本最初の初日の出”も魅力的ですが、その年の最後に沈む“日本最後の夕日”も魅力的。日本最西端の「与那国島」なら、気軽に望めます。

日本最西端の「西崎」なら“日本最後の夕日”と台湾が望める?

写真:離島 こむ

地図を見る

与那国島で“日本最後の夕日”を見るなら、日本最西端の地がある「西崎(いりざき)」。その海の先にはもう日本はありません。台湾まで約111kmで、石垣島までの約127kmより近いです。日本最後の夕日と一緒に、異国の台湾も望めるかもしれません。しかし、実際は台湾との海峡には常に雲があり、その陸地は滅多に望めないんです。

「日本最後の夕日が見える丘」という場所がある!

「日本最後の夕日が見える丘」という場所がある!

写真:離島 こむ

地図を見る

与那国島で夕日を見るなら、実は日本最西端の「西崎」よりおすすめの場所があります。その名も「日本最後の夕日が見える丘」。まさに“日本最後の夕日”を見るための場所が、与那国島にはあったのでした。

「日本最後の夕日が見える丘」という場所がある!

写真:離島 こむ

地図を見る

「日本最後の夕日が見える丘」からは、“日本最後の夕日”だけではなく、日本最西端の「西崎」も同時に望めます。夏なら岬の先の海に夕日が落ち、冬なら最西端の岬に夕日が落ちます。1年を通して夕日の絶景が楽しめるスポットです。

「東崎」で見る“日本最遅の朝日”が絶景過ぎる!

「東崎」で見る“日本最遅の朝日”が絶景過ぎる!

写真:離島 こむ

地図を見る

“日本最後の夕日”を見た翌朝は、もちろん“日本最遅の朝日”が望めます。おすすめは島東端の「東崎(あがりざき)」。

「東崎」で見る“日本最遅の朝日”が絶景過ぎる!

写真:離島 こむ

地図を見る

ここでも朝日を見るなら、灯台がある岬先端より、一歩下がった場所から望むのがおすすめです。朝日と灯台がある岬との絶景を楽しめます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

日本最西端から見るリアルな“日本最遅の朝日”

日本最西端から見るリアルな“日本最遅の朝日”

写真:離島 こむ

地図を見る

実は、日本最西端の地がある「西崎」からは、夕日だけではなく朝日も楽しめます。まさにリアルな“日本最遅の朝日”が望める場所でもあったのでした。

日本最西端から見るリアルな“日本最遅の朝日”

写真:離島 こむ

地図を見る

日本最西端の地がある「西崎」は、高台になっているので、島越しに朝日が望めるというわけです。まさに“日本最後の夕日”も“日本最遅の朝日”も、両方とも望める場所だったのです。

夏限定の幻想的な光景!知られざる朝日スポット「馬鼻崎」

夏限定の幻想的な光景!知られざる朝日スポット「馬鼻崎」

写真:離島 こむ

地図を見る

与那国島の朝日や夕日スポットといえば、島東西端の「西崎」や「東崎」が定番ですが、実はその2つ以上に朝日や夕日の絶景が望める場所があります。まさにその2つの岬の中間にあるその名も「馬鼻崎」。与那国空港近くにある、牧場内の岬です。基本的には牧場ですが、自由に出入り可能。ただし車だと牧草を荒らしてしまいますので、牧場内は徒歩で移動しましょう。

夏限定の幻想的な光景!知られざる朝日スポット「馬鼻崎」

写真:離島 こむ

地図を見る

「馬鼻崎」は北に突き出る岬なので、夏限定ですが朝日も夕日も望める、まさに知られざるスポット。特に朝日は牧場越しに望めるので、幻想的な光景が楽しめます。しかも海沿いの牧場ながらも、柵など絶景を邪魔するものが一切無し。どこからでも、幻想的な光景を望むことができることでしょう。

“日本最後の夕日”と“日本最遅の朝日”を与那国島で見るコツ

夕日や朝日を見るコツは、なんといってもその時間。与那国島でのその年の“日本で最後に沈む夕日”は12月31日の「午後6時10分」、“日本で最後に昇る初日の出”は1月1日の「午前7時32分」。この時間は、基本的にどの年でも変わりません。また年末年始以外の時期に行かれる際も、国立天文台暦計算室で気軽に調べることができます。その際は与那国島に近い「石垣島」の時間を参考にしましょう。

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -