洗足池は都内でのんびり散歩できる穴場スポット!絶品たこ焼きも!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

洗足池は都内でのんびり散歩できる穴場スポット!絶品たこ焼きも!

洗足池は都内でのんびり散歩できる穴場スポット!絶品たこ焼きも!

更新日:2014/06/02 15:18

ヒロコのプロフィール写真 ヒロコ フリーライター

カワセミに、カルガモに、亀の親子に、人面魚、オタマジャクシにカエル、さらには蛍まで。生き物の宝庫がこんな東京都内23区にあったなんて!
それが、都内屈指の広さを誇る池が目印の「洗足池公園」です。東急池上線洗足池駅を降りて、すぐ目の前に広がる洗足池をご紹介しましょう。

スワンボートで池一周、旅気分

スワンボートで池一周、旅気分

写真:ヒロコ

地図を見る

東京都心から少し外れた、このこじんまりした公園までわざわざ足を運ぶ人たちが、意外にもいるのです。閑静な街並みにある落ち着いた雰囲気があって、ゴミも落ちていないきれいな公園(清掃が行き届いている)というのが人気の理由なのか、平日はベビーカーを引いたママ達で、週末は家族連れやカップルで賑わっています。

ママ達やカップル、家族に絶大な人気を得ているのが、30分400円から楽しめる池を一周するボートです。2人乗りから4人乗り、白鳥の形をした大型ボートまで好きな乗り物を選んで、心地よい風を頬に感じながら、水の上でゆったり時を過ごすのは、何とも癒やされるはずです。太陽の光が水面に反射してできる模様を見たり、エサを求める鯉やアイガモたちのお相手をしたり、陸にいるのとは一味違う感覚が楽しめるので、ぜひボートはおススメです。

子供と一緒に生き物観察

子供と一緒に生き物観察

写真:ヒロコ

地図を見る

ボート以外にも公園で楽しめるのが、生き物観察です。何とこの公園でカワセミが見られるのですよ。ほかにもメジロ、ムクドリ、白サギやカモメ(冬)の姿も見られ、野鳥観察公園かと思えるほど、様々な鳥がやって来て、訪れる人たちの目を楽しませています。
野鳥のほかにも、甲羅干ししている亀の親子や、オタマジャクシ、カエル、夏は蝶々や蝉などの昆虫も観察できます。無数にいる鯉の群れには人面魚も交じっています。是非見つけてみてください。夏には蛍も出現するのですよ。運が良ければ、猿回しのトレーナーが猿を連れて練習する風景が目撃できるかも。そして、犬を連れて散歩している芸能人も。

歴史・植物好きには最高の散策スポット

歴史・植物好きには最高の散策スポット

写真:ヒロコ

地図を見る

歴史好きの散策スポットとしてもおすすめできます。この公園には、明治維新後、晩年に暮らしていたという勝海舟の墓があるのですよ。そして、勝海舟が1879年に戦死した西郷隆盛を悼み、建てたという留魂祠・詩碑も墓の隣にあります。西郷も勝を訪ねてこの洗足池まで足を伸ばしたのだそうです。さらにさかのぼること1282年に、日蓮宗の開祖・日蓮上人が、身延山から常陸国(茨城県)に湯治に向かう途中、 千束池(昔の呼び名)で休息し、袈裟を松に掛けて、 池の水で足を洗ったという言い伝えのある松が、公園にある妙福寺の境内にあります。興味のある人は、見学してみてください。

園内には4月以降、色々な植物が花や実をつけて、植物好きにはたまらないはず。4月は桜、5月は菖蒲、6月は藤の花、7月は柳の枝垂れが見頃に。花の下に置かれたベンチに座って、ランチしたり、コーヒーを飲んだり、本を読んだり、何もしないで池の風景をただぼぉっと眺めたり、思い思いの過ごし方が楽しめますよ。

たこ焼きOR羊羹でピクニック

たこ焼きOR羊羹でピクニック

写真:ヒロコ

地図を見る

でも一番おススメしたいのは、公園近くのたこ焼き屋さんの絶品たこ焼きを買って、ベンチで食べることです!
たこ焼き屋さんの名前は「笛吹」。恵比寿から洗足池へ2012年12月に移転してから、すでに地元の人たちが足しげに通う愛される店に。ゴルフボール大の大きさに直径1センチ以上はあるタコが惜しげもなく入っている、生地はサクサク、中はトロトロのたこ焼きです。3個入り250円〜。定番のたこ焼きのほかに、チョコレートやチーズ入りの変わり種も美味しいです。

ほかにも、公園から徒歩10分弱の長原には、テレビや雑誌で紹介される話題の和菓子屋さん「ワガシアソビ」もあります。ドライフルーツとラム酒を使った羊羹は、1本2,100円とお高いですが、特別な日におススメします。赤ワインを飲みながら、おつまみにこのデザートを頬張ると、気分は最高。最高な一日になること請け合いです。公園でワインと羊羹のピクニックも良いかも。

公園から眺める夕日がおススメ

公園から眺める夕日がとてもきれいで、東京にもこんなに美しい公園があるのか、と訪れるたびに感じる、そんな洗足池。どこかヨーロッパにでもいるような錯覚を感じるのは、私だけだと思いますが、おススメの場所です。
子供の遊具も新しく整備され充実しているので、ぜひご家族で足を運んでみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ