千本の梅が斜面を染め上げる!神奈川県相模原市「本沢梅園」

千本の梅が斜面を染め上げる!神奈川県相模原市「本沢梅園」

更新日:2020/02/11 11:14

沢原 馨のプロフィール写真 沢原 馨
神奈川県相模原市緑区の川尻地区に「本沢梅園」という見事な梅林があります。多摩・相模地域でも有数の梅の名所として知られ、毎年多くの観梅客が訪れます。「本沢梅園」には約千本の梅があり、その梅が斜面を染め上げる景観は実に素晴らしいものです。すぐ横には城山湖もあり、併せて訪ねてみるのもお勧め。梅が見頃を迎える季節、相模原市の「本沢梅園」を訪ねてみませんか。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外出自粛要請が出されている都道府県があります。各種報道機関の発表や自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

約千本の白梅が斜面を染め上げる景観が圧巻!

約千本の白梅が斜面を染め上げる景観が圧巻!

写真:沢原 馨

地図を見る

「本沢梅園(ほんざわばいえん)」があるのは神奈川県相模原市緑区の川尻地区。谷筋が西に奥まったところで、すぐ西側には城山湖が横たわっています。緑豊かな、長閑な風景の広がるところです。

その長閑な風景の中、3haほどの斜面を埋め尽くして約千本の梅が咲き誇ります。ほとんどが「白加賀」という品種の白梅。千本の白梅が斜面を染め上げる様子は素晴らしいものですよ。圧巻の景観です。

約千本の白梅が斜面を染め上げる景観が圧巻!

写真:沢原 馨

地図を見る

「本沢梅園」は、昭和39年(1964年)のダム建設で発生した残土で埋め立てられた場所の跡地利用として、梅を植栽したもの。当時、この辺りは津久井郡城山町でした。城山町は平成19年(2007年)に相模原市に編入されましたが、「本沢梅園」は城山町時代から梅の名所として広く知られ、相模原市緑区の一部となった今でもその知名度は変わらず、早春には多くの観梅客が訪れて賑わいます。

寒さがようやく和らぐ頃、千本の梅を見に「本沢梅園」を訪ねてみませんか。

梅林は南側斜面、陽光を浴びる梅林の美しさを堪能しよう

梅林は南側斜面、陽光を浴びる梅林の美しさを堪能しよう

写真:沢原 馨

地図を見る

「本沢梅園」は谷筋の奥まったところの斜面という立地。北側の最も高くなった部分に、道路に面して出入口が設けられています(出入口はここだけ)。そこから園路が“つづら折り”となって斜面を下り、その園路を辿って観梅が楽しめるというわけです。

梅林は南側斜面、陽光を浴びる梅林の美しさを堪能しよう

写真:沢原 馨

地図を見る

梅林を縫うように辿る園路の両脇に美しい景観が広がります。梅林の斜面は南に面していますので、梅の花は早春の陽光を浴びて輝いています。逆光の中に浮かぶ梅を上から見下ろしたり、早春の青空を背景に日差しを浴びる梅を下から見上げたり、白梅の美しさを存分に堪能しましょう。

梅林は南側斜面、陽光を浴びる梅林の美しさを堪能しよう

写真:沢原 馨

地図を見る

梅園の斜面のいちばん下には平坦になったところがあります。レジャーシートを広げて一休みもお勧め。日溜まりとなって暖かく、周囲には白梅が咲き誇り、早春のひとときをのんびりと過ごすことができますよ。

「本沢梅園まつり」に合わせて訪ねるのも楽しい

「本沢梅園まつり」に合わせて訪ねるのも楽しい

写真:沢原 馨

地図を見る

梅の花が盛りを迎える時期、週末には「本沢梅園まつり」が開催されます。梅園北側、道路脇の広場を会場に、露店が出て軽食を販売したり、地元物産を販売したり、広場奥には特設ステージが設けられて地元団体による太鼓演奏やお囃子などが披露されて賑わいます。

賑わいのお好きな方なら、「本沢梅園まつり」の開催日に合わせて訪ねてみるのもいいですね。開催日は年によって異なりますので、城山観光協会のウェブサイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

城山湖にも足を延ばして爽快な眺望を楽しもう!

城山湖にも足を延ばして爽快な眺望を楽しもう!

写真:沢原 馨

地図を見る

「本沢梅園」のすぐ西側には城山湖が横たわっています。本沢ダムによって谷を堰き止め、そこに津久井湖の水を汲み上げて溜め、その水によって発電が行われています。城山湖の周辺は城山発電所の敷地内ですが、ハイキングコースとして開放されており、昼間は自由に利用することができます。

城山湖にも足を延ばして爽快な眺望を楽しもう!

写真:沢原 馨

地図を見る

車で入ってゆくことも可能ですので、城山湖を見下ろす展望所へ足を運んでみましょう。眼下に城山湖が横たわり、北東の方角には眺望が開けています。堤体の向こうに遠く見えるのは八王子市の中心市街です。爽快な眺めですよ。

「本沢梅園」は入場無料!早春の行楽ドライブにも好適

「本沢梅園」は入場無料!早春の行楽ドライブにも好適

写真:沢原 馨

地図を見る

千本の白梅が咲き誇る「本沢梅園」、入場無料が嬉しいですね。都心からも遠くありませんので、ドライブを兼ねて訪ねてみるのもお勧めですよ。早春の行楽にぴったりです。

「本沢梅園」の梅が見頃を迎えるのは、例年2月下旬から3月中旬にかけて。梅の開花はその年の気候によって異なり、従って開園期間も「本沢梅園まつり」開催日も年によって異なります。観梅のシーズンが近づいたら、城山観光協会のウェブサイトなどで開園期間を確認してくださいね。

「本沢梅園」は梅の開花期のみの開園です。6月には梅の実のもぎ取りイベントが行われますが、他の時期には入園することはできません。ご注意ください。

本沢梅園の基本情報

住所:神奈川県相模原市緑区川尻
電話番号:042-770-7777(相模原市コールセンター、午前8時〜午後9時)
アクセス:
JR橋本駅北口から「大戸」行きバスで約30分、終点「大戸」下車、徒歩約15分
圏央道「相模原」ICから約6km
無料駐車場有り

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -