最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

浜名湖を遠望!奥浜名湖「長楽寺」梅のトンネル

浜名湖を遠望!奥浜名湖「長楽寺」梅のトンネル

更新日:2020/02/06 18:25

麻生 のりこのプロフィール写真 麻生 のりこ 元観光バスガイド、ご当地マンホーラー
冬でも温暖な浜松市郊外にある古刹・長楽寺では、早春に梅のトンネルを歩くことができます。開花時期は例年2月中旬から3月中旬にかけて。トンネルを抜けた先で振り返れば、きらきらと輝く浜名湖を見ることが。
さらに境内東側の駐車場脇は、河津桜と梅を一緒に楽しめるスポットとして好評です。長楽寺で一足早い春の訪れを感じてみませんか?

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

長さ100メートル!長楽寺の梅のトンネル

長さ100メートル!長楽寺の梅のトンネル

写真:麻生 のりこ

地図を見る

浜名湖を見下ろす小高い山の中腹にたたずむ「長楽寺」の開山は、今からおよそ1200年ほど前。弘法大師により平安時代初期に創建された真言宗の古刹です。江戸時代に建てられた山門の両脇には室町時代の日干し煉瓦を用いた土塀が残り、歴史を感じさせてくれます。

長さ100メートル!長楽寺の梅のトンネル

写真:麻生 のりこ

地図を見る

この長楽寺では毎年2月中旬から3月中旬にかけて、梅のトンネルを歩くことができます。場所は長楽寺境内から北へ約200メートル。ここから100メートルほど山を登った先にある、本堂跡地へと続く階段の両脇に梅の木が植えられています。

開花期間が長いのは、梅の植栽場所が山の斜面や平坦な本堂跡地にあり、生育状況が異なるため。梅のトンネルの入り口には、阿弥陀如来像などが安置された祠が建っています。

長さ100メートル!長楽寺の梅のトンネル

写真:麻生 のりこ

地図を見る

梅のトンネルを下から見上げるとご覧のような感じです。階段の幅はそれほど広くなく、大人2人が横に並んで歩ける程度。あまり端を歩いてしまうと、張り出した梅の枝に頭をぶつけてしまうかも。

一見、無造作に見える枝ぶりですが、放置しているわけではありません。これらの手入れはすべて地元ボランティアの方によるものなんですよ。

梅の向こうに見えるは奥浜名湖!

梅の向こうに見えるは奥浜名湖!

写真:麻生 のりこ

階段といっても普通の石段ではなく、自然石で造られたもの。段々の間に小石や土を入れて固めてあり、一段ごとに、また同じ段でも左右で高さが変わります。

楽に登れる箇所があるかと思えば、そうでもない箇所もあるので、足元はスニーカーなど動きやすい靴がお勧め。梅の花に見惚れていると足元が覚束なくなるのでお気をつけて。

梅の向こうに見えるは奥浜名湖!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

階段を登り切ったら振り返ってみましょう。足元には麓から続く梅のトンネル。目の前には甘い香りを漂わせ、天へと伸びる梅の枝。そしてその向こうには遠く浜名湖のきらめく湖面が望めます。

休むのにちょうど良い大きさの石の上に腰かけて、のんびりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

梅の向こうに見えるは奥浜名湖!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

こちらが阿弥陀堂と呼ばれていた長楽寺の本堂跡地です。なぜ「跡地」かというと、それは老朽化により1983年(昭和58年)に解体されたから。現在では境内地を見下ろし、それを見守るように宝篋印塔が建っています。

周囲は平坦で風あたりが少なく日当たりが良いことから、梅のトンネルよりも先に開花が進みます。

梅×河津桜が楽しめる駐車場

梅×河津桜が楽しめる駐車場

写真:麻生 のりこ

地図を見る

同寺の境内に植えられた梅の木はおよそ500本。戦後の農地解放政策で寺領を失った際に「少しでも収入になるように」と、実が収穫できる梅の木を植えたのが始まりです。雑木林を切り開いて作られた梅林は、客殿東側にある駐車場付近にも。

この場所では近年、早咲きで知られる河津桜も楽しめるようになりました。駐車場付近の梅と河津桜の開花時期はちょうど同じくらい。そのため、一度に2種類のお花見ができると評判です。

梅×河津桜が楽しめる駐車場

写真:麻生 のりこ

地図を見る

駐車場は山門下の道路脇と、客殿東側、そして梅のトンネル入り口手前左側に。山門下の道路脇駐車場に停め、梅のトンネルを通り本堂跡地まで往復700メートル程度です。

時間がある方は、客殿北側の小堀遠州作庭と伝えられる庭園鑑賞もどうぞ。早春の長楽寺で一足早く春の訪れを感じてみませんか?
なお、「浜名湖花と庭園めぐりスタンプ」のスタンプ台は受付にあります。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

長楽寺の基本情報

住所:静岡県浜松市北区細江町気賀7953-1
電話番号:053-522-0478
アクセス:
天竜浜名湖鉄道「気賀」駅から北西へ約2キロ
東名高速道路「三ヶ日」ICから国道362号線経由で約9キロ
駐車場:
参道入り口付近および境内の東側(客殿鑑賞の場合はこちらがお勧め)
梅のトンネル入り口手前左側
※いずれも無料

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -