極上グアテマラコーヒーの見学!「フィラデルフィアコーヒー農園」

極上グアテマラコーヒーの見学!「フィラデルフィアコーヒー農園」

更新日:2020/02/18 10:25

麻田 ユウミのプロフィール写真 麻田 ユウミ 旅ブロガー
グアテマラと言えばコーヒーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?日本でもグアテマラ産のコーヒーは高級コーヒーとして人気があります。グアテマラの中でも有名なのが、古都アンティグアから車で10分の場所にあるフィラデルフィアコーヒー農園。ここではコーヒー豆の栽培から美味しいコーヒーがお店に並ぶまでの過程をツアー形式で詳しく学ぶことができます。ツアーの最後には併設のカフェでの試飲も楽しめますよ!

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴い、外務省より感染症危険情報が発出され、渡航が難しい国・地域があります。各種報道機関の発表や外務省海外安全ホームページおよび厚生労働省検疫所ホームページなどで渡航情報、現地情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

広いコーヒー農園をトラックで見学

広いコーヒー農園をトラックで見学

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

フィラデルフィアコーヒー農園は広大な敷地のため、施設内の農場はトラックに乗って見学します。トラックの席は高い位置にあるので、移動途中は広大なコーヒー農園を見渡すことができます。

広いコーヒー農園をトラックで見学

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

コーヒーの実はとっても赤いこともあり、チェリーと呼ばれています。チェリーが完熟したものがコーヒー豆の元になります。この農園では時期をずらし、年に8回ほど収穫時期があるので、どの時期に訪れても赤く完熟したチェリーを見ることができます。

広いコーヒー農園をトラックで見学

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

また、美味しいコーヒー豆を作るのに重要なシェードツリーも見ることができます。このシェードツリーとはコーヒーの木への直射日光を避け、風や霜などからも木を守り、落ち葉も肥料として役立つ優れもの。コーヒーの栽培には欠かせないものの1つです。

実際にコーヒー豆を手に取ってみよう!

実際にコーヒー豆を手に取ってみよう!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

コーヒーの豆の木までやってきたら、実際にコーヒーの実を手に取ってみることができます。コーヒーの実の皮を剥けば豆が出てくるので、実際に口の中に入れてみましょう。この時点の豆は甘くて、この甘い実がコーヒー豆になることにビックリです。

実際にコーヒー豆を手に取ってみよう!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

農園内にはたくさんの熟練されたコーヒーの実を収穫するピッカーと呼ばれる人がいます。熟したチェリーのみ収穫していく手捌きはさすがの一言!実はこの農園の一番の取引国は日本。ここで摘まれたコーヒーの実が遥か遠くの日本まで運ばれているのです。

コーヒー豆の重要な「乾燥」の工程も!

コーヒー豆の重要な「乾燥」の工程も!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

収穫したコーヒーの実が焙煎の工程に移るまでに、重要な乾燥の工程があります。コーヒーの実から豆を取り出してそのまま数日乾燥させる方法がナチュラルと呼ばれる乾燥手法。コーヒーに含まれる糖分を豆が吸収し、甘い果実のようなフレーバーのコーヒーに仕上がります。

コーヒー豆の重要な「乾燥」の工程も!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

また、水で洗ってから乾燥させる手法はフリーウォッシュトと呼ばれています。タンクの中に水を入れて豆を2〜3日浸けてぬめりを取り、水路に豆を入れて洗い乾燥させます。こちらは水洗いの時に不純物が取り除かれ豆が選別され、クリーンですっきりとした味わいが特徴です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

焙煎施設や年代物の機械も!

焙煎施設や年代物の機械も!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

焙煎施設も見学することができます。焙煎施設に入るにはシャワーキャップの着用や手洗いが義務付けられ、衛生面にも配慮されています。焙煎施設に入った途端、コーヒーのいい匂いが漂ってきます。長く時間をかけて栽培、乾燥させたコーヒーの最後の仕上げです。

焙煎施設や年代物の機械も!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

また、ところどころに昔の機械も展示されています。グアテマラのコーヒーの歴史は、1750年頃にイエズス会の宣教師が持ち込んだのが始まり。その後スペインからの独立後、ドイツから来た移民たちがコーヒー農園を作り、本格的にコーヒー栽培が始まりました。その初期の頃の機械も展示されています。

焙煎施設や年代物の機械も!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

グアテマラのアンティグアではコーヒーブランドの管理も徹底しています。アンティグアから出荷されるコーヒーの麻袋には必ず「Genuine Antigua」の文字が入り、グアテマラのコーヒーブランドと品質の維持に努めています。

最後は美味しいコーヒーの試飲とお土産を!

最後は美味しいコーヒーの試飲とお土産を!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

ツアーの最後には併設のカフェで、この農園で手間暇かけて作られた、挽きたての美味しいコーヒーの試飲があります。グアテマラコーヒーは酸味とコクのバランスが絶妙で、甘い香りが特徴。オススメの飲み方は何も入れずブラックで。グアテマラコーヒーの深い味わいを楽しんでください。

最後は美味しいコーヒーの試飲とお土産を!

写真:麻田 ユウミ

地図を見る

園内にはお土産屋も併設。この農園で作られたコーヒー豆は挽いたものも販売されています。コーヒーの他にもコーヒーの麻袋で作られたバッグ等の雑貨や、コーヒーに合うチョコ等のお菓子も!数あるお土産でオススメはコーヒー石鹸。保湿や美肌効果もあり、お土産にも喜ばれること間違いなし!

フィラデルフィア農園ではコーヒーが市場に出回るまでの詳しい工程や、グアテマラコーヒーの歴史について学ぶことができます。コーヒーの作り方の過程や歴史を知れば美味しさも倍増ですよ。

フィラデルフィアコーヒー農園の基本情報

住所:Interior Of Finca Filadelfia, Antigua Guatemala
電話番号:+502-7728-0800
ツアー時間:9:00 11:00 14:00(所要時間2時間)
アクセス:カプチナス修道院前から送迎バスあり

2020年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/12/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -