憧れの上高地帝国ホテル!クラシックホテルで優雅にティータイム!

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

憧れの上高地帝国ホテル!クラシックホテルで優雅にティータイム!

憧れの上高地帝国ホテル!クラシックホテルで優雅にティータイム!

更新日:2014/05/30 11:05

山田 光子のプロフィール写真 山田 光子 カメラマン、旅ブロガー

1933年に本格的な山岳リゾートホテルとして開業した、歴史ある上高地帝国ホテル。
1977年に再建しましたが開業当時の外観を忠実に再現しており、上高地へ訪れる人達が一度は泊まってみたいと思う、憧れのクラシックホテルです。

そんな上高地帝国ホテル、実は宿泊せずにランチやティータイムで訪れるだけでも、ホテルの格式高い雰囲気を味わえるのです!
優雅にケーキセットを食し、極上のひとときを味わいましょう!

上高地の自然に溶け込む、歴史あるクラシックホテル!

上高地の自然に溶け込む、歴史あるクラシックホテル!

写真:山田 光子

地図を見る

上高地帝国ホテルは、上高地が観光地として注目され始めた昭和初期に、日本初の山岳リゾートホテルとして開業しました。
再建されていますが、80年超の歴史を誇る格式高いクラシックホテルです。

赤い三角屋根に石と丸太を積み重ねた外観が、自然の中に溶け込んでいる姿は美しく、特別な場所を訪れたという気持ちにさせてくれます。

散策後のお楽しみに上高地帝国ホテルの優雅なティータイム!

散策後のお楽しみに上高地帝国ホテルの優雅なティータイム!

写真:山田 光子

地図を見る

憧れの上高地帝国ホテル。上高地へ訪れた人なら、一度は泊まってみたい!と思う場所です。
しかし、シーズンの土日祝日は宿泊の予約が埋まってしまったり、宿泊料金を見て怯んでしまったりと、なかなか訪れるチャンスがない人も多いでしょう。

しかし、ランチやティータイムだけの利用も可能なので、宿泊しなくても気軽に立ち寄ることができるのです。
ホテルは上高地の中心である河童橋と、人気スポットの大正池のあいだにあり、河童橋から徒歩約20分です。そのため、大正池へ散策に行った帰りにトレッキングウェアのまま訪れることができます。

ホテルのロビーにある大きなマントルピース(暖炉)は、上高地帝国ホテルのシンボルでもあり、火が灯されるとスイスの山小屋のような雰囲気になります。
昼間のロビーは宿泊客よりも、散策途中で立ち寄る人たちの方が多いくらいなので、トレッキング姿のままでも安心してくつろげます。

1日20食限定の特製ケーキ5種盛り合わせセット!

1日20食限定の特製ケーキ5種盛り合わせセット!

写真:山田 光子

地図を見る

上高地帝国ホテルロビーラウンジのグリンデルワルトでは、サンドイッチ・ケーキ・アフタヌーンティーのセットなどを味わうことができます。
その中でも特におすすめが、1日20食限定の特製ケーキ5種盛り合わせセット(¥2300)です。
人気のカマンベールチーズケーキ・スイスタルト・アップルパイなど5種類のケーキを少しずつ盛り合わせた贅沢なケーキセット。
例えば春にはいちごをあしらうなど、旬の果物を使った季節のケーキやタルトも楽しみのひとつです。

どれも絶品なのですが、人気のカマンベールチーズケーキはなめらかでコクがあり、スイスタルトは甘すぎず上品な味わい、アップルパイは中のリンゴがジューシーで生地もしっとり甘く仕上がっています。
ホテルロビーの独特な雰囲気も気分を盛り上げ、「幸せ…」と思わず口に出てしまう極上のひとときを味わえます。

また、上高地の湧水で淹れるコーヒーや紅茶もセットで飲むことができるので、ぜひご堪能ください。

どんどん癒される!ホテル周辺の自然!

どんどん癒される!ホテル周辺の自然!

写真:山田 光子

地図を見る

写真は上高地帝国ホテルから徒歩5分の梓川。
ホテル周辺を美しい木々に囲まれ、近くを流れる梓川も、透き通ったエメラルドグリーンの水です。晴れた日には穂高連峰を望むことができる最高のロケーションに、どんどん癒されてしまうでしょう。

ケーキセットを堪能した後は、梓川沿いで眺めのいい左岸から河童橋へ戻るのがおすすめです。

現実を忘れ、山岳リゾートを味わいつくす!

上高地帝国ホテルは、上高地が開山する4月下旬から閉山する11月上旬までの営業です。
今回紹介した、ロビーのグリンデルワルトのケーキは、10時から16時のあいだで注文できます。
他にも、日本料理の「あずさ庵」やカジュアルレストランの「アルペンローゼ」があり、人気のメニューを食すことができます。

一度訪れれば、山の中とは思えない美味しい食事やスイーツに感動し、ホテルスタッフの素晴らしい対応や、周辺の自然に癒されるでしょう。

ぜひ、上高地へ行った際には上高地帝国ホテルへ立ち寄り、クラシックホテルの魅力を堪能し、非日常の気分を味わってみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/21−2014/05/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ