札幌の展望スポット4選!広く見渡せる景色を楽しもう

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

札幌の展望スポット4選!広く見渡せる景色を楽しもう

札幌の展望スポット4選!広く見渡せる景色を楽しもう

更新日:2017/10/11 19:25

岡田 学のプロフィール写真 岡田 学 ローカル線好きの旅ブロガー

北海道の中心都市、札幌。この街は規模が大きいだけでなく、周囲に自然が近く、都市と自然という双方の景色を楽しめるのが大きな魅力です。北には石狩湾が、南から西にかけては恵庭岳や空沼岳などの山岳地帯が連なっています。

今回はそんな札幌の展望スポットのうち、4つ紹介いたします。

のどかな牧草地、その先に札幌ドームが見られる「羊ヶ丘展望台」

のどかな牧草地、その先に札幌ドームが見られる「羊ヶ丘展望台」

写真:岡田 学

地図を見る

札幌の観光名所として有名なのが、この「羊ヶ丘展望台」。アクセスは、地下鉄東豊線の「福住駅」、また「札幌駅」から直通バスが出ています。

眼前に広がっている牧草地の向こうには札幌ドームが見え、その背後に広がるのは街の景色。牧歌的な風景の奥に都市が見える様は、中々のもの。

名前の通り羊が放牧されており、景色だけでなく羊の愛らしい姿を楽しむことも!
また、足湯もあったりしますので、景色や羊の観賞を楽しんだあとに浸かってみるといいでしょう。

地元でも穴場の展望スポット「宮丘公園」

動画:岡田 学

地図を見る

地下鉄東西線の「宮の沢駅」または「琴似駅」からバスで移動し、バス停「宮の沢3条3丁目」で下車して10分ほど歩くと、そこには「宮丘公園」があります。

ここを自動車で訪れる場合、「北1条宮の沢通」から駐車場へ入ることになります。道路の片側からしか入れず、また入り口が目立たないため、予め駐車場の場所を調べておくなど注意が必要。

札幌市民の間でもそれほど知られてない穴場スポットで、標高1023mの手稲山を近くで見られて、景観もばっちり!駐車場から階段を登っていくと芝生の生えた広場ありますので、そこで寝っ転がるのもあり。森の中には遊歩道がありますので、森林浴を楽しむことも出来ます。

こんな絶景ポイントが!札幌の街並みを間近で見渡せる「旭山記念公園」

動画:岡田 学

地図を見る

「旭山記念公園」があるのは円山の南側です。ここも近くまでバスが出ており、地下鉄東西線の「円山公園駅」から乗車して行くことが可能。終点のバス停「旭山公園前」で下車します。

ここは標高の低い位置に展望台があり、札幌市街を間近で見渡せるので迫力満点!
ひろばの階段下には噴水があり、暖かい季節には子供が水浴びをして遊んでいる光景が見られます。

この公園の中にも遊歩道があり、散歩を楽しむことが可能です。

札幌市街を一望!藻岩山ロープウェイに乗って展望台へ!

動画:岡田 学

地図を見る

「藻岩山展望台」へは、札幌市電で「ロープウェイ入口駅」まで移動し、近くの無料送迎バスで藻岩山の麓にあるロープウェイ乗り場まで行くことが出来ます。
自動車で訪れる場合は「藻岩山ロープウェイ乗り場」の建物の向かいに無料駐車場があります。

ロープウェイでは、ゴンドラに同乗するガイドさんが、札幌市の建造物や周囲の地形について解説してくれるので、景色を楽しむだけでなく豆知識も蓄えられます。

藻岩山展望台からは、周囲360度をすべて見ることが出来ます。天気がいいと、札幌市街や石狩湾はもちろん、芦別岳や夕張岳、恵庭岳などの景色も楽しめます。運よく、空気のとても澄んだ日に訪れると、はるか遠くにある十勝岳を確認することも!

藻岩山の施設は2011年にリニューアルされたので、ぜひ訪れてみましょう!

各展望スポットで、札幌の様々な景観を眺めてみてください!

自然が間近にある、北海道の中心都市「札幌」。それぞれの展望スポットへは公共交通機関で行けますが、出来るだけ多くの展望スポットを回りたい方は、やはり自動車での移動をお勧め。遠くから訪れた場合は、レンタカーを借りるなどしてください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/19−2014/05/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ