高級リゾートでお得に宿泊!コロラド州ベイル「ロッジタワー」

高級リゾートでお得に宿泊!コロラド州ベイル「ロッジタワー」

更新日:2019/12/20 11:20

ザーカー 久美子のプロフィール写真 ザーカー 久美子 アメリカ在住ライター、歌人、フローリスト、馬愛好家
アメリカ屈指のスキーリゾート・コロラド州ベイルは、広大なゲレンデや美しい林間コースなどスキーヤー&スノーボーダーが一生に一度は訪れたい憧れの地。もちろん、春〜秋にかけてもアウトドア・アクティビティや欧州の山岳リゾートを思わせる町でショッピングやグルメが満喫できます。

今回は、高級リゾートでリーズナブルに宿泊OKの「ロッジタワー」をご紹介。山麓のコンドミニアムから白銀&新緑の世界へレッツ、ゴー!

米国を代表するスキーリゾート&避暑地コロラド州ベイル

米国を代表するスキーリゾート&避暑地コロラド州ベイル

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

スキーリゾート&避暑地として名を馳せるコロラド州ベイル。日本からは直行便が州都デンバーへ就航しており、そこから車でおよそ2時間、またはロサンゼルスなどを経由してイーグルベイル空港 (Eagle Vail Airport) から車で30分ちょっとの距離にあります。

ベイルはスキーリゾートとして開発された町で、ヨーロッパの山岳リゾートにインスパイアされた愛らしい町並みは、まるでテーマパーク!

米国を代表するスキーリゾート&避暑地コロラド州ベイル

提供元:Pixabay

https://pixabay.com/

ベイルと言えばアメリカを代表するスキーリゾートで、普通ならヘリスキーでしか滑れないような広大なゲレンデや針葉樹林の美しい林間コースなど実に195本ものコースがあり、最長はなんと6.4km!初心者〜上級者まで思いっきりウィンタースポーツが楽しめます。しかも、ふわっふわの極上パウダースノー!気持ちよく滑れること間違いなしです。

米国を代表するスキーリゾート&避暑地コロラド州ベイル

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

山麓にある2つの繁華街・ベイルビレッジ (Vail Village) とライオンズヘッド・ビレッジ (Lionshead Village) は徒歩で約20分、または無料のシャトルバスで気軽に行き来できます。アフタースキーはもちろん、春〜秋にかけてはトレッキングやラフティングなどアウトドア・アクティビティの拠点となるショッピング&ダイニングエリアです。

レストランでは「ファーム・トゥ・テーブル (Farm to Table : 地産地消) 」の新鮮な食材を使った美味しい食事やロッキー山脈の雪解け水から作られた地ビールがいただけますよ。

高級リゾートで遊びたいけど宿泊費はなるべく抑えたい、という方におススメしたいのが今回ご紹介する「ロッジタワー (Lodge Tower) 」です。

山の目の前に建つコンドミニアム「ロッジタワー」

山の目の前に建つコンドミニアム「ロッジタワー」

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ベイルビレッジにある「ロッジタワー」は、ベイル山 (Vail Mountain) の目の前に建つモダンなロッジ風コンドミニアムです。スキー&スノーボードやトレッキングの出発点となるゴンドラワン (Gondola One) まで実に100mの距離という好立地。徒歩数分でショップやレストランの連なるメイン通りにも行けるので、お買い物やグルメも気軽に楽しめますよ。

ホテル同様のサービスが受けられるのにカテゴリーが「コンドミニアム」のため、リゾートフィーがかからないのも嬉しいところ。

くつろぎの部屋から絵画的な景色を望む

くつろぎの部屋から絵画的な景色を望む

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

部屋はゆったりとした居心地の良い空間となっています。キッチンつきの部屋もあり、長期滞在したい人にもぴったり。

くつろぎの部屋から絵画的な景色を望む

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

窓からはベイル山を望むことが出来ます。緻密な風景画のような景色に見入ってしまうことでしょう。

くつろぎの部屋から絵画的な景色を望む

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

浴室はコンパクトながら清潔。熱いシャワーで長距離フライトの疲れを洗い流してくださいね。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ベイル的露天風呂で湯ったり

ベイル的露天風呂で湯ったり

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ウィンタースポーツやアウトドア・アクティビティで疲れたら、温水プールやジャグジーでリラックス。素晴らしい景色を眺めながら露天風呂気分が味わえますよ。入口の扉はコードを入力しないと開かないので、受付で確認してから出かけましょう。館内にはフィットネスセンターも完備。

旅の1日は無料の朝食からスタート!

旅の1日は無料の朝食からスタート!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

暖炉が目を引くラウンジでは無料で朝食がいただけます。

旅の1日は無料の朝食からスタート!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

種類はさほど多くありませんが、美味しい朝ごはんでしっかり栄養補給。朝食会場の出入口には給水器があるので、水筒や空のペットボトルを満たしてから、アウトドア・アクティビティへ出発しましょう。

コロラド州ベイル「ロッジタワー」のまとめ

いかがでしたか?リーズナブルなうえにリゾートフィーのかからない「ロッジタワー」は、宿代を抑えたい方にぴったりの宿泊施設。ゴンドラやメイン通りに徒歩圏内なのも嬉しいですよね。山麓のコンドミニアムからウィンタースポーツやアウトドア・アクティビティを満喫してくださいね。

<一旅一首>
味くらべしながら通った通学路 塀や畑につもった雪の

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/07/20−2019/07/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -