おとぎ話みたい!トロント近郊のスノーリゾート「ブルーマウンテン」

おとぎ話みたい!トロント近郊のスノーリゾート「ブルーマウンテン」

更新日:2020/01/29 12:07

古屋 江美子のプロフィール写真 古屋 江美子 旅行ライター
冬のカナダは見どころがいっぱい。街の観光もしたいけれど、冬のカナダらしい美しい自然も楽しみたい。そんな人におすすめなのが、トロントから車で約2時間で行ける「ブルーマウンテン」です。

一年中自然の中で遊べるマウンテンリゾートですが、今回は冬の楽しみ方をご紹介。まだ日本のガイドブックではほとんど紹介されていない穴場で、観光地然としていない素朴でチャーミングな雰囲気がとても魅力的なんですよ!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

オンタリオ州最大のスキー場「ブルーマウンテン」

オンタリオ州最大のスキー場「ブルーマウンテン」

提供元:Blue Mountain Village

http://bluemountainvillage.ca/地図を見る

カナダ最大の都市トロントから車で2時間前後で行ける「ブルーマウンテン」。ユネスコ世界生物圏保護区(ユネスコエコパーク)のナイアガラエスカープメントという丘陵地帯を利用したマウンテンリゾートです。

夏はハイキングやマウンテンバイクなどのフィールドアクティビティ、冬はスノースポーツと一年中自然を楽しめます。オンタリオ州の人にとっては気軽に自然を楽しめる定番のおでかけ先。外国人観光客はまだあまり多くなく、カナダらしい素朴で温かな雰囲気です。

オンタリオ州最大のスキー場「ブルーマウンテン」

提供元:Blue Mountain Village

http://bluemountainvillage.ca/地図を見る

冬のお楽しみの筆頭といえば、やっぱりスキーやスノーボード! 「ブルーマウンテン」は1941年にオープンしたオンタリオ州最大のスキー場でもあります。

標高約450mの低い山なので標高差は少ないものの、横に長く40以上のコースがあり、ナイターもばっちり楽しめます。

平均積雪量は350cmと豊富で、シーズン平均は123日間とかなり長く滑れるのも魅力。天気がよければヒューロン湖の東側に広がるジョージアン・ベイまで見渡せなんとも爽快。ゲレンデからビーチを見下ろせる立地はとてもユニークです。

ウェアもギアもレンタルでき、小物も買えるので手ぶらでもOK。レンタルは事前にオンライン予約しておくと時間が有効に使えます。

かわいいロッジが建ち並ぶ「ブルーマウンテン・ビレッジ」

かわいいロッジが建ち並ぶ「ブルーマウンテン・ビレッジ」

提供元:Blue Mountain Village

http://bluemountainvillage.ca/地図を見る

スキー場のふもとには、歩行者専用のリゾート村「ブルーマウンテン・ビレッジ」が広がっています。宿泊施設のほかに、50以上のショップやレストラン、岩盤浴が楽しめる「岩スパ」などがあり、充実した時間を過ごせます。

かわいいロッジが建ち並ぶ「ブルーマウンテン・ビレッジ」

写真:古屋 江美子

地図を見る

夜はライトアップされ、幻想的な雰囲気に。冬季は「Blumination Dream Trail(ブルーマウンテンドリームトレイル)」といって、日暮れから22時まで1時間おきに音楽にあわせてライトが動くショーもあります。

かわいいロッジが建ち並ぶ「ブルーマウンテン・ビレッジ」

写真:古屋 江美子

地図を見る

レストランはジャンルも豊富でランチやディナーは毎日の大きなお楽しみ。醸造所併設のパブ「Northwinds Brew Pub(ノースウィンズブリューパブ)」やワインも豊富なイタリアンレストラン「Magnone’s Italian Kitchen in the Village(マグノニーズイタリアンキッチン・イン・ザ・ビレッジ)」などで、リゾートグルメに舌鼓を!

<ブルーマウンテン・ビレッジの基本情報>
住所:56 Jozo Weider Blvd, The Blue Mountains, Ontario
アクセス:トロントからブルーマウンテン・ビレッジへは車が基本。400号線と26号線経由で約2時間。グレイハウンド社のバスで近郊のコリングウッドまで約3時間。冬季のみAU Coach Toursによるリゾートへのシャトルバスも運行

冒険気分でスノーシューへ!「シーニックケーブ・ネイチャーアドベンチャー」

冒険気分でスノーシューへ!「シーニックケーブ・ネイチャーアドベンチャー」

写真:古屋 江美子

地図を見る

ブルーマウンテンには、「シーニックケーブ」という自然地帯があり、夏は洞窟探検やアスレチックが、冬はスノーシューやノルディックスキーが楽しめます。

初心者が楽しみやすいのはスノーシュー。スノーシューとはいわゆる西洋かんじきで、雪の上を歩くための道具です。とくに技術もいらず、少し歩けばすぐ慣れます。

冒険気分でスノーシューへ!「シーニックケーブ・ネイチャーアドベンチャー」

写真:古屋 江美子

地図を見る

真っ白で静かな世界を歩いていると、心まで清らかになるよう! 歩いていると動物の足跡や鳥のさえずりに心が浮き立ったり、まっかな木の実に目を奪われたりすることも。

冒険気分でスノーシューへ!「シーニックケーブ・ネイチャーアドベンチャー」

写真:古屋 江美子

地図を見る

スノーシューのコースは、0.5〜2km程度でいろいろあり、複数を組みあわせることもできるので、体力やスケジュールにあわせて自由に楽しむことができます。なかには長さ約128mの吊り橋を渡るコースもあり、なかなかスリリング!

こうしたアクティビティは「Scenic Caves Nature Adventures(シーニックケーブ・ネイチャーアドベンチャー)」で受け付けています。

<シーニックケーブ・ネイチャーアドベンチャーの基本情報>
住所 260 Scenic Caves Rd,Blue Mountains, Ontario
電話番号:+1-705-446-0256
アクセス:ブルーマウンテン・ビレッジから車で約10分

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

露天風呂で自然との一体感を!「スカンジネーブ・スパ・ブルーマウンテン」

露天風呂で自然との一体感を!「スカンジネーブ・スパ・ブルーマウンテン」

提供元:Scandinave Spa Blue Mountain

https://www.scandinave.com/blue-mountain/en/地図を見る

のんびり派におすすめなのが、2006年にオープンした「Scandinave Spa Blue Mountain(スカンジネーブ・スパ・ブルーマウンテン)」。自然との一体感がすばらしいスパは、ここだけを目当てにトロントから日帰りで来る人もいるほどの人気スポット。

18歳以上のみ入浴OKで、大声でのおしゃべりはNG。スマホの持ち込みもNG。施設は水着で入る混浴スタイルで、サウナや露天風呂、リラクゼーションスペースなどがあります。なかには読書をしている人もいて、日常や時間を忘れて心からリラックスするのにぴったり。冬の景色はなんとも幻想的です。

<スカンジネーブ・スパ・ブルーマウンテンの基本情報>
住所 152 Grey Road 21, Blue Mountains, Ontario
電話番号:+1-877-988-8484
アクセス:ブルーマウンテン・ビレッジから車で約10分

リンゴグルメで満腹に!「アップルパイ・トレイル」

リンゴグルメで満腹に!「アップルパイ・トレイル」

写真:古屋 江美子

地図を見る

このエリアはカナダを代表するリンゴの名産地。数年前から「アップルパイ・トレイル」というおいしいプログラムもはじまりました。

このプログラムには、ブルーマウンテンやその周辺の街にある、リンゴを使ったスイーツやお酒をつくるカフェやレストラン、ブリュワリーなど28店舗が参加しており、旅行者はマップ片手にそれらを巡れます。夏なら自転車で回るのもアリですが、冬は行きたい数スポットをレンタカーなどでまわるのがよいでしょう。

アップルパイをはじめとしたスイーツはどれも愛情たっぷりといった感じの素朴な味わいで、自然に笑みがこぼれます。

リンゴグルメで満腹に!「アップルパイ・トレイル」

写真:古屋 江美子

地図を見る

お酒類はお土産にぴったり。「Thornbury Cider House(ソーンベリーサイダーハウス)」では、地元で採れたリンゴを使ったアップルサイダーを売っています。クランベリーやスパイスを使ったものなど味わいも多彩です。

リンゴグルメで満腹に!「アップルパイ・トレイル」

写真:古屋 江美子

地図を見る

カナダでは「アイスワイン」が名産ですが、ここではそのリンゴ版「アップルアイスワイン」をぜひ! ブルーマウンテン近くの「ジョージアンベイ」はいまワイナリーが増えている注目のエリア。一番最初にオープンしたワイナリー「Georgian Hills Vineyard(ジョージアンヒルズヴィンヤード)」は、素朴なたたずまいにほっとします。

<アップルパイ・トレイルの基本情報>
住所:28のスポットに点在
電話番号:+1-705-444-7398

冬のカナダの自然を満喫できるリゾート・ビレッジ

「冬にカナダの雪山」へ行く、なんていうと、かなりのスキーやスノーボード上級者を思い浮かべるかもしれませんが、「ブルーマウンテン」は過ごし方の選択肢が多く、必ずしもアクティブに過ごしている人ばかりではありません。美しい自然に囲まれ、心地よいスパやチャーミングなロッジで過ごす時間はそれだけで至福です。

トロントと都市型観光と組み合わせて、気軽にカナダの冬の自然を楽しめるのが魅力の「ブルーマウンテン」。ぜひトロントから一足伸ばしてカナダらしい心温まるリゾートステイを楽しんでみませんか。

取材協力:オンタリオ州観光局

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/12/11−2019/12/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -