ユニークなご当地ラーメン目白押し!青森が誇る絶品ラーメン5選

ユニークなご当地ラーメン目白押し!青森が誇る絶品ラーメン5選

更新日:2020/06/19 15:46

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー
冷えた身体を芯から温めてくれるラーメン。今や国民食と言っても良いほど普及し、実に様々なジャンルが存在しています。大都市では絶えず新店が台頭し、ラーメン業界は激戦区。各地方ではご当地ラーメンが定着し、人々に愛されています。そんな中、実は隠れたラーメン王国が青森県。煮干し系を筆頭に、個性的なラインナップが揃い踏み。県内の食堂では、ほぼ必ずメニューにラーメンがある等、独自のラーメン文化が確立しています。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

青森市・中華そば田むら「鬼煮干中華」

青森市・中華そば田むら「鬼煮干中華」

写真:土庄 雄平

地図を見る

青森県のラーメンの代表格と言えば「煮干しラーメン」でしょう!港と町が近接した青森市では、いち早く大量の煮干しを使った「煮干しラーメン」が生まれ、昨今の全国的な煮干しブームの先駆けとなりました。そんな今アツいこのラーメンジャンルですが、煮干しの濃度や、動物系・魚介系スープとの組み合わせ比率など、お店によって個性が強く出る点が面白いところ。

中でも特に、煮干し好きにお勧めしたいのが青森市・中華そば田むらの「鬼煮干中華」です。青森一煮干しが濃いと噂される一杯は、煮干しの重厚な旨味と鶏白湯のまろやかなコクが調和し、いつまでも無心で啜っていたくなる完成度の高さ!人気店なので着丼まで時間を要しますが、それでも定期的に食べたくなる中毒性の高いラーメンです。

<中華そば田むらの基本情報>
住所:青森県青森市花園1-22-9
営業時間:11時〜14時30分、17時30分〜20時30分
定休日:水曜日
アクセス:JR青森駅から車で5分、青い森鉄道「東青森駅」から徒歩20分

弘前市・なべらーめん たぬき亭「カレー味噌牛乳ラーメン」

弘前市・なべらーめん たぬき亭「カレー味噌牛乳ラーメン」

写真:土庄 雄平

地図を見る

以前から青森の隠れたソウルフードとして根強いファンがいましたが、近年一気に頭角を現してきているのが「味噌カレー牛乳ラーメン」。なんと名前の通り、味噌ラーメンのスープへ"カレー粉"と"牛乳"を混ぜた一杯。名前からして、変わりダネラーメンに見られがちですが、実はこれが意外とハマる旨さ!

中でも、弘前市なべらーめん たぬき亭の「味噌カレー牛乳ラーメン」は、鉄鍋で提供され、いつまでも熱々で頂けるのが特徴。コクのあるカレー、じわりと感じる味噌、あとから来る牛乳のまろやかさ。次々と味が派生していくものの、不思議と芯はしっかり通っている!まさに唯一無二の一杯と言えるでしょう。

<なべらーめん たぬき亭の基本情報>
住所:青森県弘前市大字外崎4-6-36
営業時間:11時〜15時、17時〜0時30分
定休日:不定休
電話番号:0172-28-5963
アクセス:JR弘前駅から車で5分、徒歩20分

金木町・観光物産館マディーニ「太宰ラーメン」

金木町・観光物産館マディーニ「太宰ラーメン」

写真:土庄 雄平

地図を見る

前述した「煮干しラーメン」と「カレー味噌牛乳ラーメン」が青森県の誇るラーメンジャンルの二大巨頭ですが、実は県内にはまだまだ変わったラーメンが存在します。その一つが五所川原市金木町・観光物産館マディーニの「太宰ラーメン」。実はこの金木町は、あの有名な文豪「太宰治」の出生地であり、今でもその生家が残っています。

「太宰ラーメン」の特徴は、太宰が好きだったという根曲り竹と、わかめが沢山入っている点。優しい醤油味の中華そばのため、素材の味が良く活き、またシャキシャキとした食感も楽しむことができますよ。

なお同じく太宰の大好物だったという、ねっとり納豆と筋子を和えた特製「太宰丼」と追加注文すれば、太宰治定食の完成です!

<観光物産館マディーニの基本情報>
住所:青森県五所川原市金木町朝日山195-2
営業時間:9時〜17時
定休日:不定休
電話番号:0173-54-1155
アクセス:津軽鉄道「金木駅」から徒歩5分

大鰐町・朝日屋日景食堂「大鰐温泉もやしラーメン」

大鰐町・朝日屋日景食堂「大鰐温泉もやしラーメン」

写真:土庄 雄平

地図を見る

弘前の奥座敷と呼ばれ、湯治場として800年の歴史がある「大鰐温泉」。この土地で350年以上の間、温泉を活用する伝統的な栽培方法で作り続けられている野菜が「大鰐温泉もやし」。噛むたびに咀嚼音が口の中から耳まで伝わってくるような、圧倒的な歯ごたえと、少し土の香りがするような独特の風味が特徴です。

温泉街を訪れると「大鰐温泉もやし」を使ったラーメン屋を食べることができ、ラーメン通の間で密かに話題を呼んでいます。その中で、特におすすめは、映画化もされた小説「津軽百年食堂」のモデルの1つにもなっている「朝日屋日景食堂」が提供する一杯。

名物の大鰐温泉もやしを始め、沢山の野菜が載っており、その旨味が塩ベースのスープによく溶け込んでいます。細い縮れ麺もスープにしっかり絡み、ホッと一息つくことのできる優しい味わい。

<朝日屋日景食堂の基本情報>
住所:青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐大鰐55-2
営業時間:11時〜19時
定休日:不定休
電話番号:0172-48-3430
アクセス:JR大鰐温泉駅から徒歩10分

むつ市・丸美屋食堂「味噌バターラーメン」

むつ市・丸美屋食堂「味噌バターラーメン」

写真:土庄 雄平

青森県の北部に位置する「むつ市」。都市部に比べて飲食店の数が少なくなりますが、その一方で目に留まるのが大衆食堂の存在です。下北半島の至る所に、昔ながら地元の人々に愛される老舗食堂が店を構えており、そこでは必ずと言って良いほど「ラーメン」が提供されています。

中でも、日本三大霊場の一つである恐山から車で1時間ほど、むつ市大畑地区に位置する「丸美屋食堂」では、ボリューム満点のラーメンが頂けます。名物は「味噌バターラーメン」!優しいスープながら少し辛口が効いており、バターのまろやかなコクが食欲を掻き立てます。同じく名物の羽根つき餃子とのセットがオススメ!お腹も心もほっこりできる満足度の高い一杯です。

<丸美屋食堂の基本情報>
住所:青森県むつ市大畑町中島105-60
営業時間:11時〜18時30分
定休日:日曜日
電話番号:0175-34-2433
アクセス:むつ市街から車で40分

麺通よ集え!実は知られざるラーメン王国「青森」

豊かな海や山といった自然から、あまり想像できないかもしれませんが、実は青森県は全国屈指のラーメン王国!県内のどこに行っても、個性豊かなラーメンを食べることができ、地元の人で行列ができていることもしばしば。

そんな青森県、ラーメン店の多さはさることながら、最大の特徴はご当地ラーメンのバリエーションの多さでしょう!今回紹介した以外にも、しじみラーメンや焼き干しラーメンなど実に個性豊かな面々(麺々)が揃っています!ラーメン通なら一度は訪れたい「青森県」。ラーメン巡りの旅へ出掛けてみてはいかがでしょうか?

2020年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/08/16−2019/08/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -