滋賀の隠れ絶景スポット「蛇谷ヶ峰」美しすぎる琵琶湖の雪景色

滋賀の隠れ絶景スポット「蛇谷ヶ峰」美しすぎる琵琶湖の雪景色

更新日:2019/12/24 10:39

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 日本深掘りサイクリスト、樹氷を愛する登山家、B級グルメ探訪家
滋賀と京都をへだてる比良山系。主峰の”武奈ヶ岳”を筆頭に、南北に標高1000m前後の峰々が連なります。四季を通じて関西のハイカーに人気を誇る山域ですが、密かに話題なのが冬!特に、比良山系の北端に位置する「蛇谷ヶ峰(じゃたにがみね)」は、雪稜の先に、雄大な琵琶湖と白く染まった滋賀を一望する雄大なパノラマが魅力です。琵琶湖の青と雪景色の美しいコントラストに感動する雪山ハイキングへ出掛けてみませんか?
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

眼下には美しい琵琶湖を望む「比良山地」

眼下には美しい琵琶湖を望む「比良山地」

写真:土庄 雄平

琵琶湖の印象が強い滋賀県ですが、実は県を取り囲むように山脈が発達しているのが特徴。東の鈴鹿山地、北の伊吹山や赤坂山、西の比良山地が該当し、登りやすく、素晴らしい景観が楽しめる山が多く存在します。

眼下には美しい琵琶湖を望む「比良山地」

写真:土庄 雄平

地図を見る

今回紹介する比良山地については、琵琶湖の眺めが素晴らしいのがポイント!新日本百名山に選ばれている主峰・武奈ヶ岳を筆頭に、関西ハイカーから大きな支持を得ています。琵琶湖バレイのロープウェイを利用すれば、打見山や蓬莱山へ簡単に登頂でき、初心者が登山を始めやすいコースが充実している点も嬉しいですね。

眼下には美しい琵琶湖を望む「比良山地」

写真:土庄 雄平

地図を見る

その中で比良山地北端に位置する「蛇谷ヶ峰(じゃたにがみね)」は、ややマイナーではありますが、趣深い山歩きが楽しめる山として知られます。特に冬には、山頂から広がる琵琶湖の雪景色の美しさを一目見ようと、多くの人が足を運ぶ知る人ぞ知る名山です。

鯖街道から登山開始!閉ざされた街道が美しい

鯖街道から登山開始!閉ざされた街道が美しい

写真:土庄 雄平

地図を見る

京都と福井をつなぐように縦に伸びる国道367号線「鯖街道」。かつて福井の海産物を京都に運ぶために使われた街道です。途中には熊川宿や朽木の集落など、歴史や自然が調和した風景が広がっており、ドライブをするだけでも癒されます。特に、鯖街道の支流の一つ・おにゅう峠は、近年紅葉名所として注目されているスポットです。

鯖街道から登山開始!閉ざされた街道が美しい

写真:土庄 雄平

そんな鯖街道ですが、京都と滋賀の県境にあたる花折峠を越えると、雪景色へと一変!実は鯖街道は、京都北山の山々と比良山地に挟まれた谷を呈しており、その秘境たる立地から、滋賀の中でも豪雪地帯となっています。

京都から距離は短いものの、その花折峠前後の景色のギャップはとても鮮烈です!早朝は路面凍結や雪が積もっていることもあり得るので、スタッドレスタイヤ(場合によってはチェーン)を準備しておきましょう。

静謐なブナ林を歩く!「蛇谷ヶ峰」

静謐なブナ林を歩く!「蛇谷ヶ峰」

写真:土庄 雄平

地図を見る

鯖街道を半分ほど走れば、街道随一の町・朽木に到着します。「道の駅 くつき新本陣」を越えたら左折して、登山口を目指しましょう!

今回紹介する「蛇谷ヶ峰」は、マイナーな山ながらも登山道が7つほど整備されているほど地元に愛されている名山です。初めて登る場合は、"くつき温泉てんくう"のあるグリーンパークか、朽木いきものふれあいの里から登るのが定番ルートとしてオススメ!

場所が分かりにくいため、上画像をクリックするか、関連MEMOで事前にチェックしてくださいね。

静謐なブナ林を歩く!「蛇谷ヶ峰」

写真:土庄 雄平

地図を見る

どちらのルートも基本的には、前半に比良山地を特徴づけているブナ林の中を進みます。斜面が緩いため危なくなく、フカフカな新雪の中を進めるので、慣れていない方も安心して登ることができるでしょう。

雪山ならではの静かな時間、自然と向き合うひとときは非日常の時間。雪というシチュエーションも冒険感覚を高めてくれますね。なお、ブナの隙間から垣間見える丹波高地の峰々も見応え抜群!

静謐なブナ林を歩く!「蛇谷ヶ峰」

写真:土庄 雄平

地図を見る

尾根沿いに前の登山者の足跡(トレース)をなぞりながら進むこと2時間ほど、突如ブナ林から抜け出すポイントが現れます。これこそ山頂が近いという目印です。フカフカの雪を踏みしめながら、青空へ向かって最後の登りを頑張ってくださいね!

なお、蛇谷ヶ峰は、地元の登山者は好んで登るものの、マイナーな山のため、雪量が極端に多い時、天候が悪い時は避け、また多くの登山者が登山をする土日を狙うのがオススメです。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

大パノラマの琵琶湖の雪景色!「蛇谷ヶ峰」山頂が絶景

大パノラマの琵琶湖の雪景色!「蛇谷ヶ峰」山頂が絶景

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして尾根を登り終わり、山頂へと到着すれば、そこには滋賀の象徴である"琵琶湖"を中心に、360度の圧倒的なパノラマが広がります。先ほどまでのブナ林からの景色のギャップが堪らなく、空と湖の青色と雪景色のコントラストがとても爽快です。

進んできた道を振り返れば、湖北の風景。赤坂山や箱館山、三十三間山など滋賀と福井の県境となっている峰々がアクセントとなっており、見応え抜群!

大パノラマの琵琶湖の雪景色!「蛇谷ヶ峰」山頂が絶景

写真:土庄 雄平

地図を見る

さらに少し南を望めば、高島市街の雪景色が見惚れるほど美しく、天気が良ければ、百名山"伊吹山"や日本三大霊山の一つ"白山"まで望むことも可能です。

それにしても、写真には収まりきらないほど広大な琵琶湖。ここまで迫力をもって琵琶湖が眺められるのは、絶妙な立地と標高を有している「蛇谷ヶ峰」ならではと言えるでしょう。この山に登れば、滋賀という世界とそのスケールを、身を以って感じられること間違いなし!

大パノラマの琵琶湖の雪景色!「蛇谷ヶ峰」山頂が絶景

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして最後に、山の名前の種明かしです。高島の雪景色をよく見ると、あることに気づくはず!そう、なんと雪景色が蛇の形をしているのです(笑)これこそ、この山が「蛇谷ヶ峰」と名付けられた所以だと言われています。降雪後に登山をすれば、蛇の形がくっきりと浮かび上がってきますよ。

景色も素晴らしく、最後にオチもあり、大満足の登山になること折り紙付き!下山後に、くつき温泉へと入って、体を温めたら最高の1日になるでしょう。

目の前には琵琶湖の雪景色!高島「蛇谷ヶ峰」

目の前には琵琶湖の雪景色!高島「蛇谷ヶ峰」

写真:土庄 雄平

地図を見る

琵琶湖を取り囲むように山々が連なる滋賀県。そこには、滋賀の山でしか見られない絶景が潜んでいます。特に今回紹介した比良山地「蛇谷ヶ峰」は、他の山々とは一線を画す琵琶湖の大パノラマが魅力!しかも、雪が積もる12月〜3月に登れば、空と琵琶湖の青色と雪景色の鮮やかなコントラスト、加えて山の名前の由来となった蛇の形をした谷地形を眺めることができます。

ぜひ一度、晴れた土日を狙って、長靴もしくはスノーブーツと防水ウェアを揃えて挑戦してみてくださいね!

蛇谷ヶ峰の基本情報

住所:滋賀県高島市朽木柏
アクセス:京都から登山口(グリーンパークor朽木いきものふれあいの里)まで車で1時間、登山口から往復約5時間。

※備考
・アイゼンは必須装備です。また冬山の稜線は風が一段と寒いため、防寒着には余裕を持っておくと良いでしょう。
・スニーカーでは冬山は登れません。防水性能をもったトレッキングシューズを持参しましょう。
・マイナーな山なので、事前に関連MEMOでルートの確認をお願いします。天候が悪い場合は登山を避けましょう。
・多くの登山者が登る土日に挑戦するのが安心できるのでオススメです。

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/02/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -