最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

カウアイ島のグルメタウン!カパアの56号線沿いは庶民派グルメが集合

カウアイ島のグルメタウン!カパアの56号線沿いは庶民派グルメが集合

更新日:2020/02/26 11:50

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター
別名「ガーデンアイランド」カウアイ島は、大自然に囲まれた小さな島。大都市はなく、島内に2つのリゾートエリア、2つの州立公園と小さな街が点在しています。そこで旅行者が困るのが食事ですが、空港のあるリフエ北部のカパア(Kapa’a)はサトウキビ産業で早くから栄えた街で、おいしいレストラン・バーガーショップ・カフェなどが集中しているエリアです。島内メイン道路56号線沿いの庶民派グルメをご紹介します。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、海外渡航が難しい状況です。各種報道機関の発表や外務省、各航空会社のホームページなどで最新情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1.海の眺めが最高「Sam’s Ocean View Restaurant」

1.海の眺めが最高「Sam’s Ocean View Restaurant」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

芝生が敷き詰められ、市民の憩いの場となっている「カパアビーチパーク」から車で約2分程北上すると、海沿いにあるのが「Sam’s Ocean View Restaurant」です。

平日は夕方16:00からオープンするレストラン&バーなので、夕食時や夜のバータイムには市民で一杯になります。特にオープンしてすぐの2時間はハッピーアワーで各種割引があります。お得な時間に訪れてみましょう。

1.海の眺めが最高「Sam’s Ocean View Restaurant」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

人気の秘密は店名にもあるように、オーシャンビューのロケーションと独創的なメニューにあります。海側の窓は全面開放され、店内も三段階の高低差があるので、どの席に座っても外の眺めを楽しめるつくりとなっています。

1.海の眺めが最高「Sam’s Ocean View Restaurant」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

メニューもハワイでは珍しく、豪快な量や作りではなく、食べ易い一口サイズで、飾り付けや色合いにも気配りされているメニューばかりです。

<Sam’s Ocean View Restaurantの基本情報>
住所:4-1546 Kuhio Hwy, Kapaʻa
電話番号:+1-808-822-7887
営業時間:16:00〜21:00 (日曜日のみ9:00〜15:00 & 16:00〜21:00
) 火曜定休

2.日系人経営の地元密着ファミリーレストラン「Ono」

2.日系人経営の地元密着ファミリーレストラン「Ono」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ショップなどが集中するカパアタウンの南に位置するのが、日系人が経営する地元密着型ファミリーレストランの「Ono」です。

ハワイ定番の朝食・昼食をワンプレートで提供するこちらのレストランは、日本で言う「定食屋」的な存在で、地元民の圧倒的な支持を受けています。いつも店の前は行列で、常に30分程の待ち時間が必要な程です。

2.日系人経営の地元密着ファミリーレストラン「Ono」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

店内も昔懐かしのオールドテイストで、内装やレイアウトなども家族経営ならではの雰囲気を醸し出しています。

ちなみにハワイ語で「ono」とは「美味しい」という意味を持っていますが、オーナーの名字もたまたま「小野(Ono)」。メニュー内で「Ono Ono A Plate」とあれば「美味しい小野Aセット」という意味になります。

2.日系人経営の地元密着ファミリーレストラン「Ono」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

大抵のワンプレートメニューは、選べる卵料理(ゆで・目玉焼き・スクランブル)・選べるお肉料理(ハム・ベーコン・スパム)・選べるパン(トースト・マフィン)に一品(チャーハン・サラダ・マカロニ)とマンゴージャムが付いてきます。特にジャムは絶品なので、お肉と一緒にパンに乗せて食べてみて下さい。

<Onoの基本情報>
住所:4-1292 Kuhio Hwy, Kapaʻa
電話番号:+1-808-822-1710
営業時間:7:00〜14:00 無休

3.チーズバーガーが絶品「Bubba Burgers Kapa’a」

3.チーズバーガーが絶品「Bubba Burgers Kapa’a」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

カパアビーチパークの目の前にあるのは、トレーラーハウスを少し大きくしたような作りのバーガーショップ「Bubba Burgers Kapa’a」です。赤色がシンボルカラーで、ウッドデッキやテラス席もあるので道路からもすぐに見付けられます。

3.チーズバーガーが絶品「Bubba Burgers Kapa’a」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

店内は大きなキッチンとカウンターがあり、調理の様子が見えるようになっています。その場での焼きたてパテの香りは、最高のスパイスとなりますよね。

壁際には過去にいくつもの賞を獲得した時の賞状などが飾られています。美味しさの証明ですね。

3.チーズバーガーが絶品「Bubba Burgers Kapa’a」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

一番のお勧めはチーズバーガーです。とろけて溢れ出す程のチーズは美味!自分好みで味付けをカスタマイズできるよう、タマネギとチリソースは別容器に入れられて出てきます。好きな方はもちろんすべてを乗せて、ボリューミーなバーガーを口いっぱいに頬張ってみて下さい。

また、二号店が島内南部のポイプ(Poipu)にあり、こちらは緑色がシンボルカラーとなっています。

<Bubba Burgers Kapa’aの基本情報>
住所:4-1421 Kuhio Hwy, Kapaʻa
電話番号:+1-808-823-0069
営業時間:10:30〜20:00 無休

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

4.ショッピングセンター内の憩いの場所「Island Country Market」

4.ショッピングセンター内の憩いの場所「Island Country Market」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

島内に二ヶ所(北部のHanalei & Kapa’a)しかないショッピングセンターの一ヶ所「Coconut Marketplace」内にある「Island Country Market」は、スーパーと市場が一緒になったようなショップです。カパアの街の最南端に位置します。

4.ショッピングセンター内の憩いの場所「Island Country Market」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

店内はとっても明るく、雑貨・スナック・食料品・お土産など大抵のものは入手可能です。特にテイクアウト可能なデリコーナーやジェラート&スイーツを一緒に購入可能なカフェスタンドがあり、おやつタイムの休憩に最適。

4.ショッピングセンター内の憩いの場所「Island Country Market」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

お店の前にはテラス席が10席ほど用意されているので、野外で気持ちよく食べる事が出来ますよ。観光の合い間に立ち寄ってみて下さい。

<Island Country Marketの基本情報>
住所:4-484 Kuhio Hwy, Kapaʻa
電話番号:+1-808-821-6800
営業時間:6:30〜22:00 無休

まだまだある多様なグルメスポット

まだまだある多様なグルメスポット

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

また、通り沿いにはメキシカン料理店も2軒あります。緑と赤を使ったメキシコ国旗色に、黄色を足した派手な外装なので目立ちます。朝早くから夜のバータイムまで営業しているので利用し易いですよ。

まだまだある多様なグルメスポット

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

また、サトウキビ産業で栄えた時代の建物もいくつか残されていて、お土産店やカフェなどとして使われています。ここは2階がバーになっていて、グリル料理なども味わえますよ。地元民に混じって食事やバータイムを楽しんでみて下さい。

カウアイ島で美味しい物を食べるなら、カパアタウンの56号線沿いへ!

オアフ島に比べカウアイ島には大自然は多いのですが、レストランやカフェなどのショップは多くありません。しかし、カパアタウンにくれば食事やカフェタイムに困ることはありません。また、ショップなどが少ないだけに、良いレストランやカフェなどに出会うと喜びも格別です。カウアイ島観光の際は、島内の幹線道路56号線を通ってカパアへ食事・カフェなどに出掛けてみて下さい。

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/01/09−2020/01/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -