ルスツで北海道の冬を遊ぶ!ルスツリゾートホテル&コンベンション

ルスツで北海道の冬を遊ぶ!ルスツリゾートホテル&コンベンション

更新日:2020/01/19 17:44

大谷 修一のプロフィール写真 大谷 修一 北の風水師、北海道のグルメ・温泉・パワースポットの達人
ルスツと言えば上質のパウダースノーと道内で最大規模を誇る広大なゲレンデで、全国のスキーヤーやスノーボーダーにとっての「聖地」となっていますが、実はスキー・スノボ以外にも北海道の冬を存分に楽しめる魅力がいっぱい!今回はその宿泊施設である「ルスツリゾートホテル&コンベンション」を中心に、ルスツの冬の魅力を紹介します。

ここはミニ・テーマパーク!?ルスツリゾートホテル&コンベンション

ここはミニ・テーマパーク!?ルスツリゾートホテル&コンベンション

写真:大谷 修一

地図を見る

ルスツリゾートの中核を担う「ルスツリゾートホテル&コンベンション」。ノースとサウスの両翼に広がる建物の内には、和・洋・中華の専門レストランやジャズなどのライブ演奏を楽しめるおしゃれなバー、また4Dシアター、ワンちゃんのバンドがデキシーを奏でる「ダニエルバンド」や「歌う木」といったアトラクション施設もあり、ホテルのイメージを超えた「ミニ・テーマパーク」となっています。

ここはミニ・テーマパーク!?ルスツリゾートホテル&コンベンション

写真:大谷 修一

地図を見る

アトラクションでひときわ目を引くのが、ホテルのエントランス正面に設置されている2階建の無料メリーゴーランド「カルーセル」。こちらは屋内の施設としては世界最大級で、ホテル到着・出発の合間や夕食後のひと時、楽しい音楽にのせて回る回転木馬を楽しむ家族連れやカップルの姿が見られます。

ここはミニ・テーマパーク!?ルスツリゾートホテル&コンベンション

提供元:ルスツリゾート

https://rusutsu.co.jp/地図を見る

2019年7月、ホテルのノースウィングに待望の温泉「ことぶきの湯」が新しく誕生しました。内湯にはサウナやジェットバスに加え、ライトアップされたシックな「洞窟風呂」も併設。また温泉が湧出する露天風呂はチェアに腰かけたり「寝湯」で横たわって入浴できるスタイルとなっており、澄んだ空気を味わい、星空を眺めながら温泉に身をゆだねるという贅沢な時間を過ごすことができます。

ルスツリゾートのフォトジェニックスポットをチェック!

ルスツリゾートのフォトジェニックスポットをチェック!

写真:大谷 修一

地図を見る

ルスツリゾートのゲレンデは、その総面積が236ヘクタール!ホテル側にあるウエスト、および道路を挟んだ対岸のイースト、イゾラ(写真の正面右上)の三つのエリアには18本のリフトとゴンドラを備えた37ものコースが設置され、そこにはスキー・スノボを楽しみながら「絵になるシーン」をキャッチできるフォトジェニックスポットがたくさんあります。

ルスツリゾートのフォトジェニックスポットをチェック!

写真:大谷 修一

地図を見る

その一つがイゾラ山頂にある洞爺湖と羊蹄山を左右同時に眺められるビュースポット。またイーストゴンドラ山頂駅からも、イーストビバルディコース(写真)の正面に横たわる羊蹄山とウエストマウンテンの絶景を満喫できます。

ルスツリゾートのフォトジェニックスポットをチェック!

写真:大谷 修一

地図を見る

様々な場所から味わえる景観に加え、もちろんスキー・スノボには大切な雪質も最高級。さらにバラエティー豊かな18ものコースを存分に楽しめるルスツリゾートは、全国のスキーヤー・スノーボーダーが憧れる「聖地」となっています。

スキー場の詳細については関連MEMOの「北海道スキーの聖地・ルスツを味わいつくす5つのポイント」にて紹介していますので、あわせてご覧ください。

ハイテンションのアクティビティ・スノーラフティング

ハイテンションのアクティビティ・スノーラフティング

写真:大谷 修一

地図を見る

ルスツリゾートでは冬のネイチャーツアーやスノーモービル、犬ぞりといったスキー・スノボを滑らない方でも北海道の冬を存分に楽しめるアウトドアメニューが用意されています。その中でもイチオシのアクティビティがスノーラフティング。

スタート地点はホテル「ウェスティン ルスツリゾート」の横にある「スノーアクティビティランド」。受付を終え、安全のためヘルメットを装着すれば準備完了です。

ハイテンションのアクティビティ・スノーラフティング

写真:大谷 修一

地図を見る

ベテランのガイドさんが運転するスノーモービルは、一行を乗せたボートをけん引しながらラフティング用のゲレンデに向かいます。左右に振られながらコーナーを抜け、次第にスピードを上げるボートの縁をしっかりつかみつつテンションもハイに。

ハイテンションのアクティビティ・スノーラフティング

写真:大谷 修一

地図を見る

ラフティング用ゲレンデに到着すると、スノーモービルは一気に加速開始。アップダウンのコースで跳ねる体、急ターンの連続で回転するラフティングボート、そして強烈な横Gと右から左に目まぐるしく流れゆく雪景色…。

スノーラフティングというより「雪原の地表を走るジェットコースター」に搭乗しているようなスピード感と爽快感を思う存分味わうことができるこのハイテンションのアクティビティは、スキー滑走の時間を削ってでも体験する価値がありますよ。

なお、スノーラフティングの疾走スピードやハードさのレベルは搭乗者の年齢や嗜好によって調整してくれますので、不安に感じる方は搭乗受付時に希望を申請しておくといいでしょう。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ルスツリゾートの夜はお楽しみがいっぱい!

ルスツリゾートの夜はお楽しみがいっぱい!

写真:大谷 修一

地図を見る

ホテルのディナーをテーマパーク的雰囲気の中で、という方におすすめしたいのが「オクトバーフェスト」。ここでは北海道にこだわった料理をブッフェスタイルで「お好きなものをお好きなだけ」食べることができますが、その中でも豪華な山盛りのカニや新鮮な魚介を盛り付けする「勝手丼」、道産牛ステーキや天婦羅の出来立てのコーナーが人気です。

またレストランのステージにたつクマちゃんバンドと女性シンガーの人形が演奏する軽快な音楽も、お食事タイムを楽しく演出してくれます。

ルスツリゾートの夜はお楽しみがいっぱい!

提供元:ルスツリゾート

https://rusutsu.co.jp/地図を見る

ディナーの後は、2020年より新しくオープンした「Wa!KAMAKURA Bar(和・かまくらバー)」に出かけましょう。前述「スノーアクティビティランド」に作られた特設エリアには5つのかまくらが並び、昔懐かしい雪国の雰囲気を醸し出しています。

ルスツリゾートの夜はお楽しみがいっぱい!

写真:大谷 修一

地図を見る

かまくらの内部には氷のグラスづくり体験や飲食ができるコーナーも設置。またログハウスでは焼き物用の食材やお酒類も販売しています。

かまくらの中でマシュマロやお餅、鮭とばなどを焼き、ます酒やワインを片手に仲間たちと語りあえば、寒い北国の夜をよりホットに過ごすことができるでしょう。

ホテルに投影されるアメイジングな映像・生命の大地

ホテルに投影されるアメイジングな映像・生命の大地

写真:大谷 修一

地図を見る

ルスツで夜を楽しむのにもう一つハズせないイベントが、プロジェクションマッピング「KAMORI WONDER LIGHTS」です。

午後4時を過ぎて日が沈むころ、ホテルの壁面を覆う縦13mx横50mという世界最大規模のガラススクリーンには雪の結晶が舞い落ちる幻想的な映像が映し出されます。そして午後8時30分になると本編がスタート。

ホテルに投影されるアメイジングな映像・生命の大地

写真:大谷 修一

地図を見る

そこに展開されるのは「生命の大地 . . Hokkaido」と題するアイヌの物語と北海道の自然をテーマにした映像。アイヌの楽器・ムックリの響きとホテル壁面に投影されるアメイジングな「光の洪水」は、きっと皆さんを不思議な世界に誘ってくれることでしょう。

動画:大谷 修一

スキーやスノーラフティングの風景、プロジェクションマッピングの映像を動画でまとめました。あわせてご覧ください。

ルスツリゾートを楽しむお役立ち情報

1.ルスツリゾートへは、札幌から無料送迎バス「ルスツ号」(日帰り客も利用可能)が、また新千歳空港からは有料のビッグランズ号(宿泊客専用)が出ています。詳細は下記関連MEMOをご覧ください。

2.本稿で紹介した「ことぶきの湯」は、日帰り入浴も可能です。
料金は、おとな(中学生以上)が1,300円(税込)、4歳〜小学6年生は650円(税込)、3歳以下は無料。日帰りでスキーやアクティビティを楽しむ時には便利ですよ。

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/01/07−2020/01/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -