初めてのラスベガス!眠らない街を楽しむ2泊3日モデルコース

初めてのラスベガス!眠らない街を楽しむ2泊3日モデルコース

更新日:2019/12/12 10:32

舟津 カナのプロフィール写真 舟津 カナ アウトドアライター、撮影コーディネーター
眠らない街「ラスベガス」。一昔前はカジノのイメージが強かったのですが、近年は家族連れでも楽しめるスポットが増え、エンターテインメントの街「ラスベガス」として、多くの観光客が訪れる場所になっています。

そんな見どころたっぷりなラスベガスを初めて訪れる人に、効率よく楽しめる2泊3日のモデルコースを紹介いたします。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。また一部の都道府県が特定警戒地域に指定されており、不要不急の外出自粛が求められています。各種報道機関の発表や外務省のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1日目到着日:ダウンタウン・ラスベガスへ

1日目到着日:ダウンタウン・ラスベガスへ

写真:舟津 カナ

地図を見る

到着日はフライトによって時間が変わりますが、時差があるので到着日から予定を詰め込むと疲れます。また、無理してショーなど見に行っても寝てしまう恐れがあるので、あまり無理をしない行程を組みましょう。

昼到着した場合は、ホテルで休憩後、ラスベガスダウンタウンのフリーモントへ。

ここはストリップとはまた違う古き良きラスベガスが楽しめます。ダンスや大道芸人が技を見せる歩行者天国のフリーモントストリートには、レストランやお土産店がずらり。歩くだけでも楽しめる場所です。

1日目到着日:ダウンタウン・ラスベガスへ

写真:舟津 カナ

地図を見る

1番の見どころは日没後、1時間に1回行われる無料の巨大電光スクリーンアトラクション「フリーモント・ストリート・エクスピリエンス」。時間により内容が異なるので、何回見ても飽きません。

フリーモントのアーケードの天井下にはジップラインのアトラクションもあります。週末は行列ができるほど人気ですが、ここから見る景色は絶景。絶叫系が好きならぜひチェレンジしてみましょう。

1日目到着日:ダウンタウン・ラスベガスへ

写真:舟津 カナ

地図を見る

アメリカでは野外でお酒を飲むことが禁じられている場所が多いですが、ラスベガスはOK。フリーモントの道沿いには変わった形のボトルのマルガリータなどが販売されています。それを片手にブラブラするのも楽しいですよ。

<フリーモントの基本情報>
住所:FREMONT STREET LAS VEGAS, NV 89101

2日目午前:レッド・ロック・キャニオン

2日目午前:レッド・ロック・キャニオン

写真:舟津 カナ

地図を見る

ラスベガスのショッピングモールなどの店は10時からオープンするのがほとんど。
ですので、朝はストリップから車で30分ほどで行ける「レッド・ロック・キャニオン」で大自然を満喫しましょう。

トレッキングロードで軽く汗を流すのもよいですが、車からでも絶景が楽しめます。

<レッド・ロック・キャニオン(Red Rock Canyon Visitor Center)の基本情報>
住所:1000 Scenic Loop Drive Las Vegas, NV 89161

2日目午後:ショッピング&ホテル周り

2日目午後:ショッピング&ホテル周り

写真:舟津 カナ

地図を見る

レッドロックで大自然を楽しんだ後は、ショッピングへ。

ラスベガスの周辺にはいくつかアウトレットモールが点在していますが、日本人向きで店の種類が豊富な場所は「ラスベガス・ノース・プレミアム・アウトレット」です。

コーチ、ケイトスペード、トリーバーチなどのブランドから、ノースフェイス、ティンバーランド、アディダスなどのカジュアルブランドなどが勢ぞろい。ここにはフードコートもあるので、安く食事を済ませたい人はここのフードコートを利用するのもあり!

アウトレットでのショッピング以外にも、ラスベガスストリップ沿いのホテルの中はショッピングモールになっており、ホテルを見学しながらショッピングが堪能できます。

2日目午後:ショッピング&ホテル周り

写真:舟津 カナ

地図を見る

とくに、シーザスパレスホテル横にある「ザ・フォーラム・ショップス・アット・シーザーズ」は、ティファニー、ルイ・ヴィトン、クロムハーツなどのハイブランドも揃う人気ショッピングモール。ショッピングモール内では無料で楽しめるショーも毎日行われています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

2日目夜:ショー&絶叫アトラクション

2日目夜:ショー&絶叫アトラクション

写真:舟津 カナ

地図を見る

ラスベガスの有名なショーのほとんどは、1日2回公演を行っています。ただし、ショーによっては休演日が決まっているので、事前に見たいショーの情報を収集しておきましょう。ショーのチケットは当日空席があれば販売されていますが、人気のものはソールドアウトになることも!事前に購入するのがベター。

目的のショーがなく、「ラスベガスで何かショーが見たい!」という人は、チケットが格安で購入できる「Tix4Tonight」や「TICKETS ON DEMAND」で当日購入するのがよいでしょう。運が良ければ格安でシルクドソレイユのショーのチケットも購入できます。

2日目夜:ショー&絶叫アトラクション

写真:舟津 カナ

地図を見る

「不夜城」と呼ばれるだけあり、ラスベガスのアトラクションは夜遅い時間まで運営。
ラスベガスの一番人気の絶叫アトラクション「ストラトスフィア」は平日1時、週末は2時まで。世界一の大きさを誇る「ハイローラー」の観覧車は2時までオープンしているので、ショーの後でも楽しめます。両アトラクションは高い場所にあるので、絶好の夜景スポットです。

アトラクションに興味がない人はカジノにチャレンジしてみるのもあり!テーブルは多少ルールや英語力が必要になりますが、スロットは初心者でもチャレンジしやすいですよ。
ただし、カジノは21歳から。日本人は若く見られるのでカジノをしているときパスポートの提示を求められることがあります。必ず身分証明書は持参しましょう。

<ストラトスフィアの基本情報>
住所:2000 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89104

<ハイローラーの基本情報>
住所:3545 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109

3日目帰国日:ゆっくりプールもしくはショッピング

3日目帰国日:ゆっくりプールもしくはショッピング

写真:舟津 カナ

地図を見る

ストリップ沿いやダウンタウンラスベガスのホテルは、プールにも力を入れており、流れるプール、波が出るプール、サメが泳ぐタンクにスライダーできるプールなどさまざまな特徴があります。

もし、行く時期が夏ならば最終日はホテルのプールでゆっくりするがおすすめ。もしくは、買い物が好きな人は最後の買い物を楽しむのもよいでしょう!

3日目帰国日:ゆっくりプールもしくはショッピング

写真:舟津 カナ

ラスベガスはブッフェが有名ですが、ブッフェ以外にも予算に合わせてジャンクフードを食べに行くことも、ちょっとリッチにドレスアップしてご飯に行くこともでき、バラエティーに富んだ食旅が楽しめます!

もちろん、バーガーなどのアメリカンフード以外にもイタリアンやフレンチなどさまざなジャンルの食事が堪能できるのも魅力のひとつです。

初めてだからこそ欲張りに楽しもう!

ラスベガスはエンターテイメント、買い物、食と3拍子楽しめる場所です。観光場所がギューっと集中しているので、移動時間が少なく、2泊だけでも十分楽しめます。

もし、もう少し滞在が長い場合は、足を延ばしてグランドキャニオンやアンテロープキャニオンへ向かうのもおすすめです。

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/08/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -