「古河市ネーブルパーク」ポニー牧場に絵付け体験!キャビンも人気

「古河市ネーブルパーク」ポニー牧場に絵付け体験!キャビンも人気

更新日:2019/12/25 12:16

やまと ふみよしのプロフィール写真 やまと ふみよし アクティブシニアの旅行ガイド
茨城県古河市にあるネーブルパークは、東京ドーム約4個分もの広大な公園。園内には水遊びができる小川が流れ、アスレチック広場や、モグラになれる地下迷路に、乗馬ができるポニー牧場など様々な冒険や体験が楽しめます。自然豊かな公園は、冬のサザンカ、春の桜やツツジ、夏のキスゲなど四季折々の花も楽しめます。この他に、陶芸や木工が体験できる工芸館や、バーベキュー広場にキャンピングなど子供から大人まで楽しめます。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ネーブルパークは関東平野の真ん中にある公園

ネーブルパークは関東平野の真ん中にある公園

写真:やまと ふみよし

地図を見る

ネーブル(navel)とは英語で「へそ、中心」。公園は関東平野のほぼ中心にあり、また、子供は母のお腹の中で「おへそ」でつながっているため、親と子、人と自然を結びつける公園をコンセプトにネーブルパークと名がつけられました。公園は道を挟んで東西に分かれています。

東側は、太陽系をイメージした大地の広場や、アスレチック広場、バーベキュー広場に、宿泊研修施設の平成館や、宿泊キャンプが楽しいキャビンなど自然と触れ合う施設があります。西側は、地元のそば粉のお蕎麦屋さんや焼き立てパン屋さんなどのお店に、乗馬体験ができるポニー牧場や、釣り堀、ミニSLの他、アスレチック遊具のある芝生の広場など、明るい日差しの中で遊べる施設があります。

ネーブルパークは関東平野の真ん中にある公園

写真:やまと ふみよし

地図を見る

東側の雑木林には「涌く池」があります。大きな石から湧き出た水が小川になり園内を流れます。夏場は、楽しく水遊びをする子供たちでいっぱいです。

ネーブルパークは関東平野の真ん中にある公園

写真:やまと ふみよし

地図を見る

西側にあるミニSLも子供たちに大人気。1周123メートルをゆっくりと走るので乗りごたえがあります。

ポニー牧場で引馬や、乗馬、えさあげ体験

ポニー牧場で引馬や、乗馬、えさあげ体験

写真:やまと ふみよし

地図を見る

ポニー牧場には、ボンボンや、春馬、ダルタニアンなど7頭のポニーがいて、それぞれの生年月日や出身地、性格などのプロフィールが案内板で紹介されています。牧場では、引馬体験の他、10〜30分と時間で乗れる乗馬体験や、えさあげ体験、馬の出し入れやブラッシングができる厩務体験など、様々な体験ができます。

引馬は大人も利用できます。ヘルメット着用で引手と横でサポートしてくれる2名の係員がついてくれるので安心です。ポニーは、前足の肩までの高さが147センチ以下の馬の総称ですが、実際に乗ってみると、かなりの高さを感じます。4つの足で進む複雑な揺れは、電車や車の乗り心地とは違います。

ポニー牧場で引馬や、乗馬、えさあげ体験

写真:やまと ふみよし

地図を見る

長野県出身のボンボンは現在14歳。同じ牧場にいる春馬のママです。落ち着きがあり大人しい性格のため、引馬や乗馬体験、イベントなどで大活躍です。

ポニー牧場で引馬や、乗馬、えさあげ体験

写真:やまと ふみよし

地図を見る

厩舎も見学ができます。係員に声をかけて見学していると顔を出してきたのは好奇心旺盛なダルタニアン。なかなかのイケメンです。

絵付けや本焼を楽しめる「工芸館」

絵付けや本焼を楽しめる「工芸館」

写真:やまと ふみよし

地図を見る

陶器作りの工程は、粘土の成型、乾燥後素焼き、下絵付け、釉薬をかけた後本焼き、という流れです。工芸館では、成型から始める「本焼きコース」と、素焼きされた物に絵付けする「素焼きコース」の2つを体験できます。この他、材料を持ち込んで、電動ノコギリや、電動イトノコなどの工具で小物や家具を自由に作れる木工室があります。

本焼きコースは、成型、素焼き後絵付けの2つの工程があるので、完成まで2〜3ヶ月かかりますが、素焼きコースは、素焼きされた器に絵付けなので1〜2時間程度です。素焼きコースは、器に鉛筆で下書きをした後、工芸用絵具で色を付けます。本焼きされた器は、1〜2ヶ月後に、引き取り又は、着払い郵送で完成品とご対面です。

絵付けや本焼を楽しめる「工芸館」

写真:やまと ふみよし

地図を見る

素焼きコースは、皿、湯呑、茶碗、フリーカップ、貯金箱のいずれかを選んで絵付けします。工芸室にはイラスト集があるので、初めてでも心配ありません。

絵付けや本焼を楽しめる「工芸館」

写真:やまと ふみよし

地図を見る

絵具は、青、赤、黄色などの7色。これを混ぜて色付けします。絵付けから約1か月、釉薬を塗られ本焼きされた器は色鮮やかな出来栄えで驚きます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

アスレチック広場に地下迷路!バーベキュー広場もあります

アスレチック広場に地下迷路!バーベキュー広場もあります

写真:やまと ふみよし

地図を見る

アスレチック広場は、4階建ての展望タワーを中心に、丸太渡りやロープ登り、滑車付のロープで滑り降りるターザンロープなどが楽しめる子供たちの楽園。広場の地中には、全長173メートルの地下迷路があります。トンネルには、所々に地上に顔が出せるドームがあるので、モグラになった気持ちになります。

広場の隣には、テーブルとカマド付きのバーベキュー広場があります。テーブルタイプは、3つのカマドで20人程度まで利用できる大テーブルと、1つのカマドで10人程度まで利用できる小テーブルがあり、昼と夜の2部制となっています。鉄板や焼き網などの貸し出しや、薪や木炭の販売もあるので、食材と食器だけでバーベキューが楽しめます。

アスレチック広場に地下迷路!バーベキュー広場もあります

写真:やまと ふみよし

地図を見る

地下迷路の入り口は自然の洞窟のよう。ヘルメットを借りて地下探検の開始です。大人には少し狭いかも。

アスレチック広場に地下迷路!バーベキュー広場もあります

写真:やまと ふみよし

地図を見る

人気のバーベキュー広場はオフシーズンでも週末は沢山の利用者。昼の部は午前10時〜午後3時、夜の部は午後4時〜午後8時半です。

冷暖房完備のキャビンで快適キャンプ!宿泊施設の平成館も

冷暖房完備のキャビンで快適キャンプ!宿泊施設の平成館も

写真:やまと ふみよし

地図を見る

バーベキュ広場の隣には、丸太造りのキャビンがあります。各キャビンにはカマドとテーブルがあるので、ゆっくりとキャンプ料理が楽しめます。ログキャビンは、ロフトがある洋室の、定員4人のキャビンA棟と、定員6人のキャビンB棟と、10畳と12畳の和室2間のキャビンC棟の3タイプがあります。

各キャビンは、キッチン、バス、トイレはもちろん、エアコン、テレビ、冷蔵庫、電子レンジなどの家電、鍋やフライパンなどの調理器具、食器まで完備されています。また、タオルや歯ブラシ、寝間着の用意は必要ですが、バーベキュー広場と同じように、鉄板や焼き網の貸出があるので、手軽にキャンプが楽しめます。この他、食事も楽しめる宿泊研修施設の平成館もあります。バーベキュー広場とキャビンの予約は、キャンプセンター窓口及び電話、平成館は平成館窓口及び電話での予約・問い合わせです。

冷暖房完備のキャビンで快適キャンプ!宿泊施設の平成館も

写真:やまと ふみよし

地図を見る

キャビンA棟は、キッチンと、リビング兼寝室の2間に、ロフトがあります。天井にはシーリングファンがあるので暑い日も寒い日も快適です。

冷暖房完備のキャビンで快適キャンプ!宿泊施設の平成館も

写真:やまと ふみよし

地図を見る

平成館は、企業研修や出張の他、家族の旅行などにも利用できます。公園の木立に囲まれた平成館で静かな一夜が過ごせます。

ネーブルパークの基本情報

住所:茨城県古河市駒羽根620番地
電話番号:管理事務所 0280-92-8752、キャンプセンター 0280-92-7300
アクセス:新4号バイパス久能交差点から車で約10分、JR古河駅から大綱行きのバスで約20分ネーブルパーク前下車
入園時間:午前6時〜午後9時

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/12/13−2019/12/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -