粋な浅草観光!「東洋館」で芸人の話芸に陶酔、人気の寄席へ

粋な浅草観光!「東洋館」で芸人の話芸に陶酔、人気の寄席へ

更新日:2020/02/23 12:37

赤松 珠抄子のプロフィール写真 赤松 珠抄子 フォト・エッセイスト、インテリアデザイナー
東京観光で外せないのが、今、注目の浅草。モダンな商業施設と、古き良き時代のレトロ空間が共存しているのが魅力です。

中でも、浅草独自の文化、ナイツの漫才で注目を浴びる寄席演芸の聖地「東洋館」がオススメ!
1年365日公演があり、いつでも生の芸人さんに会えるのです。初めてでも満喫できる「東洋館」の魅力をご紹介します!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

日本の伝統芸能を堪能できる「東洋館」とは?

日本の伝統芸能を堪能できる「東洋館」とは?

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

浅草六区に位置する「東洋館」は、永井荷風が通ったことでも知られる、昭和26年開業のストリップ劇場「浅草フランス座」が始まり。
昭和34年「東洋劇場」になると、渥美清や東八郎などコメディアンが出演。
平成12年に都内唯一の“いろもの寄席”として「東洋館」が誕生します。“いろもの”とは落語以外の演芸の総称で、漫才やコント、ものまね、マジックなどのことです。

時代を超えて生きる続ける浅草のお笑いは、文化としても一見の価値あり!
ちなみに建物左側は、落語中心の浅草演芸ホールです。

日本の伝統芸能を堪能できる「東洋館」とは?

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

「東洋館」入口には、その日の出演者が紹介パネルで展示されています。気になる芸人さんがいたら、フラッと立ち寄るのも粋な見方ですね。

小さな女の子が「変な顔の人だ!」と指を差しているのは、師匠モノマネのオキシジェン。ここではテレビで活躍している芸人さんに、直に会えるのも魅力ですよ。

日本の伝統芸能を堪能できる「東洋館」とは?

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

さすがナイツ、別格ですね。大人気の芸人さんは、別パネルで紹介されています。

奥には、U字工事ののぼりも。他に、ハマカーンやコウメ太夫など漫才協会に所属している芸人さんは定期的に出演しているので、事前にホームページからスケジュールを確認することもできます。

ビートたけしがエレベーターボーイを務めた伝説の劇場

ビートたけしがエレベーターボーイを務めた伝説の劇場

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

チケット売り場は外から見えるので迷いません。購入後、隣のエレベーターで4階へ行きます。一見、何の変哲もない場所に見えますが、実はここ、伝説の空間なのです!

「東洋劇場」オープン時にエレベーターが設置され、ここでエレベーターボーイをしていたのが、ビートたけし。ここから始まったかと思うと、歴史を感じますね。

ビートたけしがエレベーターボーイを務めた伝説の劇場

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

4階に着いて階段を上がると、受付とロビーです。特にゲートはなく、「東洋館」のはっぴを着たスタッフさんが迎えてくれます。

チケットと引き換えに、香盤表(出番のスケジュール表)を貰います。約10分刻みで12時から16時30分まで、ずっと同料金で観られます。なんと贅沢な時間でしょうか!

ナイツの師匠ネタからのオキシジェンの師匠モノマネは必見!

ナイツの師匠ネタからのオキシジェンの師匠モノマネは必見!

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

中程の席からの眺め。十分、近いです!
ナイツはお客さんと会話をしたり、いじったりと盛り上げてくれるので、最前列も良い思い出になりますよ!

ナイツといえば、独特な師匠ネタが人気です。その師匠に実際、会えるのも「東洋館」ならでは、ですね。

ナイツの師匠ネタからのオキシジェンの師匠モノマネは必見!

提供元:オキシジェン

https://twitter.com/miyoshi9999地図を見る

ナイツの師匠ネタとセットで観ると奥深い、オキシジェンの師匠モノマネも必見です。表情だけでも笑えるので、前から数列目に座ればバッチリと見えますよ!

師匠モノマネは、舞台袖で師匠の芸を観ていたら自然と特徴が身に付いた、という熱心さから生まれたもの。それがモノマネへと昇華したのは、ピンクの三好博道とグレーの田中知史が青山学院大学の演劇サークル出身という、演技の基礎ができていたからでしょうね。ルーツを知ると、また面白い見方ができます。

ナイツの師匠ネタからのオキシジェンの師匠モノマネは必見!

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

師匠方が登場すると、会場は湧きますね。ナイツ→オキシジェン→本物の師匠、というゴールデンルートはオススメです!

「東洋館」は、笑いの潮流を体感できる場所。椅子に座ると、脈々と続く漫才の歴史を垣間見ているようで、日本の寄席演芸の生き証人になった気分です。感動が冷めないうちに、ロビーで内海桂子師匠の本などを購入するのもおつなもの。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ビールOK 芸人さんにバッタリ会えるのも「東洋館」ならでは

ビールOK 芸人さんにバッタリ会えるのも「東洋館」ならでは

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

ロビーをよく見るとビールの自販機があります。実はここ、ビールを飲みながら漫才を観てもOKなのです!

売店には音が気にならないおつまみもあるので、漫才の息吹を感じながらホロ酔いになれる、最高の時間を過ごせますよ!

ビールOK 芸人さんにバッタリ会えるのも「東洋館」ならでは

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

アルコールが飲めない人にも朗報です!

洒落が効いた「東洋館」オリジナルの羊羹「東羊羹」があります。おみくじ付きで、大吉がでたら「東洋館」の招待券がもらえますよ。可愛いイラスト入りなので、お土産にもなりますね。

ビールOK 芸人さんにバッタリ会えるのも「東洋館」ならでは

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

芸人さんとの距離が近いのも、ここならでは。師匠モノマネで人気を博しているオキシジェンが、ちょうど出待ちの方々と歓談中。サインや写真撮影など優しく応じてくれる、かなりの神対応です。

東京観光に来たら、浅草で芸人さんに会ってみては? ロビーにいれば必ず誰かに会えるので、ちょっとした穴場ですよ!

注目の若手芸人ユニット“浅草ニューウェーブ”を青田買い!?

注目の若手芸人ユニット“浅草ニューウェーブ”を青田買い!?

提供元:浅草ニューウェーブ

https://twitter.com/hashtag/浅草ニューウェーブ?f=live地図を見る

昼公演が終わったら、入れ替えで夜公演(別料金)もあります。お笑いや寄席演芸の初心者にオススメなのが“オキシジェン”“母心”“新宿カウボーイ”の3組からなる“浅草ニューウェーブ”です。

漫才協会の新ユニットで、分かりやすい笑いを届けています。それぞれの漫才や合同コント、コミカルなダンスまで幅広く網羅しているので、誰でも十分、楽しめますよ。

注目の若手芸人ユニット“浅草ニューウェーブ”を青田買い!?

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

日本舞踊の名取である嶋川武秀と眼鏡が似合うスマートな関あつしの“母心”は、歌舞伎の型を取り入れた漫才に定評があります。一番後ろの席からでも、動きが分かりますね。

会場全体を見ると右手に、かつての「フランス座」時代に踊り子さんが降りてきた階段が残っています。こういう所も要チェックです!

注目の若手芸人ユニット“浅草ニューウェーブ”を青田買い!?

写真:赤松 珠抄子

地図を見る

真ん中の列、最前列に座ると、この迫力!
黄×黒のスマートな石沢勤と赤×白の元気一杯かねきよ勝則の“新宿カウボーイ”はダジャレを散りばめた漫才で笑いを誘っています。鉄板の『ペン』ネタは季節を取り入れるなど意外と繊細で、見逃せません!

タイプの違う3組が織り成す“浅草ニューウェーブ”は、隔月で夜公演を開催中。次回は、2020年3月7日(土)。ここから笑いの世界を覗いてみるのもオススメです!

東洋館の基本情報

住所:東京都台東区浅草1-43-12 浅草六区交番前
電話番号:03-3841-6631
アクセス:
地下鉄浅草駅から徒歩約10分
つくばエクスプレス浅草駅から徒歩約30秒
料金:大人2,500円、学生2,000円、子供(4歳以上小学生まで)1,000円
※割引制度あり。14時以降 大人2,000円、学生1,500円、15時以降 大人1,500円
年末年始、GW、お盆は特別公演で+500円。チケットは当日券のみ

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -