能登・白米千枚田「あぜのきらめき」棚田に煌めくイルミネーション

能登・白米千枚田「あぜのきらめき」棚田に煌めくイルミネーション

更新日:2023/12/28 09:56

Mayumi Tのプロフィール写真 Mayumi T 金沢出身の歴史探索家、B級グルメマニア、北陸の旅先案内人
石川県、能登の輪島市で毎年開催されている白米千枚田のイルミネーション「あぜのきらめき」。能登の代表的な冬の風物詩ともいえるイベントとなっています。

白米千枚田にピンク色のペットボタル(LED電球)が施されてスタートしたイルミネーション。現在は4色のカラーで展開されています。冬の能登で繰り広げられているイルミネーションを訪れてみませんか。

のどかな白米千枚田の風景

のどかな白米千枚田の風景

写真:Mayumi T

地図を見る

能登の棚田で毎年繰り広げられているイルミネーション「あぜのきらめき」。石川県は能登の輪島市に位置する「白米千枚田(しろよねせんまいだ)」で開催されています。マイカーやレンタカーなどで訪れた場合は「道の駅 千枚田 ポケットパーク」の駐車場が利用できますが、週末などはとても混み合います。輪島駅と白米千枚田を結ぶバスの往復特別乗車券が販売されていますので、ぜひバスのご利用をおススメします(詳細は公式サイトでご確認ください)。

イルミネーションが開催される隣接の道の駅では能登の特産品が販売、地元の食材が使われた美味しい定食をいただくことができます!能登輪島のグルメもぜひ味わってみてください。

のどかな白米千枚田の風景

写真:Mayumi T

地図を見る

日本海側に面して小さな田んぼがズラリと並んでおり、日本の棚田百選、国指定文化財名勝に指定されています。通常の田んぼに比べるととても小さく、約1004枚ほどがここにあります。

この地は大都市などとは違って、高層ビル群やお洒落な商業施設が建ち並んでいるわけではないのです。静かな田園風景や細長い道路、小道、古くから地元の人々が住んでいる民家などのみ目にすることしかできないものの、眺めているだけで何だかホッとできるような、心が自然に和むような、そんな景色の中で静かに「あぜのきらめき」は開催されているのです。

夕暮れから点灯までは幻想的!

夕暮れから点灯までは幻想的!

写真:Mayumi T

地図を見る

都心などで開催されている豪華で煌びやかなイルミネーションなどとは違い、能登の田園風景の中で静かに煌めいています。

夕暮れから点灯までは幻想的!

写真:Mayumi T

地図を見る

このように陽が落ち、周りが少しずつ暗くなり始めると、イルミネーションのペットボタルは少しずつピンク色に灯り始めていきます。

日にちによって日没時間は多少異なります。また2023年は12月に入ってから石川県内の能登をはじめとしたあちこちの地域では既に積雪がありますので、雪道での歩行が可能な靴のご準備や防寒対策、雪対策などは充分になさって訪れてください。特にこの棚田のある場所は海岸からの海風がとても冷たいので、寒さ対策は準備しておいてくださいね。

夕暮れから点灯までは幻想的!

写真:Mayumi T

地図を見る

最初は薄く灯っていた灯りが、分刻みでだんだんと色が鮮やかに変わっていきます!ピンクの色合いが濃く変化していくのがわかります。

ピンクからグリーンへ

ピンクからグリーンへ

写真:Mayumi T

地図を見る

色が変化するLEDが棚田のあぜ道に設置してあり、イルミネーションは15分ごとにピンク〜グリーン〜ゴールド〜ブルーへと変わりながら灯り、夜の棚田が彩られます。ピンクは春、グリーンは夏、ゴールドは秋、ブルーは冬…と、四季を表現している4色のカラー。棚田とあぜ道、そしてLEDの優しい灯りが織りなす幻想的で静かな景観をご覧くださいね。

ピンクからグリーンへ

写真:Mayumi T

地図を見る

時間がたつにつれ、グリーンの色合いが濃くなっていきます。夕暮れどきは暗くなっていくとともに、辺りはだんだんと幻想的に…。この時間帯、場所にしか眺められない貴重な光景といえるでしょう。

そしてグリーンからゴールド、ブルーへ

そしてグリーンからゴールド、ブルーへ

写真:Mayumi T

地図を見る

クリスマスの時期にあわせてツリーのオブジェ、またバレンタインデーが近づくと、ハートのオブジェも登場しますよ!他にも写真に撮っておきたくなるスポットがあちこちにあります。これからもずっと心に残っていくような棚田の風景を、思い思いに撮ってみてくださいね。

そしてグリーンからゴールド、ブルーへ

写真:Mayumi T

地図を見る

四つの季節を表す4色の色合いは、とても素敵に棚田を彩ります。棚田のあぜ道周辺を散策することができますので、ぜひのんびりと散策してみてくださいね。

それぞれの季節、夕暮れどきも美しい

それぞれの季節、夕暮れどきも美しい

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/地図を見る

春〜夏にかけての新緑の季節は、色鮮やかなグリーンの色合いがとても美しく、晴れているなら青空、そしてすぐそばの青い海とが一緒に眺められ、それはとても爽やかでのどかな風景が楽しめます。

それぞれの季節、夕暮れどきも美しい

提供元:石川県観光連盟

https://www.hot-ishikawa.jp/地図を見る

白米千枚田周辺は日本海に面しており、海側からの風が冷たく、時に強く吹くこともありますので、冬の季節はたくさんの雪が降り積もることは多くありません。それでも、このように降り積もった際には、荒々しい日本海、強い波しぶきとともに棚田の雪景色が眺められるでしょう。

それぞれの季節、夕暮れどきも美しい

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/地図を見る

季節ごとの景観も美しいのですが、夕暮れどきに見る棚田はまた格別の美しさです。特に棚田に水がはられた季節は、オレンジ色の陽が棚田に映り、とても美しい様子を眺めることができます。

このように訪れる季節や時間帯によって、様々な表情をみせてくれる白米千枚田。ぜひ、訪れてみてください。

能登の絶景イルミネーションを!

白米千枚田のイルミネーション。ぜひ、こののどかな田園風景を眺めに訪れてみてはいかがでしょうか。能登の里山、里海のグルメもとても美味しい!景観、食ともに満喫できますよ。

2023年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/02−2021/11/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- 広告 -