まるでモーゼの海割り?海から道が現れる!台湾・金門「建功嶼」

まるでモーゼの海割り?海から道が現れる!台湾・金門「建功嶼」

更新日:2020/01/11 16:39

麻田 ユウミのプロフィール写真 麻田 ユウミ 旅ブロガー
台北から飛行機で1時間、中国厦門からフェリーで30分の場所にある台湾の離島「金門島」。金門島には毎日潮が引いた時だけ道が現れる「建功嶼」と呼ばれる小島があります。一定の時間のみ道ができることで、モーゼの海割りのシーンを彷彿させる、金門島きっての人気の観光地。また中台戦争時の軍事施設や英雄・鄭成功の像の他、干潮時しか見ることができない軌條砦や牡蠣の養殖風景も。ぜひ干潮時間に合わせて訪れてみて下さい!
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

普段は穏やかな海にある「建功嶼」

普段は穏やかな海にある「建功嶼」

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

台湾の金門島とは台北から約270q、中国の厦門からは約5q離れた台湾の離島です。この金門島での人気観光地「建功嶼」は金門島の中心である金城から電動バイクで約20分、自転車で30分程の場所にあります。いつもは波も穏やかで、天気が良い日は隣の台湾の島、小金門や中国の厦門が見渡せます。

モーゼの海割り!?島への道が開く

モーゼの海割り!?島への道が開く

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

普段は海に浮かぶ建功嶼ですが、干潮になると浜から建功嶼まで石畳の道が現れます。その様子はモーゼの海割りのようでとても神秘的!干潮の時間は毎日違いますのでチェックしてから訪れましょう。

モーゼの海割り!?島への道が開く

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

道が現れると海に浮かんでいた建功嶼まで歩いて行くことができます。途中、人型のオブジェがあるのが見えます。このオブジェは牡蠣の養殖が盛んなことから牡蠣人と呼ばれ、潮の満ち引きの差を表すものです。満潮時は牡蠣人の足まで海の高さ上がります。

故郷中国を眺める鄭成功の像も!

故郷中国を眺める鄭成功の像も!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

小島には中国では清と戦った英雄、台湾ではオランダから解放した英雄として、双方から称えられている鄭成功の像があります。実はこの鄭成功の母親は日本人で、7歳まで日本の平戸で過ごした日本にも縁のある人物です。

故郷中国を眺める鄭成功の像も!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

鄭成功の像が見つめる先には、故郷の中国の福建省が見えます。中国側の厦門のコロンス島にも鄭成功の像があり、中国側の鄭成功は台湾の金門島を見つめるように建っています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

中台戦争金門砲戦の歴史をみる!

中台戦争金門砲戦の歴史をみる!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

この金門島には中国との戦争の悲しい歴史があります。1958年8月23日18時に中国人民解放軍が砲撃を始めたことにより、中国と台湾の戦争、金門砲戦が開戦されました。中国の厦門とは目と鼻の先の金門島は、激しい砲撃に見舞われ、この小さな小島にもその戦争に備えた施設が残されています。

中台戦争金門砲戦の歴史をみる!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

中台戦争は1958年10月5日に事実上終わったとされていますが、中国人民解放軍の砲撃は1979年まで続いていました。ここにある軍事施設は、中国を監視するために、また金門島を守る砦としての役割を果たしていました。

道だけじゃない!色々なものが顔を出す

道だけじゃない!色々なものが顔を出す

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

干潮の時に現れるのは道だけではありません。普段は海の中に埋まっている色々なものが顔を出します。浜辺に無数に現れるのは軌條砦。これは中国人民解放軍との戦争時に、島に上陸されないように防御の役割を果たしたものです。軌條砦の近くには中国軍を攻撃するための大砲も現れます。

道だけじゃない!色々なものが顔を出す

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

また、牡蠣の養殖が盛んな金門島。潮が引くとたくさんの棒が顔を出します。この棒が並んでいるのは、なんと全て牡蠣!棒に牡蠣を付着させ、海の養分を吸収する古くから続いている養殖方法です。間近まで行ってみることもできるのでぜひ収穫前の牡蠣を見てみてください!

道だけじゃない!色々なものが顔を出す

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

砂浜にも注目!いつも海の中にある砂浜は、芸術作品のように波の跡がくっきりと残っています。まさに自然にできた日本庭園の石庭!自然の力を感じることができる場所です。

時間がある方は干潮時、満潮時共に訪れると違いがわかって楽しいですよ。

建功嶼の基本情報

住所:金門県金城鎮建功嶼
営業時間:24時間(干潮時間は毎日変わります)
アクセス:金城中心部より電動バイクで約20分、自転車で約30分、7Aバスで約15分(バスは本数が少ないので電動バイクや自転車が便利です)

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/01/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -