台湾での甘い滞在をお約束?「タイシュガーホテル 台北」

台湾での甘い滞在をお約束?「タイシュガーホテル 台北」

更新日:2020/01/22 15:30

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター
台北市内で数日程度の滞在を考えているのなら、交通至便な台北駅周辺で探したいところです。しかし、そのあたりには宿泊施設が星の数ほどあるため、予約したホテルが本当にリーズナブルかどうかは、実際に泊まってみないとわかりません。
そこでお勧めしたいのが、若者の街、西門町近くにある「タイシュガーホテル 台北」です。その名のとおり、シュガーのようなスイートな滞在が期待でき、裏切られることはありませんよ。

タイシュガーとは?

タイシュガーとは?

写真:やま かづ

地図を見る

「タイシュガーホテル 台北(Taisugar Hotel)」、何やら甘い名前で、シュガー(Sugar)=スイート(Sweet=Suite)と、甘くて快適なホテルを連想してしまいます。

実はタイシュガーとは、台湾の大手企業である台湾糖業公司(台糖=Taiwan Sugar Corporation)のことです。かつて台糖は砂糖の製造、輸出を主要な事業としていましたが、今では生活関連物品の小売り、バイオ農業、観光産業など、多角経営を行っています。

そんな台糖が所有しているオフィスビルに入居しているのが「タイシュガーホテル 台北(台糖台北会館)」で、地下4階、地上21階建てのオフィスビルのうち、1階から4階までがホテルとして営業しています。

オフィスビルだからこそ、セキュリティは万全

オフィスビルだからこそ、セキュリティは万全

写真:やま かづ

地図を見る

「タイシュガーホテル 台北」のエントランスは、台北市内を南北に走る中華路沿いにあり、一歩足を踏み入れると、2方向に大きなガラス窓を配したロビーがあります。

また、オフィスに通じるエントランスは建物の南側にあり、ホテルフロアとオフィスフロアには、それぞれ専用のエレベーターが設置されています。そのため、オフィスフロアから直接ホテルの客室には移動できません。
もちろん、ルームキー(カード)を使ってホテルのエレベーターを作動させる仕組みになっているため、セキュリティ面の心配はありません。

オフィスビルならではの客室コンセプト

オフィスビルならではの客室コンセプト

写真:やま かづ

地図を見る

「タイシュガーホテル 台北」には、実に豊富な客室のバリエーションがあります。ビジネススイート、ファミリー3人部屋(シングルベッド3台)、ファミリー4人部屋(ダブルベッド2台)、デラックス、スタンダード、クラシックなど、業務出張のみならず家族やグループ旅行にも使えるように工夫がされています。

ただ、オフィスビルのフロアをホテルとして転用しているので、客室レイアウトの制限上、どうしても窓なしの部屋が多く存在してしまいます。しかし、昼間は外出するため、暗くなってからしか部屋に戻らないという方にとっては、部屋のグレードの割には料金が安く設定されているので、うれしいかもしれません。

オフィスビルならではの客室コンセプト

写真:やま かづ

地図を見る

「タイシュガーホテル 台北」の各ゲストルームには、自由に使えるアメニティグッズのほかにコンプリメンタリーも充実しています。

客室の片隅にあるミニバー付近には、多目的経営の一環として台糖ブランドを展開しているミネラルウォーターや栄養補助スナック、さらにホンジュラスの高地で栽培された希少性の高いコーヒーも置かれています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ローカルメニューも充実!無料の朝食ビュッフェ

ローカルメニューも充実!無料の朝食ビュッフェ

写真:やま かづ

地図を見る

「タイシュガーホテル 台北」の2階には、インターナショナルレストランの「Sweety House」があり、朝食ビュッフェを無料で提供しています。

洋食メニューはもちろんですが、台湾のローカルメニューも豊富で、黒糖や練乳の饅頭、大肉包(肉まん)はもちろんのこと、お粥や魯肉飯も自分流のトッピングでアレンジが楽しめます。

若者の街、西門町は目と鼻の先!

若者の街、西門町は目と鼻の先!

写真:やま かづ

地図を見る

「タイシュガーホテル 台北」の通りを挟んで向かい側には、若者のファッション&サブカルチャー文化の情報発信基地である西門町があります。狭い通りには、若者向けの雑居ビルが林立しており、雑貨や衣料のショップを初めとして、ファストフードレストランやカフェなどが軒を並べています。

さらに、夕方にもなると、どこからともなく若者が集まり初め、スナックの屋台が出現し、西門町は一つの大きな夜市のような雰囲気となります。

スイートな滞在!「タイシュガーホテル 台北」

若者の街、西門町近くにある「タイシュガーホテル 台北」ですが、建物の地下でもアニメの殿堂「Animate」が営業をしています。
週末や休日にもなると、コスプレをした若者が集まり、ホテルのエントランス付近はにわかに活気づきます。

そんな多岐にわたりスイート?な滞在が約束された「タイシュガーホテル 台北」、次回のホテルの第一候補として考えてみてはいかがでしょうか?

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/08−2019/11/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -