秋田「龍門亭千葉旅館」歴史ある宿で露天風呂から庭園を楽しむ

秋田「龍門亭千葉旅館」歴史ある宿で露天風呂から庭園を楽しむ

更新日:2020/02/25 12:24

泉 よしかのプロフィール写真 泉 よしか 女子目線温泉ライター、キッザニアマニア
鹿角市の大湯温泉は別名、十和田大湯温泉とも呼ばれます。その大湯温泉に建つ創業150年の老舗旅館が「龍門亭千葉旅館」。手入れの行き届いた美しい庭園とその庭園を眺めながら入れる風流な露天風呂があります。さらに食事は北東北の山の幸がたっぷりと。

手の届くお値段でこのクオリティ!泊まった人があまり人に教えたくないと思うのも納得です。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します

藩主が名付けた「龍門亭」

藩主が名付けた「龍門亭」

写真:泉 よしか

地図を見る

およそ150年の歴史を持つ「龍門亭千葉旅館」。150周年を記念して描かれたロビーの龍は日本画家 寺岡多佳氏の作品です。

ご主人のお話によると、龍に眼を入れたときに時ならぬ雷が鳴り響き、画を立てたらザッと激しい雨が降り注いだとか。まさに「龍門亭」の名にふさわしいエピソードではないでしょうか。

もともと「龍門亭」の龍門とは、「登竜門」の語源ともなった歌仙 李白の「一登龍門、即聲価百倍」という言葉から。盛岡藩主第14代藩主であった南部利剛がこの館をそう名付けたといいます。

藩主が名付けた「龍門亭」

写真:泉 よしか

地図を見る

「龍門亭千葉旅館」はあまり知られていないのが不思議なほど重厚感があり、歴史を感じさせる宿です。

ロビーに足を踏み入れると、最初に目を奪われるのはガラス越しに見える庭園。まるで絵のような見事さで思わず足を留めたくなります。雪景色だけでなく、紅葉や紫陽花の季節も華やぎます。

藩主が名付けた「龍門亭」

写真:泉 よしか

地図を見る

雰囲気がとても良いのにお値段が比較的お手頃なのは驚きです。ですから、泊まった人は良い宿を見つけたと自慢するより、むしろ他人には内緒にしたくなるかもしれません。

「龍門亭千葉旅館」では庭園の見えるお部屋がオススメ

「龍門亭千葉旅館」では庭園の見えるお部屋がオススメ

写真:泉 よしか

地図を見る

客室は全て落ち着きのある和室。写真は踏み込みと庭園の眺望のある「庭園スーペリア」タイプのお部屋です。

この他に庭園スタンダード、また庭園の眺望がないエコノミーやビジネスタイプのお部屋もあります。

「龍門亭千葉旅館」では庭園の見えるお部屋がオススメ

写真:泉 よしか

地図を見る

オススメはやはり庭園の見えるお部屋。プライベートな空間から見下ろす庭園はロビーで見たときとはまた違う趣が感じられます。

北東北を味わう「龍門亭千葉旅館」の食

北東北を味わう「龍門亭千葉旅館」の食

写真:泉 よしか

地図を見る

夕食は大広間での食事ではありません。部屋食、または専門の個室での食事になります。

合理化を優先し大部屋を夕食会場としている旅館が多い中、部屋食は今や贅沢の一つともいえるでしょう。

北東北を味わう「龍門亭千葉旅館」の食

写真:泉 よしか

地図を見る

夕食の膳には、秋田牛、熟成させた八幡平ポーク、津軽十三湖のシジミなど、秋田県産だけでなく、北東北の美味しいものがずらりと並びます。

季節にもよりますが、阿仁川の鮎、比内地鶏のきりたんぽ鍋などほっぺたの落ちそうなメニューがたくさん。

地元鹿角産の紅玉はグラタンに。皮まで全部食べられます。

※食事の内容は季節やプランによって異なります。

北東北を味わう「龍門亭千葉旅館」の食

写真:泉 よしか

地図を見る

一方、朝食は広間食。会場に使われる中宴会場の廊下から見る庭園もとてもいいんですよ。朝の凜とした空気が伝わるような眺めが楽しめます。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

露天風呂からの眺めも美しい「龍門亭千葉旅館」

露天風呂からの眺めも美しい「龍門亭千葉旅館」

写真:泉 よしか

地図を見る

「龍門亭千葉旅館」には男女それぞれの内湯及び、檜造りの露天風呂「季」と天然石露天風呂「麗」があり、夜中に入替えになります。

二つの露天風呂に共通しているのは床と浴槽の縁がほぼフラットであること。足の弱い方にも入りやすく、庭園の景色との一体感が味わえるとともに反転し映り込む景観の美しさにも目を奪われてしまいます。

露天風呂からの眺めも美しい「龍門亭千葉旅館」

写真:泉 よしか

地図を見る

「季」は檜の持つ温かみを感じるとともに庭園との距離の近さがとても贅沢。まるでお風呂に入っている自分のためだけにこの景色があるように感じられるでしょう。

露天風呂からの眺めも美しい「龍門亭千葉旅館」

写真:泉 よしか

地図を見る

「麗」は「季」よりもほんの少しだけ庭園と距離がありますが、そこから見える景色はまさに計算し尽されていて、庭園の静謐な美が湯船からゆっくりと楽しめます。

「龍門亭千葉旅館」に泊まったら大湯温泉の湯めぐりも

「龍門亭千葉旅館」のある大湯温泉には4ヵ所の共同浴場があり、一般観光客でも利用することができます。その中でも上の湯共同浴場は歩いて5分と掛からない距離にありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

また「龍門亭千葉旅館」へのアクセスは大館能代空港からレンタカーが便利です。

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:大館能代空港

プランをもっと見るおすすめ宿泊サイトに遷移します
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/01/16−2020/01/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -