加賀・片山津温泉屈指のファミリーリゾート!「ホテル・アローレ」

加賀・片山津温泉屈指のファミリーリゾート!「ホテル・アローレ」

更新日:2020/01/31 09:18

Yuma A.のプロフィール写真 Yuma A. 観光学修士、インバウンド観光推進事業者代表
霊峰白山麓、加賀の国といえばこんこんと湧き出る加賀温泉郷で有名な癒しのスポット。この加賀温泉郷は、粟津温泉、山代温泉、山中温泉そして片山津温泉と4つの温泉街からなる温泉エリアの総称で、歴史ある名湯のオンパレード。しかしそれゆえに旅館が多く、家族向けのリゾートホテルが少ないのが玉にキズ。そんな中、個性を放つのが片山津温泉にある「ホテル・アローレ」。ファミリー向けの設備が万全のリゾートホテルです。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、2020年6月18日(予定)までは一部都道県との間の移動の自粛が求められています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

片山津温泉の特徴

片山津温泉の特徴

写真:Yuma A.

地図を見る

白山の開山と併せて開湯された1300年以上の歴史をもつ温泉エリアですが、それゆえに昔ながらの旅館が多いのが加賀温泉郷の特徴です。

しかし、北に位置する「片山津(かたやまづ)温泉」は若干異彩を放っています。加賀温泉郷の他の温泉街にも総湯があり、日帰り入浴に対応していますが、見ての通り超モダンな造りを見せているのが「片山津温泉総湯」です。

1300年の歴史を感じさせる伝統的な和風のスタイルの建物が多い中、あえてモダニズム建築の雄、谷口吉生氏に依頼した全面ガラス張りの攻めたデザイン。向こうが透けて見えてしまう3Fはカフェになっています。

片山津温泉の魅力の一つである湖「柴山潟」を楽しむための工夫の一つです。そして何より、この柴山潟から湧き出る温泉の利用が明治時代になって利用できるようになり開湯されたのが、この片山津温泉なのです。

他の加賀温泉郷に比べ、新しく!?(明治時代でも古い気がしますが)開かれた温泉のため、こうした冒険的な試みが見られるわけですね。

界隈で珍しい、柴山潟の北に陣取るロケーション

界隈で珍しい、柴山潟の北に陣取るロケーション

写真:Yuma A.

地図を見る

片山津温泉はこの柴山潟を中心に南に多くの宿泊施設が集まっていますが、いずれも和室メインの旅館またはリゾート旅館。そんな中、ゆったりとした洋室を備え、本格リゾートホテルとして有名なのが、柴山潟の北(しかも小高い丘の上!)に唯一陣取る「ホテル・アローレ」です。

界隈で珍しい、柴山潟の北に陣取るロケーション

提供元:ホテル・アローレ

地図を見る

この丘の上は、柴山潟だけではなく霊峰白山の眺めを重視したロケーションとなっており、晴れた日にはバッチリその雄姿を拝めます。

界隈で珍しい、柴山潟の北に陣取るロケーション

写真:Yuma A.

地図を見る

加えてこの白山を望む敷地内では、スポーツアクティビティを楽しめるよう、パークゴルフ(ミニゴルフ)場やテニス場もあり、まるで標高の高い高原リゾートのような雰囲気を醸し出しています。

内部の施設も完全ファミリー対応

内部の施設も完全ファミリー対応

提供元:ホテル・アローレ

地図を見る

ファミリーリゾートとしての施設で大切なのは老若男女問わず楽しめる設備が整っていること。例えば、「屋内プール」ではお子さん用の浮き輪から大人用のサウナまで誰が来ても充実した時間が過ごせるようになっています。

ちなみにレンタル水着があるので、手ぶらでOKです。ただし冬季に限り利用を休止している場合があるので、そこは留意してくださいね。

内部の施設も完全ファミリー対応

提供元:ホテル・アローレ

地図を見る

さらに屋内のアクティビティといえば、卓球にカラオケ。もちろんいずれも完備しており、万全の体制。もちろん温泉(ギリシア風の造りで面白いです!)も良質なので汗を書いたらすぐにドボンですね。

内部の施設も完全ファミリー対応

写真:Yuma A.

地図を見る

部屋は全館洋室で、全てツイン以上のひろびろ設計。さらに大家族向けにコネクティングルームもあり、この「ゆったり感」を求めてリピーターが多いのが特徴。和室や布団が苦手な方にもおススメですね。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

圧倒的なバリエーションの食事

圧倒的なバリエーションの食事

写真:Yuma A.

地図を見る

ファミリーリゾートとして気になるのが食事。旅館の和食だと口に合わないお子さんも多い中、日本料理だけでなく、イタリアンレストランや鉄板焼レストランなど複数のレストランが施設内にあるのもうれしいところ。

圧倒的なバリエーションの食事

写真:Yuma A.

地図を見る

その他、広々とした眺めの良いロビーはカフェとなっており(しかもガラスの向こうのテラスにも出ることができます)、チェックインより早く来てしまった、なんて時もゆったりと過ごせます。

もちろんレストランやカフェは外来客にも開放されています。

圧倒的なバリエーションの食事

写真:Yuma A.

地図を見る

この他、大人向けのバーやラウンジも備えており、昼夜問わず満喫できる施設となっています。こうしたバリエーション豊かなレストランがうけて、近隣の家族の憩いの場として使用されることも多く、宿泊以外の楽しみ方もできるのもホテル・アローレの魅力の一つといえるでしょう。

中でもイタリアンのランチバイキングはこうした日帰り利用客の中で人気となっており、館内施設の利用と併せたセット券も販売しています。

また「加賀カニごはん」の提供もしており(予約要)、こうしたご当地グルメは旅行者にとってはプレミア感があり、うれしい限りですよね。

館内を見て廻れる仕組みづくり

館内を見て廻れる仕組みづくり

写真:Yuma A.

地図を見る

このホテル・アローレは館内を自由に散策してもらえるよう多くの施設を開放しており、館内のウエディングのセレモニーホール(ちなみに屋内神社もあります!)なども自由に見学できます。

館内を見て廻れる仕組みづくり

提供元:ホテル・アローレ

地図を見る

また季節に応じて様々な展示を館内で行っており(写真は芸術家による光のインスタレーションの作品)、自然に散策できるような工夫もされています。館内を散策しやすいルームウェアも各部屋に置いてあります。

館内を見て廻れる仕組みづくり

写真:Yuma A.

地図を見る

リゾートホテルで忘れてはならないのがお土産ですが、ここのお土産ショップも相当凝っています。道の駅などのお土産ショップとは異なり、ミュージアムショップのような加賀の伝統にこだわった品揃えで見るだけでも楽しめます。こうしたこだわりが世代を超えて(子供のころ訪れた人が親になっても訪れる)ファミリー層を惹きつけており、界隈唯一のファミリーリゾートとしての地位を確固たるものにしているわけです。

ホテル・アローレは値段もアクセスも抜群

冒頭で述べた「片山津温泉総湯」へもホテル・アローレの用意するレンタサイクルで簡単にアクセスできます。さらにうれしいのは無料送迎サービス。最寄りの加賀温泉郷駅だけでなく小松空港からの送迎にも対応しており、車だけでなく電車や飛行機で来訪するファミリーにもバッチリ対応しています。

気になるお値段ですが以外にリーズナブルで一泊二食付きで10,000円から。

それでは気を付けていってらっしゃいませ〜

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/12/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -