最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

樹氷と雄大な景色を手軽に楽しむ!冬の長野・北横岳トレッキング

樹氷と雄大な景色を手軽に楽しむ!冬の長野・北横岳トレッキング

更新日:2020/01/26 16:55

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン
長野県にある北横岳は、2480mという標高ながら山頂付近までロープウェイで行け、四季を通して雄大な景色が楽しめる山。中でも冬は、スキー、スノーボードはもちろん、ロープウェイ山頂駅付近でのスノーシュー、さらに山頂までの雪中トレッキングが可能!危険個所も少なく、それなりの装備があれば多くの方が山頂を目指せます。山頂付近の樹氷原や雄大な景色をその目で楽しんでみてはいかがでしょうか?

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

北八ヶ岳に位置する「北横岳」はスノーリゾートの拠点

北八ヶ岳に位置する「北横岳」はスノーリゾートの拠点

写真:佐久田 隆司

地図を見る

長野県北八ヶ岳の北横岳(きたよこだけ)2480mは、ロープウェイで、四季折々の景色やアクティビティーが楽しめるところ。ロープウェイ山麓駅1771mから7分で到着する山頂駅は2237mもあり、手軽な山岳スポットとして人気があります。

北八ヶ岳に位置する「北横岳」はスノーリゾートの拠点

写真:佐久田 隆司

地図を見る

一般的には北横岳はロープウェイを使ったロングコースが楽しめるスキー、スノボの拠点。「ピラタススノーリーゾート」と銘打ったパウダースノーが楽しめる一大スノーリゾートです。

北八ヶ岳に位置する「北横岳」はスノーリゾートの拠点

写真:佐久田 隆司

地図を見る

ロープウェイ山頂駅を降りた「坪庭(つぼにわ)」は、スノーゲレンデの起点となるうえに、坪庭を周回するスノーシューハイキングや、北横岳山頂を目指すスノートレッキングのスタート地点にもなります。

樹氷間を抜け山頂を目指す雪山トレッキングは準備が大切

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは山頂駅がある坪庭から、北横岳・南峰〜北峰を経て坪庭に戻る様子を動画に収めています。

樹氷間を抜け山頂を目指す雪山トレッキングは準備が大切

写真:佐久田 隆司

地図を見る

坪庭から北横岳山頂を往復するルートは、4kmほど。上り下りとも標高差230m程度で約3〜4時間の行程になります。登山経験がない方は、坪庭を周回するスノーシューハイキングが可能です。スノーシュー、ウェア、小物なども山麓駅でレンタルできるので、スキー、スノボに限らず冬山が初めての方でも雪山を楽しめます。

樹氷間を抜け山頂を目指す雪山トレッキングは準備が大切

写真:佐久田 隆司

地図を見る

今回の山頂までのスノートレッキングには、それなりの装備が必要になります。軽度な登山装備と冬山でも暖かい防寒ウェア、手袋、サングラスなどはもちろん、ストック、軽アイゼン、保温ポットなども大切です。

特に軽アイゼンはチェーンスパイクタイプでも上れますが、降雪後などは滑りやすいので最低でも6本爪のものを用意しましょう。アイゼンのレンタルはありませんから、事前に準備しておくことは肝心です。また保温ポットにはお湯などを入れておくのも大切です。ペットボトルなどでは中身が凍る恐れがあります。

北横岳ヒュッテまで樹林帯を進む

北横岳ヒュッテまで樹林帯を進む

写真:佐久田 隆司

地図を見る

坪庭を後に左側に分岐した先は樹林帯の上りです。勾配はさほどではありませんが、積雪量によっては歩きづらいことも。本来八ヶ岳の冬は、晴天率は高く、積雪量が少なめで気温は低い。ただし降雪後はそれなりに積雪が見込まれるので、ストックの先にはスノーリング※を装着してくと安心です。
※トレッキングポールやストックの先に付ける雪用の大きなリング

北横岳ヒュッテまで樹林帯を進む

写真:佐久田 隆司

地図を見る

樹林帯の合間に視界が広がる場所が点在します。天候がよければ美しい空の青と樹氷のコントラストが美しく、さらにまだ風が通らないので割と暖かめ。ここであまり頑張って汗をかくと、濡れた衣服で低体温症になりかねないので、汗が出そうなら少し休むなどの配慮が大切です。

北横岳ヒュッテまで樹林帯を進む

写真:佐久田 隆司

地図を見る

およそ1時間で「北横岳ヒュッテ」に到着します。ここは完全予約制の宿泊施設ですが、休憩するにも最適な場所。ここから先山頂までは勾配も増すので、荒い息を少し落ち着かせるのがいいでしょう。トイレも一回¥100で利用できますが、アイゼンなどは外して利用するのがルールです。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

森林限界を越え、北横岳南峰を目指す

森林限界を越え、北横岳南峰を目指す

写真:佐久田 隆司

地図を見る

北横岳ヒュッテを出発し、再び樹林帯を進むとだんだん森林の数が減ってきます。山頂に到着すると風がもろにあたるので、山頂直下でしっかり、防寒、防風対策をしておくことも大切です。ただしその日の気温や風速によって体感気温も変わるので、汗をかかない程度が重要です。

この辺りから樹氷の姿も変わってきます。樹木に雪が付いただけだったものが、風雪により様々な形に変化して目を楽しませてくれます。

森林限界を越え、北横岳南峰を目指す

写真:佐久田 隆司

地図を見る

北横岳には南峰と北峰があり、2480mの標高は北峰のもの。最初に到達する南峰は2472mです。南峰の山頂は広く平らで、これまで歩いてきた尾根筋や南八ヶ岳などのパノラマが楽しめます。

森林限界を越え、北横岳南峰を目指す

写真:佐久田 隆司

地図を見る

南峰から樹氷間を抜けて北峰へ向かいます。この時点で寒さに耐えられない、また風雪が厳しいようなら素直に折り返し下山するのが得策です。手軽と言いながらここは標高2480m前後の雪山ですので、楽観視は禁物です。

最高峰の北峰で素晴らしい雪山のパノラマを

最高峰の北峰で素晴らしい雪山のパノラマを

写真:佐久田 隆司

地図を見る

北峰までの樹氷間は美しい景色とともに、これまでよりも積雪量が増えます。山頂は風で雪が吹き飛ばされているので、さほどでもありませんが、この区間はしっかりストックをついてトレース※をたどるのがセオリーです。
※前の人が歩いたと思われる跡

最高峰の北峰で素晴らしい雪山のパノラマを

写真:佐久田 隆司

地図を見る

北峰に到着する前に、日本百名山の蓼科山(たてしなやま)2530mが見えてきます。プリン型の美しい山容は北八ヶ岳の象徴です。

最高峰の北峰で素晴らしい雪山のパノラマを

写真:佐久田 隆司

地図を見る

北峰は南峰と同じく広く平らな形状だけに、やはり風雪が厳しいところ。樹氷とパノラマが手に取れるように眺められる素敵なところです。

アルプス並みの標高ながら手軽にアクセスできる北横岳は、しっかりした準備と天候を鑑みれば誰でもチャレンジできます。ただし過信や慢心は禁物。慎重な行動で真冬の北八ヶ岳を楽しんでみてはいかがでしょうか?

北横岳の基本情報

住所:長野県南佐久郡佐久穂町大字上
電話番号:
0266-67-2009(ピラタススノーリゾート)
0266-67-2222(蓼科高原観光協会)
アクセス:JR中央線茅野駅より北八ヶ岳ロープウェイ行きバスにて約1時間

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/01/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -