グランドプリンスホテル京都〜宝が池公園もすぐ!滞在中は洛北の自然を堪能!

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

グランドプリンスホテル京都〜宝が池公園もすぐ!滞在中は洛北の自然を堪能!

グランドプリンスホテル京都〜宝が池公園もすぐ!滞在中は洛北の自然を堪能!

更新日:2014/05/27 14:04

村松 佐保のプロフィール写真 村松 佐保 WEBライター

グランドプリンスホテル京都は、地下鉄烏丸線の国際会館駅から徒歩3分という恵まれた立地です。電車に揺られる時間はわずか20分。京の街の喧騒から離れ、洛北の豊かな自然に包まれたひと時を過ごすには絶好のホテルです。

また、ホテルに隣接した宝が池公園は生き物たちの宝庫!ちょっと早起きして池のまわりを散策してみませんか!澄んだ空気をいっぱい吸って、心地よい運動にお腹もペコペコ。美味しい朝食が待っています!

京都駅エキナカチェックインが便利!「プリンスホテルウエルカムカウンター」

京都駅エキナカチェックインが便利!「プリンスホテルウエルカムカウンター」

写真:村松 佐保

地図を見る

「グランドプリンスホテル京都」が便利なのは、何といっても京都駅でチェックインができること!八条口の改札外にある「プリンスホテルウエルカムカウンター」で荷物を預けてしまえば、手ぶらでそのまま観光に出かけられます。しかも、観光を終え夕方ホテルに到着したときは、先に着いた荷物が首を長くして待っていてくれます!

勿論チェックアウトも、ホテルで荷物を預けるだけ。京都の街をたっぷり楽しんで、帰りの列車の時間が近づいてきたら京都駅で荷物を受け取ればいいだけです。

グランドプリンスホテル京都の、心にくいサービスが、旅の楽しさを倍増してくれます。重たい荷物から解放されて、存分に京都観光を楽しみましょう!

「プリンスホテルウエルカムカウンター」詳細は、下記[MEMO] 施設案内(グランドプリンス京都)をご覧ください。

ひろ〜い部屋に や・み・つ・き になります

ひろ〜い部屋に や・み・つ・き になります

写真:村松 佐保

地図を見る

グランドプリンスホテル京都は、地下鉄烏丸線「国際会館駅」の、4−2出口から徒歩3分ほどという近さです。エスカレーターで地上に出ると、賑やかな京都の街がうそのよう。広々とした道路と自然が融合したさわやかな景色が目に入ってきます。交通量の少ない道路を渡ればホテルの入り口です。

300室以上の客室数を誇るホテルですが、円形の建物の中心には、ウェディングシーンにもなるお洒落な中庭があります。建物の廊下は中庭側はすべて窓。とても明るく開放感があります。

そして何といっても、部屋が広くて嬉しい!一番狭い部屋でも36.9平米あります。ベッドもとても大きく、ダブルルームのキングベッドは幅2000mm、ツインでも1280mmありますので、寝相の悪い人でも安心です。一晩ぐっすり眠れば旅の疲れも吹き飛びます!

静寂な四季の彩りに包まれたホテルで、すてきな旅を満喫してください。

客室、お食事など詳細は、下記[MEMO] グランドプリンスホテル京都をご覧ください。

京都の穴場 宝が池公園

京都の穴場 宝が池公園

写真:村松 佐保

地図を見る

ホテルの敷地内にある階段を下りてトンネルをくぐるれば、宝が池もすぐそこです。これほど素晴らしい景色を味わうチャンスを見逃す手はありません。ホテルに滞在したら、是非洛北の自然を満喫してください!

山々に囲まれた穏やかな池を中心に、62.7ヘクタールという、東京ドーム約13個分の広さを誇る公園は、訪れる方々の憩いの場として親しまれています。

宝が池は、かんがい用の溜池として江戸時代に作られました。古くから景勝地として知られていますが、現在では池のまわりに整備された菖蒲園、憩の森、桜の森、北園、野鳥の森などが広がっています。

また池の東側には面積約3.3ヘクタールの「子どもの楽園」があります。園内は「大広場・遊具・プレイパーク」と3つのゾーンに分かれていますので、ご家族連れの方も楽しくお子様を遊ばせることができます。

宝が池公園は、大人から子どもまで、またお子様連れでも恋人同士でも楽しめる公園です。

子どもの楽園詳細は、下記[MEMO] 子どもの楽園(京都市都市緑化協会)をご覧ください。

生き物たちの宝庫 宝が池公園

生き物たちの宝庫 宝が池公園

写真:村松 佐保

地図を見る

早朝の宝が池は最高です!大きく深呼吸をしながら池のまわりを歩いていると、ジョギングや犬の散歩をしている地元の方々に出会います。すれ違う時「おはようございます!」と声をかけてくださる方が多く、とても心が温まります。

池の周囲は約1.8キロ。ゆっくり散策するのにちょうどいい距離です。池では鯉やカメたちが泳ぎ、水面には鳥がぷかぷか浮かんでいます。季節によって生き物たちの姿も変わりますが、特に寒い時期のオシドリが有名です。

時間があるときは、遊歩道から少しそれて、こんもりした野鳥の森に足を踏み入れてみてください。細い山道が続き、ちょっとした山歩き気分を味わえます。人もまばらですので、鳥たちの鳴き声や木々の葉のこすれる音に心が落ち着きます。

運がよければ、写真のような野生のシカの家族に出会えるかもしれません。子ども連れだと親ジカが神経質になることも。そっと見守ってあげましょう。

朝の新鮮な空気を吸って、すてきな一日をお過ごしください。

宝が池公園詳細は、下記[MEMO] 宝が池公園(京都市情報館)をご覧ください。

最後に

京都洛北の自然が一体となったグランドプリンスホテルと宝が池公園はいかがでしたでしょうか。昼は華やかな京の街を観光し、夜は静寂な空間に身を置いて心を休める。そんな過ごし方も乙なもの。一味違った京都の旅を味わってみてください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -