今しか見られない!日々復旧を遂げる貴重な姿「熊本城」特別公開

今しか見られない!日々復旧を遂げる貴重な姿「熊本城」特別公開

更新日:2020/02/27 17:34

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント
2016年に発生した熊本地震により大きな被害を受けた熊本城。そこから3年半となる2019年、復旧を進める熊本城の一部を公開する特別公開第1弾が始まりました。

現在、公開は工事が行われていない日祝のみとなりますが、その勇姿を一目見ようと多くの市民や観光客が訪れます。
 
天守閣には工事用の足場やクレーンが組まれ、見ると一瞬、痛々しく、地震の凄まじさを感じますが、その雄々しい姿には勇気をもらえます。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

かつての雄々しき姿を一日も早く取り戻して欲しい

かつての雄々しき姿を一日も早く取り戻して欲しい

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらはかつての熊本城の勇姿。1607年に加藤清正が築城した熊本城は熊本のシンボルであり、市民の誇りでした。

それがあの2016年4月の熊本地震により甚大な被害に見舞われ、発災から3年半もの間、見ることができなくなりました。

かつての雄々しき姿を一日も早く取り戻して欲しい

写真:水津 陽子

地図を見る

2019年10月にスタートした特別公開第1弾では、二の丸広場を起点に西出丸から工事用スロープを通り、平左衛門丸の一部や天守閣前広場の一部に至るルートを公開しています。

※こちらの写真は、天守閣広場から見たかつての勇姿です。

かつての雄々しき姿を一日も早く取り戻して欲しい

写真:水津 陽子

かつて天守閣より眺めた緑豊かな眼下の景色。また、いつかあの天守閣に上がり、この景色を眺められる日を待っています。

今しか見られない、復旧を遂げる熊本城の勇姿

今しか見られない、復旧を遂げる熊本城の勇姿

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらは2019年11月下旬に訪れた際の天守閣の姿です。天守閣の周りには沢山の足場に巨大なクレーンなどが立ち並びます。それでもこの城の美しさは変わらず、痛々しいながらもすっくと立って、見ている私たちを励ましてくれるようです。

今しか見られない、復旧を遂げる熊本城の勇姿

写真:水津 陽子

地図を見る

随所にみられる傷ついた姿に地震の凄さが伝わってきて、つらい気持ちと頑張っているねと励ましくなる気持ち、今この瞬間を共有する同志のような気持ちが相まって、歴史の目撃者となったように感じます。

今しか見られない、復旧を遂げる熊本城の勇姿

写真:水津 陽子

地図を見る

被災当時の報道写真と比べると、あの美しかったかつての姿が戻ってきているように感じます。

未申櫓から二の丸広場、戌亥櫓へ

未申櫓から二の丸広場、戌亥櫓へ

写真:水津 陽子

地図を見る

熊本城の特別公開のチケットは2ヶ所の券売所で販売しています。その一つ、総合観光案内所や熊本城ミュージアムわくわく座などの観光施設が集まる「桜の馬場城彩苑」です。

※入り口で出迎えてくれているくまモン像は、熊本県山都町で毎年9月に行われる八朔祭のために作られた大造り物です。(期間展示のため、普段は置かれていません)

未申櫓から二の丸広場、戌亥櫓へ

写真:水津 陽子

地図を見る

城彩苑側から入ると、最初に見えてくるのが未申櫓です。熊本城には天守閣を囲むように沢山の櫓が配置されています。ここから二の丸広場へ向かいます。

未申櫓から二の丸広場、戌亥櫓へ

写真:水津 陽子

地図を見る

もう一つの券売所がある二の丸広場からは、天守閣が正面から見据えられるほか、西出丸の北西隅にある戌亥櫓を見ることができます。木造2重3階の隅櫓で、戌亥(北西)の方向に位置することから戌亥櫓と呼ばれています。

熊本地震では、一本の石垣で支えられた飯田丸五階櫓の姿を報道で目にした方も多いと思いますが、戌亥櫓も同じような被害に見舞われました。飯田丸五階櫓より間近にその姿が見られることから、必見のスポットとなっています。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

様々な角度から眺め、異なる顔を見る

様々な角度から眺め、異なる顔を見る

写真:水津 陽子

地図を見る

特別公開されている場所はまだまだ一部です。それでも様々な角度から城の姿を眺めることで、その異なる趣き、姿を見ることができます。

様々な角度から眺め、異なる顔を見る

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらは天守閣広場の大銀杏、秋にはこんな見事な紅葉を見ることができます。

様々な角度から眺め、異なる顔を見る

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらは二の丸広場から戌亥櫓へと進んだ先、加藤神社境内から見た天守閣の姿です。二の丸広場に隣接しては熊本県立美術館、その先には熊本博物館など、観光名所も多数集まっています。

市内に点在する熊本城ビュースポット!

市内に点在する熊本城ビュースポット!

写真:水津 陽子

地図を見る

熊本市内には街のあちこちに熊本城が眺められるビュースポットがあります。

市内に点在する熊本城ビュースポット!

写真:水津 陽子

地図を見る

こちらは熊本市役所本庁舎14階にある展望ロビーから見た熊本城の姿です。天守閣だけでなく、その周りを取り囲む櫓群や堀に沿うように連なる長塀などを含めた熊本城の全容を眺めることがきるビュースポットとなっています。

平日は午前8時から午後10時、土日祝は午前9時から午後10時にご覧頂けます。尚、年末年始は閉庁になります。

<熊本市役所展望ロビーの基本情報>
住所:熊本市中央区手取本町1番1号
電話番号:096-328-2111
アクセス:熊本城(桜の馬場 城彩苑)より約550メートル、徒歩約7分

市内に点在する熊本城ビュースポット!

写真:水津 陽子

地図を見る

この他、熊本城周辺には客室やレストランから熊本城を眺められるホテルも多くあります。朝昼夜とそこでしか味わえない絶景とともに食事や滞在を楽しんでみてはいかがでしょう。

2020年4月29日から熊本城では特別公開第2弾も始まります。

熊本城の基本情報

住所:熊本県熊本市中央区本丸1-1
電話番号:096-352-5900(熊本城総合事務所)
アクセス:熊本駅から「熊本城周遊バス しろめぐりん」で約28分

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/11/24−2019/11/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -