地元民おすすめ和歌山ラーメン元祖の味!アロチ丸高中華そば

地元民おすすめ和歌山ラーメン元祖の味!アロチ丸高中華そば

更新日:2020/01/11 16:28

旅人間のプロフィール写真 旅人間 はらぺこライター、旅ブロガー
日本各地でご当地ラーメンが注目されていますが、和歌山ラーメンはその火付け役として人気を誇り、週末になると県外から多くの人がやって来ます。

和歌山ラーメンとは“昔ながらの中華そば”のこと。ルーツは諸説ありますが「アロチ本家丸高」が元祖の味といわれています。その味は豚骨醤油で、醤油ベースのコクのあるアッサリ感が特徴です。では、和歌山に来たら絶対に食しておきたい渾身の一杯を紹介しましょう。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

和歌山ラーメン元祖の味!アロチ本家丸高

和歌山ラーメン元祖の味!アロチ本家丸高

写真:旅人間

地図を見る

和歌山ラーメンは、日本全国のご当地ラーメンブームの火付け役といわれ、週末にはラーメン目的で県外からも多くの人がやって来る地元で愛される「中華そば」です。その味は豚骨醤油で、大きくは「醤油ベース」「豚骨ベース」に分類されます。

和歌山の中華そばのルーツは諸説ありますが、醤油の産地である湯浅が近いことから、戦前から醤油を主体とするスープが屋台で親しまれたのが始まりとされ、繁華街アロチ(新内)に店を構える「アロチ本家丸高」が、その元祖の味といわれています。

和歌山で人気の屋台の味は今も健在!

和歌山で人気の屋台の味は今も健在!

写真:旅人間

地図を見る

戦後には路面電車の拠点だった車庫周辺に屋台が軒を連ねていたことから、この屋台の味を称して「車庫前系」と呼ぶ人もいます。時の流れと共に屋台は店舗となりましたが、アロチ本家丸高は現在も地元で愛されているお店です。

この店では中華そばだけでなく、餃子、おでんも人気です。この気取らない雰囲気の中で、ビールと餃子、おでん、そして〆に中華そばという流れもおすすめです。

食べれば食べるほどに奥深い!見事な中華そば

食べれば食べるほどに奥深い!見事な中華そば

写真:旅人間

地図を見る

注文し到着した中華そばは、ラーメン鉢のトレードマークといって良い四角い渦巻き模様(雷文)に、濃茶色スープに麺がチョコッと顏を出し、チャーシュー、ネギ、メンマ、そして花が咲いたようなにカマボコが中央を飾っています。

アツアツのスープからは湯気が立ち上がり、顔を近づけた時に香る豚骨と醤油の独特な世界観に思わず笑顔が溢れます。まさに、湯気から旨いのです。

食べれば食べるほどに奥深い!見事な中華そば

写真:旅人間

地図を見る

その味は、どこか懐かしい…。醤油の風味がしっかりしているけど、醤油醤油しておらず、豚骨も感じます。あっさりした口当たりも一言で「あっさり」と言えないコクがあります。

中細の柔らかい麺は、スープの旨みを吸収し食べ始めと食べ終わりでは麺の味わいも変化します。しっかり肉の味あるチャーシューも噛みしめるとスープの旨みがギュッと染み出して口に広がります。味わえば味わうほど奥がある見事な一杯です。あぁ〜うまい!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ラーメンと一緒に食べる和歌山名物!早寿司

ラーメンと一緒に食べる和歌山名物!早寿司

写真:旅人間

地図を見る

和歌山の中華そばといえば、テーブルに置かれている「早寿司」が有名ですね。これは発酵させた紀州名物の「なれずし」とは違い、お酢でしめた鯖の切り身と酢飯で発酵させずに寝かせたもの。自由に食べることが出来て、お会計は自己申告制です。

中華そばと一緒に食べても良し、待っている間に食べても良し。いずれにせよラーメンと一緒に寿司を食べる和歌山独特の文化、これを食べずして「和歌山ラーメン」は語れない!ぜひ体感してみて下さい。その相性の良さに、きっと感心することでしょう。

アロチ本家丸高の基本情報

住所:和歌山県和歌山市友田町2-50
電話番号:073-432-3313
営業時間:17:30〜3:00
定休日:日曜日

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/12/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -