屋外アートを楽しもう!兵庫県立美術館で現代アートを満喫

屋外アートを楽しもう!兵庫県立美術館で現代アートを満喫

更新日:2020/01/06 13:07

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員
神戸市の兵庫県立美術館といえば、小磯良平や金山平三など、兵庫県ゆかりの作家の作品や現代アートに力を入れた美術館として知られています。しかし、展示作品は館内にだけあるわけではありません。何と屋外の展示作品は無料で鑑賞することができる上、港町・神戸ならではの雰囲気や六甲の山々まで眺められます。今回は兵庫県立美術館とその周辺に見られる屋外の現代アートをご紹介しましょう。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

2002年にオープンした兵庫県立美術館

2002年にオープンした兵庫県立美術館

写真:乾口 達司

地図を見る

兵庫県立美術館は兵庫県神戸市にある美術館。摩耶埠頭周辺を再開発して誕生した「HAT神戸」の中心的な施設で、2002年にオープンしました。収蔵品は7000点以上。小磯良平や金山平三といった兵庫県ゆかりの作家の作品が常設展として観覧できるほか、特別展も定期的にもよおされています。

2002年にオープンした兵庫県立美術館

写真:乾口 達司

地図を見る

建物は建築家の安藤忠雄によって設計されています。写真は地下と地上とをつなぐ螺旋階段を撮影したものですが、こういった趣向からも、建物自体が単なる作品の展示スペースではなくアート作品となっているといえるでしょう。

2002年にオープンした兵庫県立美術館

写真:乾口 達司

地図を見る

兵庫県立美術館では、現代アートの紹介にも力を入れています。たとえば、美術館の屋上に注目!巨大なカエルを模したものが顔をのぞかせているではありませんか。もちろん、これもアートの一つ。オランダ人の芸術家フロレンティン・ホフマンによってデザインされたテント生地製の風船立体アートで、幅約10メートル、高さ約8メートルもあります。

屋外に置かれた「青いリンゴ」

屋外に置かれた「青いリンゴ」

写真:乾口 達司

地図を見る

先にご紹介したように、兵庫県立美術館の魅力は何も館内の展示スペースにだけあるわけではありません。たとえば、こちらのオブジェ。「青いリンゴ」と呼ばれている作品で、直径2.5メートルの球体。「海のデッキ」と呼ばれる3階の屋外部分に設置されています。

屋外に置かれた「青いリンゴ」

写真:乾口 達司

地図を見る

作者は兵庫県立美術館を設計した安藤忠雄。老境に達してなお青春について語ったアメリカの詩人サミュエル・ウルマンの詩から着想した作品で、成熟よりも未熟、未完成であり続けることの大切さをモチーフにしています。

ヤノベケンジや今村輝久の作品

ヤノベケンジや今村輝久の作品

写真:乾口 達司

地図を見る

美術館の南側には「大階段」と呼ばれる階段状のスペースが設けられています。そこに屹立しているのが、写真のオブジェ。現代美術作家ヤノベケンジによって製作された作品で、作品名は「サン・シスター」。その後、愛称の公募がおこなわれ、いまでは愛称の「なぎさ」の方が神戸市民には親しまれているのではないでしょうか。

高さは6メートルもあり、近くから見上げると迫力がありますよ。

ヤノベケンジや今村輝久の作品

写真:乾口 達司

地図を見る

こちらは今村輝久の作品「不在の中のかたち26」。こういったアート作品があちらこちらにあるので、美術館の内外を探索してみましょう。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

これは何!?「ミュージアムロード」に出現する椿昇の作品

これは何!?「ミュージアムロード」に出現する椿昇の作品

写真:乾口 達司

地図を見る

美術館から北にのびる道路は「ミュージアムロード」と呼ばれており、北進すると、王子動物園へといたります。そのミュージアムロードに突如出現するのが、こちらの作品。西宮市在住の芸術家・椿昇の作品で「PEASE CRACKER」と呼ばれています。全長約8メートル、高さ4メートルもある大作ですが、そのあざやかな色彩と謎めいた造型が見るものに強烈なインパクトを与えます。

風景も楽しもう!海や山の様子

風景も楽しもう!海や山の様子

写真:乾口 達司

地図を見る

美術館の南側はもう海。といっても、倉庫が立ち並び、阪神高速5号湾岸線が走る光景は風光明媚といった表現とはおよそかけ離れていますが、そのぶん、港町・神戸ならではの雰囲気を伝えています。

付近はなぎさ公園と呼ばれており、ご覧のように遊歩道も設置されています。アート作品を堪能した後は、気分転換に海沿いを散策してみてはいかがでしょうか。

風景も楽しもう!海や山の様子

写真:乾口 達司

地図を見る

一方、美術館からは六甲の山並みもご覧いただけます。間近に迫った山のふもとまで建物が林立している様子も神戸ならではですよ。

兵庫県立近代美術館とその周辺地区がいかに魅力に富んだところであるか、おわかりいただけたでしょうか。今回、ご紹介した作品はいずれも入館料を必要としないスペースに展示されているため、自由に見てまわることができますよ。兵庫県立近代美術館でさまざまなアートをご堪能ください。

兵庫県立美術館の基本情報

住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号
電話番号:078-262-0901
アクセス:JR灘駅より徒歩約10分

※今回ご紹介した屋外展示の作品は、無料で鑑賞できます。

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。


LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/12/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -