甑島イチバンの絶景は「長目の浜」で決まり!鹿児島県の離島を巡る旅

甑島イチバンの絶景は「長目の浜」で決まり!鹿児島県の離島を巡る旅

更新日:2019/12/10 17:23

てっぴいのプロフィール写真 てっぴい 旅ブロガー
鹿児島県・薩摩半島の沖合、東シナ海に浮かぶ甑島(こしきしま)。上甑島、中甑島および下甑島の3つの有人島から成り、あわせて人口6,000人にも満たない小さな離島ですが、変化に富んだ地形と東シナ海の美しい海に囲まれていることから、島のどこを切り取っても絵になる本当に素晴らしい自然の絶景の宝庫なんです!今回はそんな甑島の中でも、一番の絶景である「長目の浜」について、その魅力をたっぷりご紹介します。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

コレが甑島イチバンの絶景!「長目の浜」の風景だ!

コレが甑島イチバンの絶景!「長目の浜」の風景だ!

写真:てっぴい

地図を見る

ご覧くださいこちらの絶景!これが甑島随一のビュースポットでもあり、観光スポットでもある長目の浜です。美しい白砂の海岸線が水平線の遥か彼方の海の辺りまでスッとのびていくその様子は、まるで天高く昇る龍のようにも見える見事な風景。

なんと言ってもこちらの長目の浜の絶景で特徴的なのは、海岸線ギリギリにまで写真左側の湖沼群が迫り出し、砂浜が細長い洲のような地形になっている世にも珍しい光景です。

写真に写っている湖沼群は手前から、「鍬崎池」、「貝池」および「なまこ池」です。この何とも不思議な地形は潟湖(=ラグーン)と呼ばれるもので、太古の昔には入り江として湾になっていた「鍬崎池」や「貝池」、「なまこ池」等といった湖沼群が、島の北側の断崖が崩落した際に、流出した土砂が海流に乗って湾を堰き止めるようにして砂浜を作り、そのまま池になったものなんだそう。

特に上の写真にもある通り、高台になっている「長目の浜展望所」からは、見事なまでにその潟湖(=ラグーン)になっている地形を見渡すことの出来る唯一無二のビュースポットになりますので、甑島に来たならば絶対にこちらの「長目の浜展望所」を訪れて、美しき長目の浜の絶景を写真に収めていくと良いでしょう!

隣同士の池なのに成分が違う!?「貝池」と「なまこ池」

隣同士の池なのに成分が違う!?「貝池」と「なまこ池」

写真:てっぴい

地図を見る

「長目の浜展望所」から長目の浜の最高に美しいパノラマビューを満喫した後は、実際に長目の浜へと下りてみて、今度は長目の浜の美しい景観を作り出している「貝池」や「なまこ池」などといった湖沼群を観察してみましょう。

上の写真は貝池です。県道の途中に長目の浜へと下りられる道路があって、そこを下るとちょうど貝池となまこ池を隔てる僅かな陸地の部分に到達することが出来ます。また、そのまま長目の浜へと至る散策路を進んでいくと、海岸に出ることも。

隣同士の池なのに成分が違う!?「貝池」と「なまこ池」

写真:てっぴい

地図を見る

貝池から振り返って、すぐ隣にある「なまこ池」。冒頭の「長目の浜展望所」の段落でも説明した通り、元から不思議な地形をしている“潟湖(=ラグーン)”として形成された2つの湖沼ですが、もっと不思議なことに、こちらの貝池となまこ池とでは、すぐ目と鼻の先の距離にあるにも関わらず、塩分濃度や湖沼の水位、池に生息している魚や生物まで、ありとあらゆる部分が異なっているという特徴を持っているんです!

特に貝池の方には、この貝池を含めても世界でたった7ヶ所でしか発見されていない非常に珍しい「クロマチウム」というバクテリアが生息しています。

さて、ここでもう1度上の「貝池」と「なまこ池」の写真とを見比べてみましょう。今の説明を頭に入れながら写真をじっくり観察してみると、2つの池の違いがどんどんハッキリしてくるような…?こうした観点から隣同士の2つの池を見比べつつ、それぞれに異なる景色を楽しんでみるのもおススメです。

県道からの景色も美しい「長目の浜」!

県道からの景色も美しい「長目の浜」!

写真:てっぴい

地図を見る

長目の浜の景色の魅力については、まだまだこんなものでは終わりません。上甑島の中心集落となる里の集落を起点にして、甑四湖(=須口池、鍬崎池、貝池、なまこ池の総称)を並行するように走っている県道からは、あまりの景色の美しさに思わずウットリしてしまうような素晴らし過ぎる長目の浜の絶景がこれでもかというほど連続します!

上甑島と橋で繋がっている中甑島とをぐるっと回ってレンタカー等で観光する際には、こちらの甑四湖沿いのルートは絶対に外してもらいたくないおススメの周遊コース。

ちなみに、県道をずーっと進んでいって、なまこ池の北端に差し掛かった所にも「田之尻展望所」という長目の浜を一望出来るビュースポットがありますので、時間に余裕があればあわせて立ち寄ってみると良いでしょう。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

「長目の浜」がある上甑島へは鹿児島本土からフェリーで!

「長目の浜」がある上甑島へは鹿児島本土からフェリーで!

写真:てっぴい

地図を見る

甑島随一のビュースポット「長目の浜」を巡る旅はいかがでしたでしょうか?今回紹介した「長目の浜」は、上甑島、中甑島および下甑島の3つの有人島からなる甑島列島の中でも、上甑島にある観光スポットになります。

上甑島へは、島の中心集落である里の集落と、鹿児島県の本土を結ぶ船の定期便がそれぞれ1日2便(=臨時便の増発もあり)運行されています。高速船の「甑島」は薩摩川内市にある川内港から里港まで最短50分、フェリー「ニューこしき」はいちき串木野市にある串木野新港から里港までの間を最短70分の所要時間で結んでいます。

どちらも九州新幹線の川内駅からシャトルバスおよび路線バスが出ていますので、公共交通機関で気軽にアクセス出来る離島としてもおススメな甑島。ですので是非、甑島でしか見ることの出来ない「長目の浜」の素晴らしい絶景を感じに足を運んでみてくださいね!

長目の浜の基本情報

住所:鹿児島県薩摩川内市里町里
アクセス:上甑島里港より車で約10分

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2017/09/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -