あべのハルカスのてっぺん!「ハルカス300ヘリポートツアー」へ行こう!

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

あべのハルカスのてっぺん!「ハルカス300ヘリポートツアー」へ行こう!

あべのハルカスのてっぺん!「ハルカス300ヘリポートツアー」へ行こう!

更新日:2014/05/22 18:12

礼 不二子のプロフィール写真 礼 不二子 気まま旅ブロガー

大阪市阿倍野区の日本一の超高層ビル「あべのハルカス」。2014年3月7日オープン以来、驚きと癒しの空間「ハルカス300」展望台は、注目の的となっています。その「ハルカス300」展望台では、5月7日からオプショナルの「ハルカス300ヘリポートツアー」が実施されています。
360度パノラマの爽快感を味わえるこの話題のツアーへ行ってみましょう!

申込は60階インフォメーションカウンター

申込は60階インフォメーションカウンター

写真:礼 不二子

地図を見る

「ハルカス300ヘリポートツアー」は「ハルカス300」入場後のオプショナルサービスとなります。申込は当日、60階インフォメーションカウンターにて。「ハルカス300」への入場前や事前予約はできません。人数限定のサービスなので希望の方は入場後すぐにインフォメーションカウンターで、コースの空き状況を確認する事をお勧めします。

申込時に料金のお支払い・注意事項説明の後、リストバンドが貰えます。ヘリポートツアー出発の5分前に、インフォメーションカウンター横の集合場所にリストバンドを付けて集まりましょう。

手荷物は出発前に無料のコインロッカーへ預け入れ、カメラ等は持ち込み大丈夫ですが、両手が空くようにストラップで下げた方が安心です。強風にさらされる可能性がありますので、ヘリポートでの帽子や傘の使用は危険!
充分にお気をつけください。

空に手が届きそう!「ハルカス300ヘリポート」

空に手が届きそう!「ハルカス300ヘリポート」

写真:礼 不二子

地図を見る

この写真は58階のウッドデッキフロアから撮影したもの。ここからヘリポートを見上げていると「ハルカス300ヘリポートツアー」へのワクワク感倍増です。あべのハルカスのてっぺんにあるヘリポートは、本当に空に手が届きそうな感じです。

ハルカスのてっぺんは、非日常的な空間

ハルカスのてっぺんは、非日常的な空間

写真:礼 不二子

地図を見る

60階フロア西側から、ヘリポートへ上がる階段は60段。手で手すりをしっかり持って上がります。ヘリポートへ到着した瞬間はテンションがあがって記念撮影!と行きたいところですが、まず中央の円の中に集まって係員の方から注意事項の説明があります。

案内人の方の、丁寧かつテンション盛り上げてくれる説明を聞いた後に、各々で写真撮影!有料のフォトサービスもあります。グループごとに撮影してくれ、ツアー終了後に受け取り可能です。ハルカスのてっぺん!地上300mから雄大な景色が360度!爽快感を感じる光景が目の前に広がります。全てを見下ろすことのできる光景は、本当に非日常的な空間です。

ヘリポートから見える展望フロア

ヘリポートから見える展望フロア

写真:礼 不二子

地図を見る

ヘリポートから展望フロアを眺める事もできます。ヘリポートツアーの最後に全員で、展望フロアの皆さまに向かって「お手振り」をするという楽しい企画もあります。柵に手を触れる事ができないのと、柵に近付いての写真撮影が不可の為、ヘリポートから展望フロアの写真撮影には限界がありますのでご注意ください。

手すりをしっかり持って階段を降りましょう

手すりをしっかり持って階段を降りましょう

写真:礼 不二子

地図を見る

滞在時間約15分〜20分。爽快感と非日常感を感じるヘリポートツアーは終了です。60段の階段を手すりをしっかり持って、60階フロアへと降りて行きます。「地上300mの景色を見ながら階段を降りるのは怖い」と思われる方もいらっしゃるかもですが、数段降りたら建物の中に入るのでご安心ください。

最後に

爽快感と非日常感を味わえるヘリポートツアーですが、日陰が全くないので、紫外線対策は万全で臨んでくださいね。ヘリポートでの写真撮影に従業員は対応してくれませんので、お客様同士で写真を撮りあいしてください。

「ハルカス300ヘリポートツアー」の詳細は、以下[MEMO]の「あべのハルカス」よりチェックして下さい!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ