シドニー・ハーバーの絶景を見渡す「タロンガ動物園」

シドニー・ハーバーの絶景を見渡す「タロンガ動物園」

更新日:2019/12/18 17:07

Mayumi Iwasakiのプロフィール写真 Mayumi Iwasaki シドニー在住・建築好きフォトグラファー&ライター
シドニーの人気観光スポットの1つ「タロンガ動物園」は、オーストラリアの固有種のコアラやカンガルーなど様々な動物達と触れ合えるだけではなく、ハーバーブリッジやオペラハウス、美しいシドニー湾を見渡せる絶景スポットとしても人気の動物園です。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

フェリーで行ける「タロンガ動物園」

フェリーで行ける「タロンガ動物園」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

1916年に開園した100年以上の歴史がある「タロンガ動物園」は、シティからも近くアクセス抜群。気軽に動物と自然に触れられることで地元民や観光客にも人気の動物園です。

そんなタロンガ動物園に向かうなら、筆者のオススメは断然「フェリー」。Circular Quay(サーキュラー・キー)のフェリー乗り場から「Taronga Zoo(タロンガズー)」行きに乗れば12分で到着です。お天気のいい日は外の甲板にあるベンチに座ると、ハーバー・ブリッジやオペラハウスの景色が楽しめてクルーズ気分も味わえてしまいます。

フェリーで行ける「タロンガ動物園」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

離れて行くシティのビル群や、緑豊かなノースシドニーの街並みを眺めていると、あっという間にタロンガ動物園に到着です。28haある緑豊かな小高い丘には、オーストラリ固有種を始め350種類、4,000頭以上の様々な動物達が生息しています。

フェリーで行ける「タロンガ動物園」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

動物園の入場チケットは、是非公式ホームページなどで予め購入しておきましょう。園内のチケットカウンターよりも公式ホームページでネット購入する方が10%安く購入できます。更に各種ツアーサイトでは入場チケットとフェリー乗車券がセットになったものなども販売しています。

因みに誕生日に訪れると入場料が$1.00(¥75)になるという特典もあるので、お誕生日の方はHP上で申し込み、パスポートなどのIDを持って訪れましょう。
「誕生日特典」の申し込みは、関連MEMOのリンクをご参考にしてください。

動物園を見下ろすゴンドラ「Sky Safari(スカイサファリ)」

動物園を見下ろすゴンドラ「Sky Safari(スカイサファリ)」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

入場口に向かうには「バス」と「ゴンドラ」の2つのルートがありますが、オススメは「ゴンドラ」の「Sky Safari(スカイ・サファリ)」。予めネットで購入しておいた入場チケットを見せるだけで、ゴンドラが片道無料で乗車できます。海の向こうに広がるシドニー・シティの絶景や様々な動物達を見下ろして、ワクワクしながら頂上に向かいましょう。

動物園を見下ろすゴンドラ「Sky Safari(スカイサファリ)」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

タロンガ動物園は高低差のある広大な丘の上にあるので、頂上にあるゴンドラ乗り場から下へ降るように巡り、最終的には麓にあるフェリー乗り場出口から出るルートが体力的にも無理なく回れます。

ゴンドラを降りるとすぐチケットセンターやカフェテリア、お土産屋さんがありますが、そちらには行かず右に降りて動物園のエントランスに向かいましょう。チケット(プリントアウトやスマホの画面)を見せ、腕にスタンプを押してもらっていよいよ入場です。

動物園を見下ろすゴンドラ「Sky Safari(スカイサファリ)」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

タロンガ動物園内は「オーストラリア固有種」など生物地理学的に分けられた8つのエリアで構成されています。広い敷地に様々な動物がいるので、必ず地図をもらってお目当の動物の場所やイベントの時間を確認しながら向かいましょう。

コアラやカンガルーなどの「オーストラリア固有種」

コアラやカンガルーなどの「オーストラリア固有種」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

オーストラリアと言ってまず思い浮かべる動物「コアラ」ですが、タロンガ動物園にはコアラのいるエリアが2つあります。1つは入り口を入って右手にある建物内、もう1つは「Wild Australia(オーストラリア固有種)」内にある有料で記念撮影ができるエリアです。

実はコアラはオーストラリア国内で絶滅が危ぶまれるデリケートな動物なので、現在州毎に保護する条例が制定されています。シドニーのあるニュー・サウス・ウェールズ州は条例で「コアラの抱っこ」は禁止していますが、ユーカリの木の上でお昼寝するコアラの愛くるしい姿を眺めているだけでもとても癒されます。

コアラやカンガルーなどの「オーストラリア固有種」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

コアラの後は「オーストラリア固有種」のカンガルーやワラビー、エミューが放し飼いされている「Wild Australia(ワイルド・オーストラリア)」に向かいましょう。エリア内は「動物の行動をできる限り制限しない」と理由から、人と動物の間に柵を設けていません。手で触れられそうな距離で、ご飯を食べたりお昼寝している動物達の自然な姿が観察できます。

コアラと記念撮影(有料)ができる「Koala Encounter(コアラ・エンカウンター)」があるのもこのエリア。それ以外にもオーストラリアにしかいないカモノハシやタスマニアンデビルなどの珍しい動物達にも出会うことができます。オーストラリアに訪れたら絶対に外せないエリアです。

コアラやカンガルーなどの「オーストラリア固有種」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

タロンガ動物園は散策路にもテーマに沿った緑が生い茂り、動物の鳴き声や鳥のさえずりも聞こえるので、まるで森に迷い込んだような気分が味わえます。散策路の森の中に張られたロープや吊り橋の上を渡る「Wild Ropes(ワイルド・ロープス)」は、アクティビティを楽しみながら動物達を見下ろせる人気のアトラクションです。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

キリン、象、ゴリラなど「動物園の定番」

キリン、象、ゴリラなど「動物園の定番」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

「オーストラリア固有種」エリアのから坂を降りると、動物園の人気者である、長い首とスラリと伸びた脚がダイナミックな「キリン」がいます。そんなキリンと間近で触れ合いながら餌やりを体験したい方は「Giraffe Encounters(ジラフ・エンカウンター)」という人気アトラクション(有料 / 予約制)もあるので、参加してみてはいかがでしょうか。

キリン、象、ゴリラなど「動物園の定番」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

キリンエリアの西側には、広々としたニシローランドゴリラのエリアが広がります。飼育員さんによるゴリラ一頭一頭の紹介や生態を説明する「Gorilla Keeper Talk(ゴリラ・キーパー・トーク)」も、たくさんの人で賑わう人気のショー。生まれたばかりの赤ちゃんや、子供を抱えながら餌を採るお母さんゴリラの様子など、所々人間らしい動作が垣間見えるのも面白いです。

キリン、象、ゴリラなど「動物園の定番」

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

動物園南西のゴンドラの下には「アジア象」のエリアがあり、オーストラリアで初めて生まれたという子象達もいます。「Elephant Tower Open(エレファント・タワー・オープン)」と呼ばれる象舎の脇にある櫓に登るアトラクションは、象を見下ろしながらシドニー湾やシドニーのビル群など絶景も楽しめるのでオススメです。

動物の自然な姿が観察できる展示方法

動物の自然な姿が観察できる展示方法

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

タロンガ動物園には他にも、人気のアルパカやクォッカがいる「Kids Trail(キッズトレイル)」エリアや、人気のアザラシショーが行われている「Seal Walk(シール・ウォーク)」など、今回の記事ではご紹介し切れないほどの様々なアトラクションがあります。

動物の自然な姿が観察できる展示方法

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

園内にはハーバーが見渡せる絶景レストラン「View」やフードマーケットもありますが、残念ながらお値段は少々お高め。ベンチとテーブルが置かれたスペースやピクニックエリアも点在しているので、お天気のいい日はお弁当を持って海を眺めながらピクニックもいいですね。

動物の自然な姿が観察できる展示方法

写真:Mayumi Iwasaki

地図を見る

オーストラリア先住民「アボリジナル」の言葉で「美しい水の眺め」という意味を持つ「Taronga(タロンガ)」動物園は、その名の通り壮大なシドニー湾を見下ろす絶好のロケーションにあります。フェリーに乗ってハーバー・クルーズをしながら、動物の自然な姿を観察できる絶景の「タロンガ動物園」に訪れてみましょう。

タロンガ動物園の基本情報

住所:Bradleys Head Rd, Mosman NSW 2088
電話番号:+61-2-9969-2777
営業時間:月-日 9:30〜17:00
入場料:大人 $49.00 / ¥3,685(※HP予約の場合、10%off)
アクセス:
「Circular Quay(サーキュラーキー)」の4番埠頭からF2フェリーで12分
「Town Hall(タウンホール)」のKバス停からM30バスで30分。他にも「Central(セントラル)」「Wynyard(ウィンヤード)」駅からも乗車可

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -