微笑むゴリラ岩も!国境の島「壱岐」の奇岩奇勝が面白すぎる

微笑むゴリラ岩も!国境の島「壱岐」の奇岩奇勝が面白すぎる

更新日:2020/01/20 14:27

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 日本深掘りサイクリスト、樹氷を愛する登山家、B級グルメ探訪家
九州から海上20km北に位置する国境の島「壱岐」。近年パワースポット人気が高まる中で、神話に登場する島として脚光を浴び、旅行先として選ぶ人が増加しています。そんな壱岐には、神話に因んだ数々の奇岩奇勝が根付いており、これらが見応え抜群!どれも神の介在を感じさせる迫力あるものばかりです。自然と神が作り上げた壱岐の天然彫刻を巡る旅へ出掛けてみてはいかがでしょうか?パワーチャージできること間違いなし!
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

壱岐の語源!生き島の八本柱伝説・絶景の「猿岩」

壱岐の語源!生き島の八本柱伝説・絶景の「猿岩」

写真:土庄 雄平

現在の島名「壱岐」の由来は、神話・国産みにて島が誕生した際、島が「生き」ていたからだと言われています。島がどこかに動いて遠くへ行ってしまわないよう、島の周囲に八本柱を建てて固定し、その名残が島の沿岸部に残っているのです。

壱岐の語源!生き島の八本柱伝説・絶景の「猿岩」

写真:土庄 雄平

島の北西部の黒崎半島に位置する「猿岩」も、その八本柱の一つ。現在。柱自体は朽ちてなくなったものとされていますが、その固定台が奇岩として残存しています。そんな猿岩は近年、対馬灘を見渡す美しいパノラマと、まるで猿の横顔そっくりの佇まいが話題となり、壱岐屈指の絶景スポットとして知られるようになりました。

壱岐の語源!生き島の八本柱伝説・絶景の「猿岩」

写真:土庄 雄平

展望台から眺めるのもよし、近づいて対峙するのもよし!リアルすぎる猿岩と、どこか異国情緒も漂わせるロケーションが織りなす絶景を思う存分堪能しましょう。

<猿岩の基本情報>
住所:長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触890-2
アクセス:郷ノ浦港から車で45分

鬼の足跡が残る!壱岐・辰ノ島「蛇ヶ谷」が大迫力

鬼の足跡が残る!壱岐・辰ノ島「蛇ヶ谷」が大迫力

写真:土庄 雄平

実は"神"以外にも「鬼」伝説も残っている壱岐。デイという壱岐に住む大鬼が、鯨をすくい捕るために踏ん張ったという逸話が残っており、そのとき踏ん張った足跡を奇岩奇勝として伝わっています。壱岐の北部・勝浦漁港から遊覧船で上陸できる辰ノ島、その北側に位置する「蛇ヶ谷(じゃがたに)」もその一つです。

鬼の足跡が残る!壱岐・辰ノ島「蛇ヶ谷」が大迫力

写真:土庄 雄平

辰ノ島海水浴場から階段を上り、開けた場所へと至れば、そこに現れるのは立ちすくむほどの断崖絶壁!長い年月、玄界灘の荒波にさらされたことで、高さ50mにもなる海食崖が造り上げられました。まさに鬼の足跡と名付けたくなるダイナミックな造形美!自分の身体いっぱい自然の力を感じましょう。

鬼の足跡が残る!壱岐・辰ノ島「蛇ヶ谷」が大迫力

写真:土庄 雄平

なお蛇ヶ谷は、辰ノ島遊覧船のコースとして船上から見ることも可能です。上から俯瞰するのとは一味違った迫力ある姿も必見!

<蛇ヶ谷の基本情報>
住所:長崎県壱岐市勝本町東触
アクセス:勝本港から辰ノ島遊覧船に乗って10分、辰ノ島に上陸後、徒歩15分

微笑む「ゴリラ岩」も!壱岐南部・牧崎に残る”鬼の足跡”

微笑む「ゴリラ岩」も!壱岐南部・牧崎に残る”鬼の足跡”

写真:土庄 雄平

蛇ヶ谷ともう一つ、島の南部にも「鬼の足跡」と言われる海食崖が残っています。蛇ヶ谷と、この南部の鬼の足跡を片足ずつと考えると、さぞデイが巨大な鬼であったかを想像することができます。そうした空想に耽るだけでも面白いですね。

微笑む「ゴリラ岩」も!壱岐南部・牧崎に残る”鬼の足跡”

写真:土庄 雄平

さて、そんな牧崎園地にある「鬼の足跡」は、蛇ヶ谷とは対照的で、海への抜け穴まで見ることのできる海食崖となっています。まるで、何かが衝突してクレーターのようにぽっかりと空いた穴はカメラに収まりきらないほどの大穴!

「どのようにしたら、こうした景観ができるのだろう?」そう思わざるを得ない神秘性、そしてふと立ち尽くしてしまうほどの大迫力を有しています。

<鬼の足跡の基本情報>
住所:長崎県壱岐市郷ノ浦町渡良東触
アクセス:郷ノ浦港から車で20分

微笑む「ゴリラ岩」も!壱岐南部・牧崎に残る”鬼の足跡”

写真:土庄 雄平

一方で、鬼の足跡に隣接する奇岩「微笑むゴリラ岩」も密かに話題!ゴリラの特徴である頭部の出っ張りに加えて、目や口など細部に至るまでしっかりと表現されています。丁度北側の海を向いているので、"猿岩"とにらめっこしているという説も!(笑)どんどん想像が膨らみますね。

<微笑むゴリラ岩の基本情報>
住所:長崎県壱岐市郷ノ浦町渡良東触
アクセス:郷ノ浦港から車で20分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

神話の世界を象徴!女嶽神社のパワースポット「巣食石」

神話の世界を象徴!女嶽神社のパワースポット「巣食石」

写真:土庄 雄平

島の海岸沿いに多い奇岩奇勝ですが、内陸部にも存在します。中でもパワースポットとして名高いのは、島の北東部・芦辺の山中に位置する「男嶽神社」と「女嶽神社」です。

神話の世界を象徴!女嶽神社のパワースポット「巣食石」

写真:土庄 雄平

これらの神社はそれぞれ、壱岐の国産み神話にて、この島に降臨した「天比登都柱(あまのひとつばしら)」の先導役「猿田彦命」とその妻「天宇受売命(あめのうずめのみこと)」を祀っており、壱岐の中での極めてエネルギーが強く、格式が高い神社として知られています。

神話の世界を象徴!女嶽神社のパワースポット「巣食石」

写真:土庄 雄平

そんな神社の境内には、ゼロ磁場の御神体が存在しており、中でも石が巣のように並んだ女嶽神社の巣食石(すくひいし)が有名!何の変哲もない岩々なのですが、実際目の前に立てば、得も言われぬ雰囲気を放っています。神が造った島・壱岐ならでの霊験に触れましょう!

<女嶽神社御神体/巣食石の基本情報>
住所:長崎県壱岐市芦辺町箱崎釘ノ尾触
アクセス:芦辺港から車で20分

伝説と大自然が交差する場所「壱岐」

様々な伝説が根付く、神々の造った島「壱岐」。そんな神秘的なこの島の特徴を一言で例えるなら"伝説と大自然が交差する場所"でしょう!壱岐の至る所に存在する奇観は、豊かな自然によって造り上げられ、名称やストーリーを与えられる。そして、その伝説が現在まで受け継がれ、神秘的でどこか荘厳な「壱岐」の世界を構築しています。他の離島とは一味も二味も違う、壱岐ならではの雰囲気に触れる奇岩奇勝巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/12/28−2019/12/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -