美しすぎる霊峰白山の大パノラマ!飛騨高山「大日ヶ岳」雪山登山

美しすぎる霊峰白山の大パノラマ!飛騨高山「大日ヶ岳」雪山登山

更新日:2020/01/30 12:40

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 日本深掘りサイクリスト、樹氷を愛する登山家、B級グルメ探訪家
雪山初心者に打ってつけの山が多く存在する飛騨高山。その中で最もイージーながら、圧倒的な大展望が楽しめる山として知られるのが「大日ヶ岳」(標高1708m)です。夏は飛騨の避暑地、冬はスキーリゾートとして賑わう"ひるがの高原"を山麓にもつこの山は、雪山入門に最適!登山装備を整えれば誰でも挑戦でき、趣あるブナの樹林歩きから森林限界の稜線部、白山の美しい山容など雪山の情緒が詰まっている山です。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

実は隠れた名山の宝庫!「飛騨」の標高1500m級の峰々

実は隠れた名山の宝庫!「飛騨」の標高1500m級の峰々

写真:土庄 雄平

地図を見る

登山の世界でいえば"北アルプスの登山拠点"というイメージが強い飛騨地方ですが、実はそうしたメジャーな山々以外にも、知る人ぞ知る名山が多く存在しています。それらの多くは標高2000m以下ではありますが、個性豊かな登山道やパノラマを有しており、マニアな登山愛好家に人気を誇っています。

実は隠れた名山の宝庫!「飛騨」の標高1500m級の峰々

写真:土庄 雄平

地図を見る

今回紹介する「大日ヶ岳」もその一つ!ひるがの高原や、高鷲スノーパーク・ダイナランドといったスキー場の名前は、一度は耳にしたことのある人も多いと思いますが、この山の名前を知る人は少ないでしょう。しかし、これらの観光地は全て、実は大日ヶ岳の山麓部分にあたるのです。

スタートは「ひるがの高原」から!ふかふかな雪道歩きが楽しい

スタートは「ひるがの高原」から!ふかふかな雪道歩きが楽しい

写真:土庄 雄平

地図を見る

大日ヶ岳には三つの登山道がありますが、最も好まれるのが「ひるがの高原」から登るルート!なぜなら最もアクセスしやすく安全で、かつ後半には絶景を堪能できるルートだから。手軽さでいえば、スキー場であるダイナランドから登るルートもありますが、駐車料金とリフト料金が掛かってしまうため、登山者の多くはこちらを選択します。

スタートは「ひるがの高原」から!ふかふかな雪道歩きが楽しい

写真:土庄 雄平

地図を見る

ひるがの高原SAのスマートICを降りて、車で10分ほど。ひるがの高原のコテージの横を通りぬけたら登山口へと到着します。登山口の場所は分かりにくいため、上の画像をクリックして確認するか、関連MEMOを参照するようにしてください。

スタートは「ひるがの高原」から!ふかふかな雪道歩きが楽しい

写真:土庄 雄平

地図を見る

さぁ登山口で準備を整えたら、雪のブナ林へと突入です!厳冬期(12月〜3月)にはスタートからふかふかの雪道が広がるので、最初から極上の山歩きを楽しむことができます。「どんな風景がまっているのだろう」と心躍らせながら、非日常の世界へと足を踏み入れましょう!

雪山の樹林歩きを満喫し、一つ目の絶景ポイントへ

雪山の樹林歩きを満喫し、一つ目の絶景ポイントへ

写真:土庄 雄平

地図を見る

ひるがの高原から始まる登山道の唯一のネックは、距離があるということ!道自体危ない箇所や急激な登りは少ないのですが、往復で14kmほどあるので淡々と歩いていくことが重要です。途中、景色はほとんど開けないので、一心不乱に歩いていきましょう。

雪山の樹林歩きを満喫し、一つ目の絶景ポイントへ

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして登山開始から約1時間半、一服平を越えて進んでいくと、ようやく展望スポットへと到着です。本当に短い区間ではありますが、目の前には真っ白に彩られた白山連峰が広がります。まさに霊峰と呼ぶにふさわしい神々しい山容に思わず見惚れてしまうこと間違いなし!

雪山の樹林歩きを満喫し、一つ目の絶景ポイントへ

写真:土庄 雄平

地図を見る

そこから一旦は樹林帯へ戻りますが、次第に展望が開けてきます。大日ヶ岳の山頂手前のピークに辿り着けば、ゴールの山頂はもう目の前!雪山の真っ白な景色と青空のコントラストが美しく、山の斜面に影となっている枯れ木はまさに水墨画のよう。ラストスパートを踏ん張りましょう!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

美しすぎる霊峰「白山」!山頂に広がる360度の絶景を堪能

美しすぎる霊峰「白山」!山頂に広がる360度の絶景を堪能

写真:土庄 雄平

地図を見る

そうして山頂へと到着すると、そこは目を疑う光景が!山頂標識の奥に、日本三大霊山の一つ「白山」の雄大な山容がどっしりと広がります。名前の通り、雪をかぶった厳冬期の白山は純白に輝き、惚れ惚れしてしまう美しさ。なお山頂は森林限界となっているため、木々に遮られることなく見渡すことが可能です。

美しすぎる霊峰「白山」!山頂に広がる360度の絶景を堪能

写真:土庄 雄平

地図を見る

また白山の周囲には、荒島岳や経ヶ岳、野伏ヶ岳など標高1500m〜2000mの峰々が取り囲んでいるため、複雑な山並み景観を呈しています。しかしながらそれ故に、景色のダイナミックさと重層感が増し、白山の存在感が際立つのです。天候が良ければ北アルプスや乗鞍岳なども遠望可能!360度の絶景を思いっきり堪能しましょう。

美しすぎる霊峰「白山」!山頂に広がる360度の絶景を堪能

写真:土庄 雄平

地図を見る

なお山頂は三つの登山口が合流する場所になっています。ひるがの高原から登るルート以外では、ダイナランドのリフトを降りて前大日から山頂を目指すのが最も楽な行程。体力に不安な方はこりらを利用してみても良いかもしれませんね!

大日ヶ岳はメジャーな山なので、比較的登山者は多くトレース(足跡)もしっかりしています。また登山道も迷う箇所は特にありません。安全のため日没の3時間前には下山を開始することだけ心掛けるようにしましょう!

雪山初心者にもってこい!雪の「大日ヶ岳」へ登ろう

雪山初心者にもってこい!雪の「大日ヶ岳」へ登ろう

写真:土庄 雄平

地図を見る

雪がない時期に比べて、格段にハードルが上がる「雪山」ですが、しっかり装備を整えて、しっかり山を吟味すれば初心者でも気軽に挑戦することができます。今回紹介した「大日ヶ岳」は、雪山入門に最も適している山の一つ。なぜなら、迷う箇所も危ない区間もなく、それでいて雪道歩き、稜線のパノラマ、山頂の絶景と雪山の醍醐味が凝縮しているから。ウインタースポーツも良いですが、それらとは違った魅力のある「雪山登山」。ぜひ、大日ヶ岳から始めてみてはいかがでしょうか?

大日ヶ岳の基本情報

住所:岐阜県郡上市白鳥町前谷
アクセス:高速中央道・ひるがの高原スマートICを降りて、ひるがの高原登山口まで車で10分、登山口から往復6時間

※備考
・アイゼンは必須装備です。また冬山の稜線は風が一段と寒いため、防寒着には余裕を持っておくと良いでしょう。ワカンやスノーシューがあれば尚よし。
・スニーカーでは冬山は登れません。防水性能をもったトレッキングシューズを持参しましょう。

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/01/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -