冬限定!奇跡の花フロストフラワーを見に北海道阿寒湖へ

冬限定!奇跡の花フロストフラワーを見に北海道阿寒湖へ

更新日:2020/01/28 17:32

Mayumi Kawaiのプロフィール写真 Mayumi Kawai 絶景ハンター、トラベルライター、自称ミステリーハンター
フロストフラワーって聞いたことがありますか?厳冬期、ある一定条件のもとに生まれる氷の結晶=霜の花であり、気温が上昇すると溶けてしまうことから「奇跡の花」ともいわれています。

そんなガラス細工のような奇跡の花が高確率で出現し、しかも花畑のように大規模、そして3月頃まで見ることができる北海道の阿寒湖。ぜひ今度、北海道で奇跡の花畑を鑑賞しに出かけてみませんか?
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

フロストフラワーとは

フロストフラワーとは

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

フロストフラワーの「フロスト」は英語で「霜(frost)」の意味、つまり「霜の花」あるいは「冬の華」ともいわれる氷の結晶が生み出した自然のアートです。

主に湖沼や河川、水たまり周辺などで見られ、水面から立ち上る水蒸気が凍って一枚の羽のような結晶を生み出し、やがてそれが幾重にも折り重なって、ガラス細工のように可憐で繊細な氷の華に成長します。

息を吹きかけたり手で触ったり、あるいは朝日を浴びて気温の上昇とともにはかなく消えてしまうことから「奇跡の花」ともいわれています。

フロストフラワーとは

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

フロストフラワーの発生にはクリアすべきいくつかの最低条件があります。1つは、結氷した湖沼等の表面に雪が降り積もらず、かつ氷が厚く張っていないこと。あくまでもフロストフラワーの核となる水蒸気が発生しやすい環境でなければなりません。次に、気温がマイナス15度以下であること、そして最後に無風あるいは微風状態であることが挙げられます。これらすべての条件が揃ってはじめて「奇跡の花」が誕生するのです。

一般的にこれらの条件が揃いやすいベストシーズンは厳冬期の12月から1月といわれています。しかし、北海道の阿寒湖は、その独特の地形から、高確率で、かつ3月上旬まで見られるという、フロストフラワーにとってはいわば恵まれた環境にあるのです。

阿寒湖に生まれた奇跡の花!フロストフラワーの花畑

阿寒湖に生まれた奇跡の花!フロストフラワーの花畑

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

天然記念物のマリモで有名な道東の阿寒湖。火山の噴火によって誕生したこのカルデラ湖は、湖底から湧き出る温泉の影響で厳冬期でも氷が分厚くなりすぎず、しかも雌阿寒岳や雄阿寒岳の周囲の山々が平野部から吹き込む強風を遮って無風状態を生み出しやすい地形となっています。

さらに、阿寒湖の水面標高は420mと厳しい冷え込みをもたらしやすい立地条件から、高確率でフロストフラワーが発生する環境といえるのです。

阿寒湖に生まれた奇跡の花!フロストフラワーの花畑

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

フロストフラワー自体は、実は条件さえ揃えば比較的どこでも発生します。たとえば、水を張ったバケツや道端の水たまりなど。しかし、花畑といえるほどの大規模な広がりが見られるのはここ阿寒湖ならではなのです。

この奇跡の花畑は、肌を突き刺すような痛寒い氷点下にいることを一瞬忘れさせてしまうほど、圧倒的な美しさを誇っています。

阿寒湖に生まれた奇跡の花!フロストフラワーの花畑

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

気温の上昇とともに消えてしまう「奇跡の花」は、夜明け近くの早朝の観賞がベスト。ただし、冷え込みが強い日の朝など気象条件次第では午前10時過ぎまで見られることもあります。

湯壺にご用心!

湯壺にご用心!

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

フロストフラワーは、温泉水が湧き出て結氷しない「湯壺」と呼ばれる穴を覆う薄氷に発生しやすいといわれています。そのため、一見すると分厚く張られたかに見える氷が実はトラップのごとく落とし穴になる可能性が高いため、独自の判断による散策はかなりの危険を伴います。

そこで、阿寒湖では豊富な知識と経験を備えた地元ガイドによる早朝湖上散歩ツアーが開催されています。詳しくは関連メモにある釧路阿寒湖観光公式サイトおよび阿寒湖ネイチャーセンターのホームページをご参照ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

阿寒湖では霧氷やダイヤモンドダストも鑑賞できる!

阿寒湖では霧氷やダイヤモンドダストも鑑賞できる!

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

フロストフラワーを発生させるほどの厳しい冷え込みは、周囲の木々を美しい霧氷で包みこみ、運が良ければダイヤモンドダストを見ることもできます。凍った湖上で北海道の冬の魅力が一度に味わえる阿寒湖は、しばれる寒さに耐え忍んでも訪れる価値のある絶景スポットといえます。

そして最後に、芯まで冷え切ったからだを良質な阿寒湖温泉で癒やせば、心地よい達成感に包まれること間違いありません。ぜひ今度、冬の北海道の奇跡を観賞しに足を運んでみませんか。

阿寒湖へのアクセス

阿寒湖へのアクセス

写真:Mayumi Kawai

地図を見る

釧路市内から阿寒湖温泉まではおよそ60km、車では所要1時間ほどの距離にあります。バスの場合は、釧路空港から阿寒湖温泉直通、所要1時間の阿寒エアポートライナーがおすすめ。「丹頂の里」停留所で途中下車可能なので、お土産の物色やご当地グルメも楽しめます。またJR釧路駅発の場合は、阿寒バスで所要2時間ほどです。スケジュール等の詳細は関連メモにある「阿寒バス」ホームページをチェックしてくださいね。

阿寒湖の基本情報

住所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉 阿寒湖国立公園内
電話番号:0154-67-3200(NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構直通)
入場無料

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -