最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

山頂に一本の氷の桜!飛騨高山「位山」に咲く奇跡の"霧氷桜"

山頂に一本の氷の桜!飛騨高山「位山」に咲く奇跡の"霧氷桜"

更新日:2020/02/09 17:13

土庄 雄平のプロフィール写真 土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー
空気中の水分が過冷却され、木々に付着することでできる「霧氷」。多くの登山愛好家たちに親しまれる冬山の風物詩ですが、その中で今、密かに話題となっている霧氷があります。それは、飛騨高山に位置する日本二百名山「位山(くらいやま)」の"霧氷桜"。麓のスキー場から2時間程歩き、山頂広場へ到着すれば、そこには青空を背景に、さながら満開の桜が咲くように佇む霧氷が現れます。思わず立ち尽くしてしまう奇跡の絶景です。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

知られざる霧氷の山!飛騨高山「位山」

知られざる霧氷の山!飛騨高山「位山」

提供元:高山市公式観光サイト

http://kankou.city.takayama.lg.jp/s/index.html地図を見る

乗鞍岳の山麓にあり、北アルプスへの登山拠点というイメージの強い「飛騨高山」ですが、実は標高2000m以下でも素晴らしい名山を多く有しています。今回紹介する「位山(くらいやま)」はその筆頭格!

なぜなら市内から好アクセス、登山道はよく整備され、初心者でも登りやすく、そして頂上付近では山ならではの絶景を楽しめるから。そのため四季を通じて、地元を中心に多くの登山愛好家に親しまれています。

知られざる霧氷の山!飛騨高山「位山」

写真:土庄 雄平

地図を見る

そんな「位山」が最も美しく姿を変えるのが、12月〜3月の冬季。イチイやブナなどの木々が全て霧氷へと変わり、山一帯を覆い尽くします。青空と霧氷の色彩のコントラストは息を呑む美しさで、まさに冬の芸術品です。

知られざる霧氷の山!飛騨高山「位山」

写真:土庄 雄平

地図を見る

その中で、密かに話題なのが「位山」山頂広場にある特大のブナの霧氷です。開けた空間の中に、一本どっしりと迫力抜群で佇み、まるで冬に咲く満開の桜のよう!見れば見るほどに繊細な霧氷の花と、鮮やかな青空に引き込まれていきます。

急激に冷え、降雪があり、翌日快晴と条件を揃えるのは中々難しいものの、一度は見たい飛騨高山の知られざる絶景です。

霧氷桜に会いに行くには?ルート概要と必要な装備

霧氷桜に会いに行くには?ルート概要と必要な装備

写真:土庄 雄平

地図を見る

それでは「霧氷桜」に会いにいくためのルートの概要や装備について解説していきましょう!

まずアプローチですが、飛騨高山から南に10kmほど車で走ったところにあるスキー場・モンデウス飛騨位山スノーパークが登山口。スキー場のリフトor徒歩で、リフトの一番高い地点まで辿り着けば登山開始です!

この区間は体力も必要で、斜面も急なため滑ることも多く、雪山登山に慣れていない人はリフトを活用するのが賢明でしょう。

霧氷桜に会いに行くには?ルート概要と必要な装備

写真:土庄 雄平

地図を見る

「登山口」の看板に従って、山頂まで続く登山道へ入っていきます。基本的に道は明瞭で、目印となるピンクリボンが付けられており、特に土日で天気が良い場合はトレース(足跡)が付いていることが多いため、道に迷う心配はありません。

しかし後半になると一部木々に挟まれ、道が細くなり「ちゃんと道を進んでいるか」不安に感じる方もいるかもしれません。不安な方は、念のため雪がない時期に事前に登っておくと安心です!

霧氷桜に会いに行くには?ルート概要と必要な装備

写真:土庄 雄平

地図を見る

装備としては軽アイゼン(できれば6本爪まであれば望ましい)と防水ウェア上下・防水靴・手袋が必要です。山頂以外は風に晒される場所もなく、雪山としてはそれほど環境が厳しくなく、雪山初心者でもトライしやすいのが嬉しいところ。

また樹林帯で覆われ、やや豪雪地帯から外れているこの山では、膝まで埋まるような積雪は滅多になく、ふかふかの雪山歩きを満喫することができますよ。

位山登山のルートを詳細解説!霧氷の森を抜けて天の岩戸へ

位山登山のルートを詳細解説!霧氷の森を抜けて天の岩戸へ

写真:土庄 雄平

地図を見る

モンデウス飛騨位山スノーパークの上から始まる「位山登山口」の距離は往復10km。これだけ見るとハードルが高そうなのですが、位山山頂までの標高差は400m程しかなく、登山道の傾斜が緩いのが特徴です。

まずスタートから位山の特徴である美しい樹林帯へ入っていきます。山頂の「霧氷桜」を見に行く場合、前日急激に冷え、降雪があることが条件なので、この時点で霧氷が現れるはず!森全体が霧氷の森と化し、青空との美しいコントラストを楽しむことができますよ。

位山登山のルートを詳細解説!霧氷の森を抜けて天の岩戸へ

写真:土庄 雄平

地図を見る

導線が明瞭な登山道を2kmほど進んでいけば「尻立岩」という奇岩が現れ、丸太の椅子が置いてある休憩スペースへ到着!ここまではトレースが無くとも全く問題無く来ることができるでしょう。

少し注意が必要なのはこの先です!道の導線自体は追えるのですが、木々に挟まれ道が細くなっていくため、少し道を読む能力が問われます。基本的にトレースに従えば大丈夫なのですが、万が一迷ったかも?と思ったら来た道を必ず引き返して、正規の登山道を探してくださいね!

山中は電波が立っているところと圏外の場所があります。グーグルマップ等のGPSは使用できるので、現在地の参考にすると良いでしょう。

位山登山のルートを詳細解説!霧氷の森を抜けて天の岩戸へ

写真:土庄 雄平

地図を見る

そして尻立岩から1km程狭い登山道を進んでいけば、鏡岩という奇岩で三叉路に当たります。これはもう一つの登山道(ダナ平林道登山口から登るルート、冬季はアクセス不可)の合流点。

これを標識に従って左へ曲がり、再び道が広く明瞭な登山道へと戻れば、山頂まではあと僅か!これ以後、標識が何度も登場するので、その表示に合わせて進んでいけばゴールになります。

健脚の人で1時間半、通常の人で3時間弱あれば辿り着くことができるでしょう!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

奇跡の絶景!位山「霧氷桜」心洗われる冬の花見を

奇跡の絶景!位山「霧氷桜」心洗われる冬の花見を

写真:土庄 雄平

地図を見る

位山山頂は展望が良いわけではないものの、そのすぐ近くにある山頂広場は開けており、天気が良ければ日本三大霊山の一つ「白山」の雄大な峰々を眺めることが可能です。

そしてこの山頂広場の醍醐味は、冬になると一面「霧氷原」へと変わること!開けている広場から360度眺めることのできる霧氷は圧巻です。

奇跡の絶景!位山「霧氷桜」心洗われる冬の花見を

写真:土庄 雄平

地図を見る

その中で一際存在感を放っているのが、「霧氷桜」。どっしりとした幹から幾つもの枝が分かれ、均整的な佇まいのブナの木へ、白い霧氷の花が咲き誇った姿を例えた比喩です。

迫力がありながらも繊細で、陽のあたり加減で輝きを変えるその姿は、まさに奇跡の絶景!鮮やかな青空との対比は、吸い込まれそうになる美しさを纏っています。

奇跡の絶景!位山「霧氷桜」心洗われる冬の花見を

写真:土庄 雄平

地図を見る

一本でも見応えのある「霧氷桜」ですが、近くにある枝垂れ桜のような霧氷から撮影すれば、山頂広場の青と白の世界を表す一枚を撮影できますよ!純白の輝きに、まさに心洗われるよう!

見れば見るほどに繊細な霧氷の花と、鮮やかな青空の対比を楽しんでくださいね。

なお霧氷は天気が良いと、午前中で溶けてしまうということも!位山の「霧氷桜」を見る場合、お昼には山頂へ到着する計画を立てるのがベターでしょう。

美しい霧氷桜へ会いに行こう!飛騨高山「位山」雪山登山

美しい霧氷桜へ会いに行こう!飛騨高山「位山」雪山登山

写真:土庄 雄平

地図を見る

危ないのではないか?という先入観や、十分な装備(アイゼン・防水ウェア・手袋・防水トレッキングシューズ)が必要なため、ハードルが高い感は否めない"雪山登山"ですが、装備を整え、登る山をしっかり選択すれば、初心者でも登頂できる山は多くあります。

美しい霧氷桜へ会いに行こう!飛騨高山「位山」雪山登山

写真:土庄 雄平

地図を見る

今回紹介した「位山」は最もお勧めする山の一つ。なぜなら前述の通り、難易度は低く、体力に自信がなくても登頂でき、山頂では忘れられない絶景に出会えるから。

青空の下で、満開の桜のように咲く「霧氷桜」は、他のどの場所でも見ることのできない絶景。木の形や、この地の気象条件、そして天候が組み合わさった自然の芸術作品です。

登山装備を一式揃えてでも、見る価値が大いにある景色だと言えるでしょう!

美しい霧氷桜へ会いに行こう!飛騨高山「位山」雪山登山

写真:土庄 雄平

地図を見る

また少し体力と時間に余裕のある人は、マニアな登山愛好家に好まれる位山〜川上(かおれ)岳の縦走ルート「天空遊歩道」まで少し足を延ばしてみるのも面白いかもしれませんね!

雪山入門に最適で、圧倒的な絶景を見せてくれる冬の「位山」。是非一度入念に計画・準備を整えてトライしてみては?きっと青と白の美しい世界の虜になること間違いなし!

位山の基本情報

住所:岐阜県高山市一之宮町段
アクセス:高山市街から「モンデウス飛騨位山スノーパーク」まで車で30分(駐車無料)、スキー場のリフトに乗って「位山登山口」へ到着後、山頂まで往復4時間〜6時間

※備考
・アイゼン・防水ウェア・手袋は必須装備です。また冬山の稜線は風が一段と寒いため、防寒着には余裕を持っておくと良いでしょう。
・スニーカーでは冬山は登れません。防水性能をもったトレッキングシューズを持参しましょう。
・12月中旬以降、急激に冷えた翌日に、登山を行うと樹氷が見れる確率が上がります。

2020年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/02/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -