光のおもちゃと琵琶湖の夜景!「びわ湖大津館 イングリッシュガーデン」

光のおもちゃと琵琶湖の夜景!「びわ湖大津館 イングリッシュガーデン」

更新日:2019/12/27 12:19

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー
昭和9年建てられ大津市の有形文化財でもあるびわ湖大津館には、バラの花をはじめ四季の花々と美しい琵琶湖の景色が楽しめる「イングリッシュガーデン」が隣接しています。
このイングリッシュガーデンの冬の風物詩がイルミネーションです。年々美しく魅力が増すこのイベント、2019年12月1日〜2020年2月14日は「おもちゃ」をテーマに琵琶湖の夜景を背景に繰り広げられます。
※期間中休園日があります。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

びわ湖大津館

びわ湖大津館

写真:古都の U助

地図を見る

昭和9年に滋賀県初の国際観光ホテルとして建てられたびわ湖大津館(旧琵琶湖ホテル本館)。ホテル時代は多数の皇族や名士が滞在した名ホテルとして知られていました。
現在は大津市の有形文化財として、また、経済産業省の近代化産業遺産としても登録されています。

びわ湖大津館

写真:古都の U助

地図を見る

びわ湖大津館の中には売店やレストラン、市民ギャラリーなどがあります。売店には美しい花々をモチーフにした雑貨や地元のお菓子、レストランにはケーキセットやワッフルセット、カレーなどの軽食メニューなどがあります。もちろん素敵なコース料理のほかクリスマス特別ディナー(要予約)、新春ランチコース(要予約)などを利用することも。

びわ湖大津館

写真:古都の U助

地図を見る

売店では、滋賀県が発祥とされる「飛び出し坊や」やびわ湖をモチーフとしたグッズなどもありお土産にぴったり。

琵琶湖の夕景

琵琶湖の夕景

写真:古都の U助

地図を見る

こちらはびわ湖大津館のすぐそばにあるヨットハーバーの景色。夕方はウォーキングや犬の散歩などをされる方の姿も見られます。また、びわ湖大津館前にはびわ湖クルーズ・ミシガン号が寄港する崎湖畔公園港があります。

ボーダーガーデン&グラベルガーデン

ボーダーガーデン&グラベルガーデン

写真:古都の U助

地図を見る

イングリッシュガーデンは約5,900平方mもの広大な敷地があり、5つのゾーンそれぞれで滋賀県にキャンパスを持つ成安造形大学の学生さん達がデザインしたイルミネーションを見ることができます。こちらは「ボーダーガーデン」で、たくさんの光る絵本とクレヨンが配されています。

イングリッシュガーデンは12月中は9:00から16:00の間は無料開放され、その後17:00からイルミネーションタイムとして再び開園します。また、1月、2月の日中は冬季休園となるのでご注意下さい。

ボーダーガーデン&グラベルガーデン

写真:古都の U助

地図を見る

夕焼けを背景にした光る絵本も美しいですが、夜の闇の中で楽しむのも幻想的です。

ボーダーガーデン&グラベルガーデン

写真:古都の U助

地図を見る

こちら「グラベルガーデン」には、光る積み木や大きなスクリーンが設置されています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

琵琶湖の景色が美しいノットガーデン

琵琶湖の景色が美しいノットガーデン

写真:古都の U助

地図を見る

「ノットガーデン」では、アーチ越しにバラ園らしいイルミネーションを楽しむことができます。カラフルな球体のオブジェは楽しい雰囲気。ちなみに、ノットというのは結び目という意味。

琵琶湖の景色が美しいノットガーデン

写真:古都の U助

地図を見る

びわ湖大津館の大きな魅力のひとつは、目の前に広がる琵琶湖と比叡山から南に続く山々の光景です。昼間、夕方、夜景と甲乙つけがたい絶景が広がり、イルミネーションとのコラボレーションが素晴らしいです。

ランドスケープガーデンとガゼボ

ランドスケープガーデンとガゼボ

写真:古都の U助

地図を見る

「ランドスケープガーデン」には、連続テレビ小説『スカーレット』の舞台である滋賀県信楽町をイメージした緋色のイルミネーションコーナーも。良く見ると信楽焼きの狸の置物も置かれています。
画面中央に写るのは、夏には睡蓮の咲く池に架けられている太鼓橋。実際に渡ることができ、少し高い位置から琵琶湖の景色を見ることができます。

ランドスケープガーデンとガゼボ

写真:古都の U助

地図を見る

イングリッシュガーデンがあるのは柳が崎と呼ばれる琵琶湖に突き出した半島の部分で、その先端にはガゼボと呼ばれるカラフルに彩られた西洋風の東屋があります。

ランドスケープガーデンとガゼボ

写真:古都の U助

地図を見る

びわ湖大津館の周辺には、「滋賀県立柳が崎ヨットハーバー」のほか、物販や飲食店、地域特産品の販売店や交流スペースもある「ブランチ大津京」をはじめ、多くの大型店舗などが集中しています。
また近江神宮や日吉大社、三井寺や延暦寺といった寺社も集中していますので、初詣の際に訪れてみるというのもいかがでしょうか。

びわ湖大津館イングリッシュガーデンの基本情報

住所:滋賀県大津市柳が崎5-35
電話番号:077-511-4187(9:00〜19:30)
(レストラン直通:077-511-4180)
アクセス:JR大津京駅、京阪・近江神宮前駅から徒歩約15分
名神高速道路「大津IC」から車で約15分

イルミネーション期間:2019年12月1日(日)〜2020年2月14日(金)
※期間中休園日あり
(1月は1日から3日、および土日祝日のみの開園)
イルミネーション入園料:大人260円、小中学生・65歳以上100円
時間:17:00〜20:30

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/12/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -