能登・千里浜海岸で丸い地球を実感!オススメは夕日とグルメ?!

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

能登・千里浜海岸で丸い地球を実感!オススメは夕日とグルメ?!

能登・千里浜海岸で丸い地球を実感!オススメは夕日とグルメ?!

更新日:2014/05/23 13:44

きんぎょ 美歩のプロフィール写真 きんぎょ 美歩 ときどき旅Walker

能登・千里浜海岸の魅力といえば、もちろん、全国でもここだけ、車で走ることができる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」が挙げられます。長く続く水平線に、丸い地球を感じることでしょう。
また、オススメしたいのは日本海に沈む夕日と、波打ち際でも採れるはまぐり。そして何よりも地元の方が大好きな美味しい「いかだんご」!
能登を旅するのに外せない観光スポットのひとつ、魅力ある能登・千里浜海岸をご紹介しましょう。

丸い地球を感じて走る、千里浜なぎさドライブウェイ

丸い地球を感じて走る、千里浜なぎさドライブウェイ

写真:きんぎょ 美歩

地図を見る

能登・千里浜海岸は、金沢から『のと里山海道』を約50分、能登半島の入口の羽咋(はくい)市にあります。晴れた日にはその海岸沿いから、海に突き出るように湾曲して伸びる能登半島の様子を、間近に見ることができます。日本海に打ち寄せる波と、その向うに見える海岸沿いの町の風景。とても印象的で綺麗です。

能登半島の観光バスが、必ず立ち寄るのが「千里浜なぎさドライブウェイ」。金沢方面からはのと里山海道の今浜ICか千里浜ICを降りると、すぐ海岸に乗り入れることができます。
「千里浜なぎさドライブウェイ」は全国でもここだけの、波打ち際を車で走ることができる砂浜です。車、バス、バイク、自転車すべてOK!おまけに無料。
ドライブウェイの全長は約8キロメートル。
千里浜の砂は粒子が細かいため、海水を含んで砂浜が固くなり、走ることができるのです。

休日は海岸線に沿って海を眺めたり、波打ち際で戯れる家族連れの車の長い列ができるほど。波打ち際まで車が入り込める海岸の醍醐味は、まさに日本でここでしか味わうことができません。汐風に吹かれ、水平線を眺めながら、地球の丸さをぜひ感じてみましょう!

千里浜海岸の魅力は走るだけではありません。
どこまでも続く遠浅の海は、夏には海水浴場に。また、日本海に沈む真っ赤な夕日も見逃せません。

シャッターチャンスは黄金色の海!

シャッターチャンスは黄金色の海!

写真:きんぎょ 美歩

地図を見る

千里浜海岸からは、遮るもののない日本海に沈む夕日を眺めることができます。
紺碧色から赤く、そしてだんだん黄金色に変化する海の色は必見です!

赤い夕日が、最後まで水平線に丸いまま沈む時が、みんなが狙うシャッターチャンス。
海岸や里山街道には、そんなチャンスを狙って、晴天の夕方には海を眺める人々が…。
ぜひ黄昏時にでかけてみてはいかがでしょうか。太陽の大きさを実感できることでしょう。

つぎに、千里浜の気になる美味しい魅力。
砂浜の波打ち際で採れる楽しい「はまぐり」採りのことをご紹介しましょう。

まるで小石を拾うように採る「はまぐり」!

まるで小石を拾うように採る「はまぐり」!

写真:きんぎょ 美歩

地図を見る

初夏から夏にかけ、また秋の穏やかな日には、千里浜海岸・なぎさドライブウェイの波打ち際のあちらこちらで、波と戯れる家族連れを多く見かけます。
海水浴ではありません。その目的は、実は「はまぐり」採り!
海の凪の様子にもよりますが、浅いところでは幼児の足首ほどの場所で、深くても大人の膝まで海水に入るだけで写真のような親指の爪くらいの大きさの「はまぐり」が大量に採れます!
(ただし、これより小さいものは資源保護のため採取禁止です。)

はまぐりの採り方はとても簡単です!
波がひいては寄せる波打ち際の砂浜をじっと見ると……?
まるで小石を拾うように「はまぐり」が見え隠れ。驚きの光景です。子どもたちも大喜び間違いなし!海に入って採るときは、足首に力を入れて、ぐるぐる足首を回すようにして砂を掘ると、足の裏に感じる「はまぐり」の殻の感触、これがサインです。ぜひ試してみてくださいね。大人も子供ももう夢中!時間を忘れる楽しい思い出になりますよ。
1時間もあれば、晩御飯のお味噌汁やバター焼きには十分な量が採れます!キャンプの晩御飯GETです(笑)。

もちろん、もっと大きな「焼はまぐり」を即食べたい方は、海岸の浜茶屋を利用するのもいいでしょう。

千里浜でぜひ食べてほしい!「いかだんご」

千里浜でぜひ食べてほしい!「いかだんご」

写真:きんぎょ 美歩

美味しいオススメがもうひとつあります。
千里浜なぎさドライブウェイの出入り口にある「千里浜レストハウス」は、能登観光の様々なお土産やバーベキュー等食事もできるお土産処。そして、そのレストハウスの店舗前、入口の一角で売っているのが千里浜名物「いかだんご」。これが地元オススメの逸品!
作っているのは市内の田辺食品(株)さん。昔からの羽咋市内の蒲鉾やさんです。
「いかだんご」は、能登沖で獲れた魚(魚肉)と烏賊を、練り揚げたもので、店頭で職人さんが一つ一つ練り、揚げています。その実演、手さばきも間近で見ることができます。

オススメは何といっても、揚げたて!熱々がたまらなく美味しく、味も食感も抜群です。はまぐり以外で、ぜひ味わってほしい羽咋の逸品。隠れたグルメで、羽咋市内のスーパーでも買うことができます。1本150円です。

車を砂まみれにしたくない方に…

車を砂まみれにしたくない方に…

写真:きんぎょ 美歩

千里浜海岸は気になるけど、車を砂まみれにしたくない!
そんな方にオススメの穴場のスポットが、のと里山海道の『志雄パーキング』。
実はこのパーキングから、千里浜なぎさドライブウェイに降り立つことができます。

パーキングに車を置くと、真下にはもう砂浜が広がります。ここから階段で砂浜に降りることができます。もちろんはまぐり拾いも夕日も楽しむことができます。ここはオススメ!

輝く日本海を見に行こう!

海が美しく映える夏の季節は、能登半島は絶好の観光シーズンです。のと里山海道も無料化になり、金沢から能登への観光も、とても便利になりました。2015年春には金沢まで北陸新幹線も開通予定で、また奥能登は世界農業遺産にも認定された地。
今、能登半島は、ますます注目度がUPし、見逃せない地域となっています。

千里浜海岸のある羽咋市は、能登半島をぐるりと周遊できる出発地点。富山県側からのアクセスも便利な場所です。千里浜周辺にはキャンプ場や国民休暇村等もあるので、ぜひ海と遊んで能登の自然を満喫してください。

千里浜なぎさドライブウェイの情報は、のと里山街道の案内板やラジオの交通情報でも毎日配信されています。当日の波の高さで運行状況が変わるので、確認しておでかけくださいね。
お盆を過ぎると、波が荒く高くなります。遠浅の海岸ですが注意しておでかけください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -