天井のない美術館?ベルギー水の都「ブルージュ」中心地の観光まとめ

天井のない美術館?ベルギー水の都「ブルージュ」中心地の観光まとめ

更新日:2019/12/26 11:57

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家
ワッフル、チョコレート、ビールなどで知られる国ベルギー。実際どこにあるの?という方も多いのではないでしょうか。ベルギーはフランスとオランダに挟まれた日本の九州ほどの小国なのです。

その国の中でもブルージュは運河が縦横に流れるしっとりした中世の町並みが魅力!「ブルージュ歴史地区」の名称で世界遺産に登録されており「天井のない美術館」とも呼ばれています。先ずは中心地のマルクト広場周辺をご案内します。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

フランドル地方の水の都「ブルージュ」

フランドル地方の水の都「ブルージュ」

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ベルギー北西部に位置するフランドル地方の中でも西端に近いブルージュ。「ブルージュ」とは「橋」という意味があり、町を縦横に流れる運河には美しい橋がいくつも架けられ、フランドルの水の都ともいわれています。

かつて西ヨーロッパの第一の貿易港であった時代を経て、沈泥のため浅くなった水路に商船の出入りが不可能となった結果、ブルージュは閉ざされた町の中で中世の情緒たっぷりの景観をそのまま今に残しているのです。

フランドル地方の水の都「ブルージュ」

写真:Hiroko Oji

地図を見る

中世の頃には内港だったところは、現在「愛の湖公園」として当時の情緒豊かな風景が残されています。

運河と水門で仕切られた湖周りは緑豊かで物静かな公園となっていて、湖面では優雅に浮かび湖畔ではのんびり寛ぐたくさんの白鳥たちの姿が心癒してくれます。

フランドル地方の水の都「ブルージュ」

写真:Hiroko Oji

地図を見る

石畳で覆われた路地が町中を縦横に延びていて、両側にはまさに童話の世界に迷い込んだかのような家並みが続きます。

豪華な建物群が取り囲むマルクト広場

豪華な建物群が取り囲むマルクト広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

このブルージュの町の中心地がマルクト広場。ヨーロッパでも五指に入ると言われる美しい広場で、周囲を取り囲むのは階段状の切妻屋根を持つ商人達のギルド(業者の互助組合)ハウスとよばれる建物群。レンガ造りに窓飾りと屋根が可愛らしい童話の世界へと誘われる眺め。地上階にはカフェ・レストランはじめ銀行や土産物屋などが入っています。

豪華な建物群が取り囲むマルクト広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

そして広場の東側に堂々とそびえるのが、ネオゴシック様式の州庁舎(写真右)と360度のパノラマを楽しめる塔を持つヒストリウムの建物(写真左)。このヒストリウム内に観光案内所が入っていますので情報を得たい人は訪ねてみてください。

豪華な建物群が取り囲むマルクト広場

写真:Hiroko Oji

地図を見る

石畳で覆われた広場の中央に立つのはブルージュの英雄ヤン・ブレーデルとピーター・デ・コーニングの銅像。

何といっても鐘楼からの眺めは最高!

何といっても鐘楼からの眺めは最高!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

広場の南側でひときわ目立っているのは、13世紀から15世紀にかけて建てられた町のシンボル的存在の鐘楼です。

高さ83メートルの塔へは366段の石造りの狭い螺旋階段で上ることができます。途中の階では釣り鐘についての歴史や説明、また機械仕掛けの仕組みなどの展示があり休憩を兼ねて見学しながら上りましょう。途中からはさらに狭くなった木製の階段が続きます。

何といっても鐘楼からの眺めは最高!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

運動不足の方には少々ハードかもしれませんが、辿り着いた所からの眺めはご褒美もの!ブルージュの美しい町並みとフランドル地方の平原のパノラマが一気に疲れを吹っ飛ばしてくれますよ。

何といっても鐘楼からの眺めは最高!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

最上階では頭上にカリヨンが大小いくつもぶら下がっています。15分毎に鳴る音色にも耳を傾けてくださいね。

<鐘楼の基本情報>
住所:Markt 7,8000 Brugge
電話番号:+32-50-44-87-43
入場時間:9:30〜18:00(12/24・25は変更の可能性あり)

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

すぐそばのブルグ広場にも見どころが!

すぐそばのブルグ広場にも見どころが!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

マルクト広場の東側へ延びる通りを進むとすぐにビール博物館があり、その先の広場がブルグ広場。水曜日には朝市が開かれ、地元の人たちが買い物で賑わう一角です。

この広場を取り囲むのは旧裁判所、公文書館、市庁舎、聖血礼拝堂などのどっしりした建物達。中でも、白壁に金色の装飾が美しい公文書館は1537年完成のルネッサンス様式の建物で、正面に正義の像、左にモーゼ像、右にアーロン像が飾られています。

すぐそばのブルグ広場にも見どころが!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

公文書館の内部はカール5世を称えるために造られた自由ブルージュ博物館となっていて、黒大理石の暖炉がある部屋には王族の肖像画や絵画が壁に飾られ見事な木彫り彫刻が重厚感を醸し出しています。

<自由ブルージュ博物館の基本情報>
住所:Burg 11a,8000 Brugge
電話番号:+32-50-44-87-11
開館時間:9:30〜17:00(12/24・25は変更の可能性あり)

すぐそばのブルグ広場にも見どころが!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

広場の角には聖血礼拝堂があります。ここには12世紀の十字軍に参加したフランドル伯が、コンスタンチノープルから持ち帰ったと言われる「聖血の遺物」が奥の祭壇に納められています。タイミングが良ければ、司教様がその異物を手に祭壇で行う儀式にも参列することができます。

隣接の聖血博物館では礼拝式用の衣装や絵画、宝物、タペストリー、木彫り作品、フレスコ画、ステンドグラスなど見ることができます。

<聖血礼拝堂の基本情報>
住所:Burg 13,8000 Brugge
電話番号:+32-50-33-67-92
入場時間:9:30〜12:30、14:00〜17:30(12/24・25は変更の可能性あり)

市庁舎内にも入れます!

市庁舎内にも入れます!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

公文書館と聖血礼拝堂に挟まれて建っているのが市庁舎。1376年から1420年にかけて建てられたフランボワイヤン・ゴシック様式の見事な装飾の建物で、ベルギーで最も古い市庁舎の一つです。

この正面の壁面は聖書の物語や歴史上の出来事を表した像やレリーフで飾られており、見るだけでも一見の価値があります。

市庁舎内にも入れます!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

中に入って階段を上ると目の前に現れるのがゴシック様式のホール。カシワ材でできたアーチ形の天井に町の歴史を描いた壁一面の壁画が見事!一歩足を踏み入れた途端、立ち尽くしてしまうほどです。

市庁舎内にも入れます!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

奥の部屋では歴史についての展示や古書など見ることができます。

<市庁舎の基本情報>
住所:Burg 12,8000 Brugge
電話番号:+32-50-44-81-11
開館時間:8:30〜12:00、14:00〜17:00(12/24・25は変更の可能性あり)
定休日:日曜日

ブルージュではミュージアム・パス利用でお得な観光を!

情緒溢れる町並みを運河がぐるりと取り囲むブルージュの観光には、「ミュージアム・パス」というお得で便利な優れものが用意されています。3日間有効で市立の美術館や博物館など14か所の観光スポットに無料で入場できるというもので、観光案内所はじめ各観光スポットの窓口で購入できます。

ミュージアム・パスはここでご紹介したスポット(ヒストリウムは私立のため使えません)のほかに、グルーニング美術館、グルートゥーズ博物館、聖母教会、メムリンク美術館(隣接する修道院の薬局含む)、ゲントの門、聖ヤンハイス風車・・・と利用価値大ありです。

2019年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/12/03−2019/12/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -