最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

降雪後の絶景雪景色!滋賀県・御殿山の冬山トレッキング

降雪後の絶景雪景色!滋賀県・御殿山の冬山トレッキング

更新日:2020/02/27 14:37

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン
滋賀県西部の比良山地には、アクセスのしやすい御殿山があります。危険個所の少ない山頂までのルートは、降雪後に粉雪に包まれる雪原と絶景のブナ林があります。この地域は日本海側気候に影響され例年たくさんの降雪があり、手の届きにくかった冬山にチャレンジするにはもってこい。山頂からは比良山地最高峰の武奈ヶ岳の美しい姿も!降雪後を狙ってあなたも御殿山へ出かけてみてはいかがでしょうか。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

アクセスのよい葛川坊村町からスタートする雪山トレッキング

アクセスのよい葛川坊村町からスタートする雪山トレッキング

写真:佐久田 隆司

地図を見る

滋賀県大津市にある「御殿山(ごてんやま・1097m)」は手軽な低山として関西で人気!今回は初心者でもチャレンジできる雪山の御殿山ルートを紹介。スタートは葛川坊村町。ここまではバスも運行しているので、アクセスも抜群。全行程2.9km、累計標高差が上り下りとも750mほど、休憩を挟まず往復で4〜5時間のルートになります。

アクセスのよい葛川坊村町からスタートする雪山トレッキング

写真:佐久田 隆司

地図を見る

自動車の方は近隣の駐車場を利用するのがいいでしょう。ですが、土日などはすぐに満車になってしまうので早めに出かけるのがいいかも!ここから曙橋を渡り明王院の前を左へ進むと、そこからが登山道。

アクセスのよい葛川坊村町からスタートする雪山トレッキング

写真:佐久田 隆司

地図を見る

平年並みなら登山道の最初からルートには降雪があります。降雪量と雪質はその日によって変化するので一概には言えませんが、まだこの辺りでは土まじりといった感じが多いです。

今回のルートは基本的に雪道ですから、最低でも軽アイゼン※、トレッキングポール※、さらに防寒防風対策は欠かせません。足元に雪が付くのを防ぐゲーター(スパッツ)もあるといいでしょう。
※軽アイゼンは6本爪のもの。スノーリングは雪用の大きなリング

最初の急坂は汗をかかないスピードで300mほど上る

最初の急坂は汗をかかないスピードで300mほど上る

写真:佐久田 隆司

地図を見る

歩き出しからおおよそ標高が300mほど上ったところまで急坂が続きます。前の晩に降雪がない限り、誰かのトレース(足跡)がついているはずです。

もしそれがない場合は、誰か他の方がトレースを付けてから上り始めるのがいいでしょう。慣れない方が新雪に入り込むと、動きが取れないばかりか道を間違えやすいのでこれは重要です。

最初の急坂は汗をかかないスピードで300mほど上る

写真:佐久田 隆司

地図を見る

そして上りの途中で、ストックやアイゼンの装備をするのはやめましょう。雪がない場合以外は、装備は上り始めから!自分が滑るだけでなく、他の方へ迷惑をかけることにつながりかねません。

上るペースは他の季節よりゆっくりと!汗をかかないペースで上りましょう。汗をかくと衣服が濡れ、次第に体温が奪われ低体温症のリスクを招きます。

最初の急坂は汗をかかないスピードで300mほど上る

写真:佐久田 隆司

地図を見る

上りが落ち着いたと思ったころ、夏季ルートと、冬季ルートの分岐点に到着します。ここから冬季ルートを進みますが、決して夏季ルートには足を踏み込まないこと!この辺りで標高が840mほど。

こう配が緩やかな稜線を上り下りして行く

こう配が緩やかな稜線を上り下りして行く

写真:佐久田 隆司

地図を見る

木々の間に付いたトレースは、ガスった時などには心強い物。樹林帯はどこでも歩けますが、深みにはまると抜け出せなくなるので、あくまでもルートを外れないように。

こう配が緩やかな稜線を上り下りして行く

写真:佐久田 隆司

地図を見る

木々の間に付いたトレースは、ガスった時などには心強い物。樹林帯はどこでも歩けますが、深みにはまると抜け出せなくなるので、あくまでもルートを外れないように。

こう配が緩やかな稜線を上り下りして行く

写真:佐久田 隆司

地図を見る

きつめの坂を上りきった標高1000mあたりで、広い場所に出ます。これまでで一番の雪原で、日差しも届き風も穏やかなので休憩に最適です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1000mあたりから美しいブナの雪景色を縫って

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは御殿山の降雪後の様子を動画に収めています。雪をまとったブナ林は素晴らしく、青空とのコントラストは感動するような景色です。

1000mあたりから美しいブナの雪景色を縫って

写真:佐久田 隆司

地図を見る

美しいブナ林の雪景色に出会えるのは、標高1000mあたりから。勾配も緩く快適な雪中歩行が楽しめます。特に降雪後のブナ林の美しさは息をのむような煌びやかさ。

1000mあたりから美しいブナの雪景色を縫って

写真:佐久田 隆司

地図を見る

綿のような雪が樹木に積り、隙間から青空がのぞきます。

さらに足を進め御殿山山頂へ

さらに足を進め御殿山山頂へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

ブナ林を抜け上りきると、上ってきた側には対照的な比良山系の山々を眺められます。

さらに足を進め御殿山山頂へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山頂まではもう少し!もう急な勾配はありませんから大丈夫。

さらに足を進め御殿山山頂へ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

標高1097mの御殿山山頂は狭いながらも平坦で、前方に武奈ヶ岳の南西稜線が目に入ってきます。低山でも風が吹き抜ける御殿山山頂は、記念写真程度にして早目に下山するのがいいでしょう。動いているうちはいいですが、ひとたび止まった時から低体温症のリスクが始まります。そしてなれない方の下りは思いがけずに時間がかかるので注意!

初心者もチャレンジできる御殿山の美しい雪のブナ林!天候を鑑み手軽な雪山へ出かけてみてはいかがでしょうか?

御殿山の基本情報

住所:滋賀県大津市北比良
電話番号:077-528-2772(びわ湖大津観光協会)
アクセス:JR湖西線堅田駅よりバス46分。

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2020/02/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -