利便性抜群「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン モントリオール」

利便性抜群「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン モントリオール」

更新日:2020/01/30 09:29

小谷 雅緒のプロフィール写真 小谷 雅緒 ツアーコーディネーター&ガイド
大都会モントリオールで、コンドミニアムのような滞在ができる、それが「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン モントリオール」です。なんと、全室スイートでキッチン付き!とはいえ4つ星、料金が特別高いわけではありません。観光にもビジネスにも交通至便な場所にあり、無料サービスも豊富。家族旅行や中長期滞在に適したホテルです。知れば納得、意外にお得。旅のスタイルに変化が出るかも!?

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

スイートの基本、とにかく客室が広いんです!

スイートの基本、とにかく客室が広いんです!

提供元:Embassy Suites by Hilton Montreal

https://www.hilton.com/en/hotels/yuldnes-embassy-s…

「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン(Embassy Suites by Hilton )」は、ヒルトンが北米で展開する、全室スイートが特徴の4つ星ホテルです。

スイートルームというと一般には、広くて豪華な上級客室と思われていますが、本来は寝室とリビングが独立している、つまり2部屋(以上)ある客室のことです。

写真はキングスイート、広さは56平米!キングサイズベッド1台が備わった寝室とリビングは、引き戸で仕切ることができます。右にあるソファがダブルベッドにもなり、リビングの窓際に大きなワークデスクもあります。奥に見えるのがキッチンエリアです。

スイートの基本、とにかく客室が広いんです!

写真:小谷 雅緒

地図を見る

ヨーロッパや北米では、家族やグループ旅行、あるいは中長期滞在者向けにキッチン付きアパートメントホテルは珍しくありません。これは日本のウィークリーマンションと異なり、あくまでホテルです。

「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン」は、キッチンがあることから、アパートメントホテルともいえます。しかし、サービスや設備の面からも、シティホテルの特徴が先行しています。

ベッドの台数やサイズ、部屋数で客室を選ぼう

ベッドの台数やサイズ、部屋数で客室を選ぼう

写真:小谷 雅緒

地図を見る

「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン」では、スタジオタイプ(ジュニアスイート)の客室も若干ありますが、基本はベッドが1台か2台か、寝室が1部屋か2部屋となっています、また、ソファはダブルサイズのソファベッドになり、多くの部屋が最大大人4名まで宿泊できます。

写真はダブルベッド2台の寝室の様子です。寝室には小さなクローゼットがあり、部屋はリビングとバス・トイレと隣り合わせです。なお、十分な広さのウォークインクローゼットが玄関近くにあります。

ベッドの台数やサイズ、部屋数で客室を選ぼう

写真:小谷 雅緒

地図を見る

キッチンの設備は、シンク、冷蔵庫、電子レンジ、そしてコーヒーメーカー(コーヒーと紅茶付き)です。ミネラルウォーターは2本、毎日補充されます。

キッチンは広く、いかにも何かが作れそうですが、調理道具は何もなく、食器類はグラス類、使い捨てのカトラリーと皿が2組あるだけです。ただし、エキストラの食器類は部屋係に頼むことができます。

とはいえ、これだけの設備があればテイクアウトの料理を温め、冷蔵庫で冷やしたビールやワインで、楽しい部屋食ができるというもの。物価の高いカナダでは、節約貢献度も高いです。もちろん、料理の一部をルームサービスに頼ってもよいでしょう。

*最上級のプレジデンシャルのみフルキッチン(コンロあり)。

ベッドの台数やサイズ、部屋数で客室を選ぼう

提供元:Embassy Suites by Hilton Montreal

https://www.hilton.com/en/hotels/yuldnes-embassy-s…

バスルームも広々!バリアフリーの客室を別にして、バスルームはバスタブ、独立シャワーブース、トイレ、洗面台、いす付き化粧台が設置されています。

バスタブは基本としてジェットバス機能付き!バスタブがあまりに大きいため、お湯を張るのに時間がかかるのはご愛敬です。バスタブにカーテンがないため、シャワー利用時の水・石けん等の飛び散りが気になる人は、シャワーブースをどうぞ。

もちろん、4つ星ホテルとしての標準的なアメニティも十分に備わっています。

コンプリメンタリー(無料サービス)を攻略せよ!

コンプリメンタリー(無料サービス)を攻略せよ!

写真:小谷 雅緒

地図を見る

「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン」の売りは、無料朝食と無料ハッピーアワーです。この「無料」に惹かれて宿泊客が提供時間に殺到することは、モントリオール以外の「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン」でも共通の傾向です。モントリオールの場合も、客室数210に対してレストランのキャパシティーは決して大きくはありません。

ですので、無料サービスを最大限に利用しようと張り切りすぎずに、受け流すくらいのスタンスでいると、楽しく利用できるでしょう。

コンプリメンタリー(無料サービス)を攻略せよ!

写真:小谷 雅緒

地図を見る

まずは朝食について。たしかに混雑していますが、スタッフの手際は悪くなく、席はどんどん回転します。

数種類のパンやシリアル、ベーコンやソーセージ、ポテトフライ、カットフルーツ、ヨーグルト、ジュースやコーヒーなどがビュッフェになっています。写真ではカナダらしく、パンケーキにメープルシロップを添えたもの。生野菜など一切なく、かなりシンプルですが、北米のホテルらしい内容です。

そして、「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン」では「注文形式の朝食」を売りにしていますが、これはたまご料理のことです。好みのたまご料理を作ってくれますが、1人前数分かかるのは仕方ないこと。とはいえ、仮に5〜6人並んでいるとしても、結果として待ち時間は5分程度でしょうか。

どうしても急ぐならば、ビュッフェのスクランブルエッグにしましょう。

コンプリメンタリー(無料サービス)を攻略せよ!

写真:小谷 雅緒

地図を見る

朝食よりも混雑するのが夕方からのハッピーアワーです。「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン」では、チェックイン時に1泊1名に付き2杯分のクーポンがもらえます。これでビールやワインなどのアルコールやソフトドリンクが、簡単なおつまみとともにレストランで提供されます。

物価の高いカナダを思えば、これはかなりお得なサービス!しかし、スタートの17時と同時にレストランは満席となり、そこから終了の19時まで、席が空くことはないでしょう。次の予定に急ぐ朝食時と異なり、お酒は急いで飲むものではありませんから。

さあ、ここで簡単にあきらめないこと!席がない人はロビー(写真)のソファーで飲みますが、それすら満席ならば・・・。カウンターでセルフ注文して、そのドリンクを部屋に持ち帰ってしまう奥の手が!あくまで混雑時の裏技です。

もちろん、これらはサービスですから、利用がなくても返金はありません。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

暮らすような滞在に適した館内施設

暮らすような滞在に適した館内施設

写真:小谷 雅緒

地図を見る

ありがたいのが地下コインランドリーの存在です。公式ウェブサイトや館内案内でも大きく取り上げていないためか、その存在が知られていません。なので、洗濯機と乾燥機が3台ずつですが、いつも空いていることがポイント、そして、24時間利用可能です。

洗濯は40分ほどで終了します。乾燥機もありますが、時間があるのならば部屋干ししても良いでしょう。料金は1.25ドルと格安ですが、大きな問題は5枚の25セント硬貨が必要だということ。両替機はなく、事前に準備する必要があります。

なお、洗剤及び柔軟剤は売店(後述)で購入できます。

*1カナダドル=約85円(2020年1月現在)

暮らすような滞在に適した館内施設

写真:小谷 雅緒

地図を見る

シティホテルらしく、ビジネスセンターやフィットネスセンターも併設されています。館内全域利用可能な無料Wi-Fiのスピードもまずまずなので、有料のハイスピードを利用する必要はないでしょう。

ロビーには売店があり、ドリンクやスナック、簡易キッチンでも調理できる食べ物(カップ麺や冷凍食品)、日用品などが販売されています。これも非常に便利な存在ですが、徒歩8分の場所にIGA Louise Menardという大きなスーパーマーケットがあり、お惣菜もカナダワインも種類豊富、さらにはカナダらしいバラマキみやげに適した商品も充実しています。営業時間も長く、「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン モントリオール」滞在の強い味方となるでしょう。

観光にビジネスに、ロケーションは完璧!

「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン モントリオール」は目の前が国際会議場で、地下鉄Place-d’Armes駅でもあります。モントリオール中央駅も徒歩圏内ですが、大きな荷物がある場合はタクシー利用が賢明です。(所用5分、約10〜13ドル)

「エンバシー スイーツ バイ ヒルトン モントリオール」自身は、モントリオール名物の地下街と直結していませんが、地下街の出入り口はそこら中にあります。地下街にはテイクアウト可能なファストフード店もいっぱい。中華街も徒歩5分の距離です。

ホテルの裏は観光地でもある旧市街ですが、雰囲気は静か。散策に適しています。

何よりも「ヒルトン」の安定感と安心感。はじめてのスイート、あるいはアパートメントホテル利用におすすめです。

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/10/03−2019/10/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -