千葉・八千代市「新川千本桜」は両岸1200本!サイクリングもおすすめ

千葉・八千代市「新川千本桜」は両岸1200本!サイクリングもおすすめ

更新日:2020/02/22 15:05

咲田 みつるのプロフィール写真 咲田 みつる ハイカー、鈍足のトレイルランナー
千葉県の印旛沼ー新川ー花見川ー東京湾へと続く川は勾配が少なく歩きやすい上、美しい桜並木が多く、お花見ハイキング&サイクリングにおすすめです!中でも八千代市の新川沿い「新川千本桜」は、約1,200本もあり、見どころ満載!「道の駅やちよ」や公共交通の駅を起点に並木が続きます。エリア毎に開花時期の違う品種が植栽されている為、3〜4月中旬にかけ、河津桜やソメイヨシノの開花リレーが約1ヶ月半も楽しめます。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

新川千本桜は実は1200本!

新川千本桜は実は1200本!

写真:咲田 みつる

地図を見る

桜の開花リレーが、3〜4月のおよそ1ヶ月半に及んで続く…千葉県八千代市の新川沿いには、両岸あわせて約19kmの新川遊歩道が整備されており、そのほぼ全域(大和排水機場〜阿宗橋)に桜が植栽されています。

新川の川幅は広く、また流れは非常にゆったりとしているため、水鏡のように空を映しこんでいます。桜とともにその水鏡に、心癒されることでしょう。

新川千本桜は実は1200本!

写真:咲田 みつる

地図を見る

新川千本桜の主な品種と、例年の見頃の時期は以下のとおりです。
・河津桜(3月上旬〜中旬)
・陽光(3月下旬)
・ソメイヨシノ(3月下旬〜4月上旬)

新川千本桜は実は1200本!

写真:咲田 みつる

地図を見る

新川千本桜の植栽は、その多くが、八千代市の「新川千本桜植栽事業」(平成12年〜)によるものです。事業開始にあたって、市が桜の里親(寄付や管理を行う人)を募りました。そのため、桜には一本ごとに里親の心温まるメッセージのプレートが添えられています。現在、維持管理は里親や市民ボランティアで構成される「新川千本桜の会」によって行われ、まさに市民の手によるオアシスとなっています。

次項からそれぞれの植栽エリアと見どころを、開花順に紹介していきます。

河津桜695本は道の駅より北

河津桜695本は道の駅より北

写真:咲田 みつる

地図を見る

河津桜は例年3月上〜中旬に見頃を迎えます。濃いピンク色の花が特徴で、大変見ごたえがあります。植栽エリアは道の駅やちよを起点として、北側(上流側)へ約4.6km。橋で言うと、八千代橋〜阿宗橋の間にびっしりと並木が続きます。

多くの人が道の駅を起点にして歩きはじめ、およそ1kmあたりで折り返します。そのため、それより上流は人の数も少なく、のんびりとお花見を楽しむことができます。端から端まで歩くと、河津桜のエリアだけでも、往復で9km以上となりますので、道の駅でレンタサイクルを利用するのも良いでしょう。

河津桜695本は道の駅より北

提供元:八千代新川千本桜まつり実行委員会

例年3月上旬の週末に「八千代新川千本桜まつり」のイベントとして、ライトアップが行われます(※2020年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止)。風のない日は、新川の川面に桜並木が見事に映りこみ、並木をダブルで楽しめます!

陽光522本は道の駅より南

陽光522本は道の駅より南

写真:咲田 みつる

地図を見る

河津桜からバトンを受け取る形で開花するのは、「陽光」です。河津桜と同じく濃いピンク色の花が特徴です。例年の見頃は3月下旬〜4月上旬ですので、後述するソメイヨシノとも時期が重なります。植栽エリアは道の駅やちよを起点として、南側(下流側)へ約3km。橋で言うと、八千代橋〜宮内橋の周辺に並木が続きます。

陽光522本は道の駅より南

写真:咲田 みつる

地図を見る

陽光の植栽エリアも河津桜同様に長く、往復すると約6kmになります。他のエリアと比べると花見客は少なく、新川千本桜の中では、穴場のお花見スポットと言えます。この区間には東岸にベンチが設置されていますので、休憩しながらハイキングやサイクリングも良いでしょう。

陽光522本は道の駅より南

写真:咲田 みつる

地図を見る

陽光の植栽エリアは宮内橋周辺までですが、その宮内橋付近には、他の品種の桜も集結しており、見事な桜のトンネルを形作っています。ソメイヨシノをメインにお花見を計画している場合も、是非この宮内橋付近の穴場には足を運ぶことをおすすめします。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

ソメイヨシノ78本は村上橋付近

ソメイヨシノ78本は村上橋付近

写真:咲田 みつる

地図を見る

陽光の開花と重なる形で、開花リレーのアンカーを務めるのは、ソメイヨシノです。例年の見頃は4月上旬〜中旬です。片道1.5kmほどですが、大木が多く、非常に見ごたえのあるエリアです。

ソメイヨシノ78本は村上橋付近

写真:咲田 みつる

地図を見る

植栽エリアは主に村上橋付近です。駅からアクセスしやすいことや、周辺に大型商業施設があること、見頃の時期が学校の春休みと重なることなどから、大変な賑わいです。

レジャーシートを広げられる公園や緑地もありますが、競争率は激しいです。しかし上述の陽光のエリアまで足を伸ばせば、比較的空いていますので、快適なお花見を楽しめるでしょう。

花見川へのサイクリングもおすすめ

花見川へのサイクリングもおすすめ

写真:咲田 みつる

地図を見る

印旛沼からの流れは、大和田排水機場を境にして、上流を新川、下流を花見川と呼び分けています。自前の自転車で旅するサイクリストは、ソメイヨシノの時期なら、新川からさらに下流の千葉市の花見川を目指してロングライドのお花見を楽しむのも良いでしょう。

花見川沿いもまた、見ごたえのある桜並木が続きます。詳しくは、別記事(下記:関連MEMOにリンクあり)にてご紹介しています。是非、新川千本桜とあわせてお楽しみください。(上部画像は花見川千本桜緑地)

新川千本桜の基本情報

住所:千葉県八千代市(新川遊歩道沿いのほぼ全域)
アクセス:
(河津桜・陽光の植栽エリア)
道の駅やちよを起点とする場合
・東葉高速線または京成本線の勝田台駅南口
・東葉高速線八千代中央駅
より東洋バス「米本団地」にて下車、徒歩約7分。
(ソメイヨシノの植栽エリア)
・東葉高速鉄道八千代中央駅下車、徒歩約10分。
・東葉高速鉄道村上駅下車、徒歩約15分。

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/14−2019/04/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -